スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポイズン リムーバー

IMG_6624.jpg
先日、友人宅を訪問したら、「自分には必要ないから、これあげるよ」と
ポイズン リムーバーをいただいた。
山中や野原を歩きまわると、アブやハチ、マムシやヤマカガシなどの毒ヘビなどと
遭遇することがあるが、もし刺されたり噛まれることが十分考えられる。
以前からもしもの時に応急の手当ができるように欲しいなあと思っていた
一品だったので、本当に嬉しい。
フランス製で、刺された傷口に合わせて4つの吸引カップが付いていて
ポンプで毒液や毒針などを抽出できる優れ物だ。

IMG_6629.jpg
早速、左手をスズメバチに刺された設定で試してみた。
吸引カップをポンプに差し、ピストンレバーを引き、カップを傷口にあてて
ピストンレバーを押し込む。
傷口が吸引で丸く吸い上げられた。
「ヤッター、毒液と毒針が吸いだされたー」と、お試し終了。
使用後は吸引カップ内の毒液を洗い、消毒して何度でも使える。
ウン、これはいい、使える。
でもコレはあくまでも応急処置であり、速やかに医師の手当を受けることをお勧めします。

IMG_0001_convert_20130220221718.jpg
(クリックで拡大できます)

IMG_0002_convert_20130220221915_20130220230857.jpg
(クリックで拡大できます)
もうすぐ春ですよ、暖かくなると虫達との出会いも増えることで
もしもの場合に、ポイズン リムーバーを家庭に備えてはいかがでしょう。


theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

ストリートビュー

IMGP3281-crop.jpg
本日、九千部岳に登り田代原に降りてくると、目の前を車が通り過ぎたが
バックしてきた、Googleの車だ。
「すみません、道を教えて下さい」
「エッ、Googleに・・・」
「この道を行くと千々石に行けるんでしょうか? 道が狭く横道がいくつもあるようですが?」
「道は狭くなりますが、1本道で迷うことはないですよ」

IMGP3281.jpg
「ストリートビューは良く使っていて、この機能はスゴイなあといつも感心してるんですよ、
すみませんが、車の写真を撮らせてもらっていいですか?」
「車全体を撮るのでしたらいいですよ」
パチリ。

IMGP3282-crop.jpg
「どんなカメラで360度の風景を撮ってるのかと思ってたんですが、あの青い部分ですよね」
「あそこは・・・・でして」
こっそりパチリ。
「レンズはいくつ付いてるんですか?」
「これも・・・ですがと口の前に人差し指を1本立てて、◯◯個です」と。
さあ問題です、何個のレンズが付いているでしょうか?
(シンキングタイム)
    ・
    ・
    ・
さて正解はと言いたいのですが、喉まできてるんですが、企業秘密なのですみません。
言いたくて言いたくてストレスが溜まって病気になりそうなので、
童話のように穴掘って言おう、・・・15個と。
アー、スッキリした、誰にも聞かれなくて良かった。

IMGP3284-crop.jpg
天候が悪くなってきたんで、撮影は残念してまた天気のいい時に来るそうで
諫早干拓の堤防道路を通って帰るそうだ。
関東ナンバーだったが、関東まで帰ってまた来るのだろうか?
天下のGoogleだから、九州に何台か配置しててもよさそうだが?
でもこんな田舎の道までも地道に廻られているお陰で、私達がマップの
ストリートビューを楽しめるのですから、感謝、感謝です。

皆さん、Googleの撮影車が通ったら手を振って歓迎しましょう。




theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

水槽小屋の片付け

IMG_6434.jpg
水槽小屋といっても、ランを育てるのに父が作ったものだが、父が亡くなってからは
棚を作り水槽を設置し、島原半島の川を巡り捕まえた魚達を飼育していた。

IMGP0700_convert_20090210223833.jpg
4年ほど前の水槽小屋。
水槽小屋として使ってた頃は、水槽を10個ほど設置し飼育してました。
ドンコやカワムツ、オイカワ、カワアナゴ、タナゴ、メダカ、チチブ、ドジョウ、フナ、
タカハヤなどの魚達とドブガイ、他にはタイコウチやミズカマキリ、コオイムシ、
マツオムシ、タガメ、ゲンゴロウなどの水生昆虫など多くを飼育してたが、
エサの確保や水槽の維持管理が大変で、今はちょっとお休み中。
以前の記事は➜ 水槽小屋にも春が来た

