スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

眉山の電波塔

IMGP0793-1_convert_20090220222410.jpg

先日、花屋さんを経営している友人から「眉山に登りませんか?」と誘いの電話があった。
彼はランの楽園を作りたいと以前聞いた事があったが、時々眉山に登っては野生のランの
生息を調査しており、車で眉山の中腹まで登れる道を見つけたんでいつか一緒にと言ってた。
登山口まで行って見ると工事中で登れない、他の道を探すがどこもダメだ。
どうしょうかとウロウロしていたら、「ちょっとそこの山に松があるから、もしかしたら春ランが
あるかも?」と山に入っていく、傾斜のきついところを登って行くと春ランがあった。
広葉樹の中に松があると光が地面まで届き、ランが生息しやすいそうで、車を走らせながら
観察していたそうだ。
いっしょにに捜していると、あっちこっちにランがいっぱいあると思ったら、それはヤブランで
春ランじゃないそうで、葉っぱの形やスジが微妙に違うというが私には見分けがつかないが