IMG_6435_convert_20130209230548.jpg
山などをうろついては色んな物を見つけては持ち帰って来ては、空いてる水槽小屋に
突っ込んでいたら、ゴミ屋敷状態になっていた。
女房から「寒に弱い花を入れたいからガラクタを捨てなさい」と。
ガラクタ?
「違うよ、お宝だよ・・・何言ってるんだ・・」と言いたかったが、ゴックンした。
片付けるしかない、シブシブ。

IMG_6436.jpg
整理整頓が苦手な私だが、言われてみればちょっとひどいかなと、反省。
小屋の中には、ススキや木の枝やヘビの抜け殻や多くのビニール袋などが
雑然と置かれている。

IMG_6441.jpg
ススキなんかどうするの?
と思われるでしょうが・・・。

IMG_6444.jpg
そうなんです、丸いのは巣なんです、それもカヤネズミ(県の準絶滅危惧種)のものです。
体長6cm程度と小型でネズミの仲間としては世界最小で、ススキ原などに生息していて、
ヘビなどの外敵から身を守るためススキの中腹に巣を結わえているもので、貴重なものです。

IMG_6446.jpg
鳥の巣もいっぱい。
鳥さんが使い終わった巣です。

IMG_6449.jpg
スズメバチの巣。
スズメバチを駆除する際にも、なるべく巣は壊さないようにして採取するのですが
素晴らしい出来で綺麗ですよね。

IMG_6450.jpg
ヘビの抜け殻もいっぱいですが、貧乏なのは何故でしょう?
あ、ムカゼも・・・。

IMG_6460.jpg
オオカマキリの卵やカマキリの死骸。

IMG_6457.jpg
小屋の中に、ハラビロカマキリの卵(写真上)とオオカマキリの卵(写真下)が
産み付けられているのを発見。

IMG_6453.jpg
猿の腰掛も。
右上のタッパの中には、私を病院送りにしたアシナガバチ君と巣も記念に保管してます。
病院送りにしたアシナガバチ君の記事は➜ 無事生還

IMG_6456.jpg
大きなドブガイの殻も保管。
島原半島に数箇所の生息地を確認しているが、絶滅の危機に直面している。
ドブガイは水質浄化やタナゴなどの産卵などに必要で、川や池の環境を
改善し増えてくれればいいのだが。

IMG_6454.jpg
片付けもやっと終ったかなというところに、ピョンピョンとバッタ君が二匹。
体の大きさが違うからカップルでは?、逢引き中を邪魔したのかも。
何とか片付けも終了しスッキリしたが、何だか水槽が寂しそうだ。
「島原半島の仲間たち」のタイトルで水辺の生物たちを何処か場所を借りて
展示をしたくて川や池を巡り採取し飼育していたが、水槽の水漏れや機器の故障が
頻発したのと、ドンコやカワアナゴ、ナマズなどのエサとしてハヤなどを捕獲してきては
与えていたが、食欲が旺盛で大変だったこともあり飼育を止めたが、
水槽を見てると、もう一度挑戦してみたいなあ~と・・・・・。
でも水槽の浄化機器などが全滅状態で買い換える余裕もないので、ヤッパリ・・ダメかな。



theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

この濃霧は?

IMGP3198.jpg
濃霧で前が見えないよう~。
雲仙の仁田峠循環自動車道路はもちろん通行止めだが、温泉街も濃霧で真っ白で
10m先が見えない状態でフロントガラスに顔を近づけて白線を頼りに走るしかない。

IMGP3200.jpg
389号線の吹越トンネルの中も。

2013013010124384b.jpg
そういえば最近、こんな画像がメディアでよく見かけたが?
そうです、中国の大気汚染の写真、濃霧です。

tyuugoku2013taiki2.jpg
PM2.5(微粒子状物質)が中国から、日本に飛んで来ています。
九州は「非常に多い」汚染物質が飛来している。
もしかして、この濃霧は中国の影響?
それに、山形の蔵王の樹氷にも汚染物質が検出されたそうだが
雲仙の霧氷は大丈夫だろうか?
工場のばい煙や自動車の排ガスや暖房に使用する石炭などの成分で、
肺がんや気管支炎、ぜんそくなどの恐れがあるそうなので要注意だ。
毎朝、空を眺めて出かけるようにしよう。


theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

十二支のお話

IMGP3118.jpg
雲仙お山の情報館で干支のヘビ展が行われているそうでちょっと見学に。

IMG_6372-crop.jpg
子(ね)、牛(うし)、寅(とら)、卯(う)、辰(たつ)、巳(み)、午(うま)、未(ひつじ)、
申(さる)、酉(とり)、戌(いぬ)、亥(い)の十二支は動物の名前が毎年交代で使われているが
何故このような動物になったかの昔話が展示してありました。
面白かったので紹介します。

IMG_6373-crop.jpg
「十二支のおはなし」始まり始まり。

IMG_6374-crop.jpg
ある年の12月31日、神様は小鳥を呼んで国中の動物達に知らせるよう言いました。
「明日1月1日の朝、日が昇るまでに来た者、1番~12番までの者に順番に
その年の王様にして名前をつけてやると伝えてくれ。」

IMG_6375-crop.jpg
小鳥は早速、国中の動物達に神様の伝言を伝えました。
「おーい、みんな聞いておくれ~!! 明日 1月1日の朝、日が昇るまでに
 神様の所に行った者は、1年間動物の王様にしてくれるって!!
 ただし、12番目までの者だぞ~!!」
ネズミが聞きました。
「俺みたいに体が小さくても王様になれるのかい?」
小鳥が答えました。
「もちろんさ!! ただし早いもの勝ちだぞ!!」
「手足がなくても、いいのかな?」
ヘビがつぶやきます。
ネコはグウグウ寝ています。

IMG_6376-crop.jpg
そこへネコがやって来てネズミに尋ねました。
「ネズミさん、僕が寝ていた時、小鳥は何と言ってたかい?」
「あ~あれは、え~っと・・・。 1月1日の昼ごろ神様の所へ行った者は
 動物の王様にしてくれるってさ!」
ネズミはウソを教えました。

IMG_6377-crop.jpg
動物達は明日に備え、早寝をしました。
そこへウシがソロリソロリとやって来ました。
「僕は足が遅いから今から行かないと間に合わない。」
それを見ていたネズミは
「よーし、僕もウシさんの背中にのって一緒に行っちゃお~と! 僕は体も小さいから
ウシさんも気づかないだろう。」

IMG_6378-crop.jpg
やっとの思いで神様の御殿の前までやってきたところで、ネズミはピョーンと飛び降り
「明けましておめでとうございます!!」と言って門をくぐり抜けました。
「何とずる賢い奴だの~」と神様は言いましたが
心優しいウシは「僕は2番目でもいいです。」と言いました。

IMG_6379-crop.jpg
そして3番目にウサギが入ろうとした時
「どけどけ~ 俺様が3番だ~!!」と言ってトラがウサギを突き飛ばし飛び込んで3番目。
そしてウサギが門をくぐり4番目。

IMG_6380-crop.jpg
その後、ガラガラドドドーン!!とタツがスゴイ勢いで飛び込んで5番目。
後から、ヘビがニョロニョロと6番目。
砂ぼこりをあげて走ってきたウマがヒツジを追い越して7番目。
ヒツジが8番目。
さあ、残りはあと4つだけとなりました。

ヘビ年なんでちょっと寄り道。
IMG_6402-crop.jpg
ヘビはどの走法でニョロニョロと門までやって来たんでしょう?
直進運動の走法を見たことがないのでお願いしたいが、4つの走法の中で
一番遅い走法だそうで、やっぱり蛇行走法がいいかな。

IMG_6381-crop.jpg
そこにいつも早起きのニワトリが朝寝坊をして駆けつける途中
普段から仲の悪いサルとイヌが大げんかをしていました。

IMG_6382-crop.jpg
「まあまあまあ こんな所でケンカしている場合じゃないでしょう!?
 早く入らないと間に合わないよ!」
ニワトリがサルとイヌの間に入り、2人を引き離しサル、トリ、イヌの順番で門をくぐりました。

IMG_6383-crop.jpg
さあ!最後の1人!! 誰がやってくるでしょう!?
ものすごいスピードで突進してきたのはイノシシでした。
「ワァー 間に合って良かった~」
これで12番までの動物が決まりました。

IMG_6384-crop.jpg
さて昼ごろ ネコはネズミに言われたとおり神様の御殿に張り切ってやって来ました。
「おや? 門が閉まっているなあ~ どうしてだろう? 何か張り紙が貼ってあるなあ~
 何なに?
 (約束の1月1日の日の出までに動物達が集まったので門を閉めます) だと~!??
 話が違うぞ~!!!」
ネコはネズミに騙されていたのです。

IMG_6385-crop.jpg
「こら!! よくも騙したな!!」ということでネコは十二支に入りそこねました。
それからというものネコはネズミを見ると追いかけるようになりました。

IMG_6386-crop.jpg
おしまい

IMG_6399.jpg
順番がこんなにして決まったとは、知らなかったです。
それにネコがネズミを追いかける理由も。
一つ疑問が。
動物達に紛れてタツがガラガラドドドーン!!と飛び込んできたのはいいが、
何処から来たんだろう?
昔はタツが普通に暮らしていたのだろうか?
アッ、忘れてた、トラも日本にいたんだ?

IMG_6406.jpg
そうそう、ヘビ展を見に来たんでした。
長くなるんでこの辺で止めときます。
今月末までやっているそうなので、是非ご覧ください。



theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

下手な写真でも

IMG_0003-crop_convert_20130117000633.jpg
「ブログの写真を使わせていただけませんか?」とコメントがはいった。
「いいですよ、でもどの写真ですか?」
「標識の写真で、歌集を出版するのに使わせてほしい・・・」と。

数ヶ月してから、お礼の手紙と歌集が届きました。
  写真を提供いただき個人歌集「路傍 舞台」が完成しましたので
  お送りします、ご笑覧いただければ幸いです。

IMG_0004-crop.jpg

   わが夫婦 いきつもどりつ 繰り返し
      前に進めど 一方通行



IMG_2755_20130117001346.jpg
短歌にあう写真をネットで探されてたのか、たまたま見たブログでこの写真を見つけたのか
判らないけど、何かの縁だろう。
本をいただきありがとうございました、大事に読ませて頂きます。


IMG-crop_convert_20130117001152.jpg
色んな所に行っては、記念と記録のため写真をいっぱい撮りまくる。
「島原半島要覧の表紙に、今年開通した普賢岳新登山道の写真を使いたけど
 写真を持ちませんか?」と話があった。
5月に普賢岳新登山道が開通してから6回ほど登山して、その度に撮影していたので
「使える写真があればどうぞ」とUSBメモリーに入れて提供したのですが、
3枚の写真を使っていただき、出来上がった「島原半島要覧」を頂きました。

「島原半島要覧」は長崎県島原振興局が発行する、島原半島の人口・面積や
産業構造、管内市財政状況、商工業、観光、運輸、農林業、水産業、建設、福祉、
医療、教育・文化など各分野の状況をとりまとめた冊子です。

IMG_2838_20130117001346.jpg

IMG_2704_convert_20130117000833.jpg

IMG_3303_convert_20130117000947.jpg
使っていただいた3枚の写真です。
下手な写真でも数撃ちゃ当たるで、使ってもらえることもあるんですね。
でも最近はカメラが良くなって、誰でもそれなりに写せるので助かりますね。
山や花、動物、昆虫などなど撮った写真がいっぱいだけど、整理してないので
探す時大変です。
皆さんはどのように写真を管理してますか?
写真管理のいい方法知りませんか?


theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

やんちゃな孫

IMG_6041_convert_20121214230652.jpg
家の中がメチャクチャに・・・・。

IMG_6042_convert_20121214230822.jpg
実は、お盆に長男が連れきた孫 (関連記事:孫をワイルドに) は一旦帰ったのだが、
11月に結婚式に出席するのにまた孫(レオ)を連れてきた。
正月にはまた帰ってくのだから、それまで孫(レオ)を預かることになった。
生後半年ほどの孫は元気いっぱいでカワイイが・・・・・大変なことに。
寒いので各部屋を締切るが、レオにとっては走り回るのに障子が邪魔でならないし
高い所に登るのと、爪とぎが激しくなっている。
ネコタワーがないので障子を駆け登る。

IMG_6046.jpg
「お前は居候のくせにもうちょっとおとなしくできないのか?」と。
「障子がボロボロになってしまったじゃないか、お前のせいで」

IMG_6055.jpg
「障子の爪跡とこの爪がピッタリ合うという事は、お前しかいないんだよ」

IMG_6047_convert_20121214230934.jpg
寒いので各部屋を締切るが、レオにとっては走り回るのに障子が邪魔でならないらしく
通り道に穴をあけて自由に部屋を渡り歩く。

IMG_6049.jpg
ガラス部分を駆け上がるのでガリガリと・・・・。
現行犯逮捕です。

IMG_6051_convert_20121214231044.jpg
慌てて戻ってもダメ、ダメ。

IMG_6058.jpg
そんなとこまで逃げなくても。
ネコタワーがないからってこれ以上障子を破るのは止めてくれない?
お前のご主人様(長男)に言いつけるぞ。
お尻ペンペンになっても助けてやらないから、いいのか?
この破れ障子の状態で正月を迎えるわけにはいかないが、貼り直してもすぐレオに
破られるのは目に見えている。
各部屋の障子の一画を貼らずにレオの通行口にしたらどうだろう。
でも素直に通行口を通るとは思えない・・・・ウーン。
レオのことだから張り替えた障子を上まで駆け上がるに違いない。
長男が帰省してきてレオを連れ帰るか、それとも内孫になるか決めてから
貼り直したほうが無難かもしれない。
やんちゃな孫だが、障子を目一杯破っていいから内孫になってくれればいいのだが。


theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

日高の遺書

IMG-crop_convert_20121217215650.jpg
(クリックで拡大できます)
職場で1枚のプリントを頂きました。
「日高の遺書」
昭和45年6月、北海道日高管内某町の国道で、38歳の会社員が酒酔い運転で追い越しをかけ
対向車と正面衝突し双方とも死亡した。
この酒酔い運転の家族は、妻(32歳)と5歳及び3歳になる二人の子供がおり、それまで
明るい平和な生活を送っていたが、この事故により一瞬にして幸せな生活が崩れ去り、
前途を悲嘆した妻は警察署長宛に遺書を残し、可愛い二人の子供を道連れに自殺した。
その時の遺書です。

IMG_0001-crop_convert_20121217215439.jpg
(クリックで拡大できます)

忘年会や新年会など、お酒を飲む機会が増えますが、

貴方は絶対飲酒運転はしないですよね




theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

田舎者が行く

IMG_4740.jpg

京都にいる息子の所に有給休暇を使って4日ほど行って来ました。
諫早からカモメに乗って博多に行き、新幹線で京都まで行き、地下鉄と阪急線に
乗るそうですが、私にはチンプンカンプンです。
都会に行くのは一番苦手で一人では、「初めてのお使い」と同じです。
女房の後を見失わないように付いて行くしかなく、不安いっぱいです。
何とか新幹線で京都に到着。

IMG_4712.jpg

女房に続き改札を通るが2枚の切符を入れたはずが1枚しか出てこない?
困っていると女房が引き返してきて「ちゃんと切符は入れたと・・」と
「ウン、ちゃんと1枚ずつ入れたよ」。
そこで1枚の切符が遅ればせながらとピョコンと出てきた、遅い。
後ろに行列ができていて急いで改札を抜け出す。
「何故2枚一緒に入れないと・・・」と女房より言われたが、「2枚一緒だと読み取りエラーに
なるのでは?」と。
ごめんなさい。
3枚同時に入れてみたが、何と、必要な2枚は出てきて、不要な切符は回収された。
スゴイ、何てお利口な改札機だ。
「何枚でも重ねて入れてください」と張り紙でもして欲しい。

IMG_4704.jpg
新幹線の中で、若い女性が乗り込んで来て私の前席で、「少し倒していいですか?」と。
最初、何のことか判らず見とれていると・・・リクライニングシートを倒すのに
後席の人に声をかけるんだと、納得。
隣に乗り込んできた男性も同じように後席の人に声をかけている、スゴイ。
それに降りる時には、リクライニングシートを元に位置に戻していかれた、スゴイ。
そうなんだ、みんなマナーがいいなあ、見習わなければいけない。

IMG_4706.jpg
新幹線の車窓からマンションが見えるが、何だかハチの巣に似ている。
同じマンションが何棟も建っているが、夜に帰ると間違えないのだろうか?

IMG_4708_convert_20120928231845.jpg
京都駅に到着。
鐘の音で見上げると、結婚式が行われている、それも次々に別のカップルが
鐘をついているようだ。

IMG_4713.jpg
初京都で、いろんな名所に行ってみたいがあまり時間がなく、一番行ってみたい
嵐山に連れて行ってもらった。

IMG_4720.jpg
紅葉の時期に来たかったが、まだちょっと早かった。

IMG_4723.jpg

IMG_4724.jpg

IMG_4725.jpg
遊覧船がこちらに向かって来てます。

IMG_4728.jpg
そうなんです、ここは遊覧船をトラックに積み込み上流に運ぶ、船積み場です。

IMG_4729_convert_20120929230622.jpg
初めて来て、いいものが見れた。

IMG_4731.jpg

IMG_4738.jpg
滅多に都会に出てこない私に、大阪の一番の繁華街を見せてくれるそうで、「梅田」に向かう。
電車内では携帯をいじっている人が多く、若い人達は指で横にシュッシュッとやっていて
年配者はパカット開いてピポパポと操作している。
若い人の間ではスマートフォンやiPhoneが主流のようだ。
そんな人達を観察するのに電車内は、面白いスポットで実に楽しい。

IMG_4733.jpg
「ヨドバシカメラ」に行くと平日なのにすごい人出で、盆、正月でもないのにと
田舎者には驚きだ。
それに商品が続々と売れている。
本当に日本は不況なのだろうか?
いつもキョロキョロして歩きが遅いので女房から「田舎者」と注意されるのだが、
すれ違う人がみんな違う顔で、服も違うし人間観察してると面白くてたまらない。
草むらで昆虫採集するより面白いかもしれない。
昆虫採取ケースに人間採集してみたい。
でも1日歩いていて、一眼レフカメラを持ち歩いてる人を全く見受けられなかったが
キョロキョロして一眼レフカメラをブラブラしているのは典型的な田舎者の姿だった
のではないだろうか。
それにヨドバシカメラで登山用リュックを買ってもらい嬉しくて、荷物を詰め込んで
派手なリュックを背負って帰ったからますます変な人ではなかったろうか?
もう一つ気づいたのは、田舎では近場でも車を使って歩かないのが、都会の人は
駅の構内を登ったり下ったりと実によく歩かれ健康なのかもしれない。
都会ではいつもいろんな発見やら失敗やらで、バタバタしてしまうが、時には
都会の空気もいいもんだ。
次は都会探険が何時になるかわからないが、楽しみでもある。
田舎者で恥かきながらも楽しい日々を過ごせました。

最近、いろんなことが身辺でおこり、ブログを更新できずにいましたが
病気や怪我(またハチに刺されたとか・・・)ではと心配いただき
また日々訪問くださった方々、ご心配かけて申し訳ありませんでした。
またボチボチと再開しますので宜しくお願いします。




theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

初Vで~す

IMG_4354.jpg
イギリスでのオリンピックは終わったが、連日メダリストがパレードやテレビに出演したりで
まだ余韻が残っている。
個人的には、卓球競技を応援し寝不足の日々だった。
特に愛ちゃん率いる女子の団体戦の粘りには感動した。
今日、26日はアリーナで島原市の卓球大会で、11月に行われる県体への出場選手の
選考大会でもある。
シングルスはベテラン(50才以上)の部と男子ダブルスに出場。

IMG_4350.jpg
シングルスは今まで数回対戦して勝てない苦手な方との決勝戦となり、
フルセットの末、何を間違ったのか、勝ってしまいました、初Vです。
ダブルスも予選リーグを2位で決勝リーグに進出し、格上の若手チームに
これもフルセットで、何を間違ったのか粘り勝ちし、3位に。
クラブの練習は運動不足と体力維持の目的で、普段はあまり大会に出ないのだが
今回はオリンピックの愛ちゃん達の女子卓球に感化され、大会に出る気になった次第で
好結果を出せたのは女子卓球のおかげだ。
片田舎の島原市の大会で、殆んどが顔見知りの大会なので大したことはないが
今後も健康のため続けていこうと思う。

IMG_4352.jpg
ホテル南風樓の入浴券と4色ボールペンをいただきました。
ありがとうございます。


theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

アクセスカウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

川おじさん

Author:川おじさん
川おじさんのブログへようこそ!
川、山、海、池、田んぼ等でいろんな生き物との出会いを楽しんでいます。
無断リンクOK

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。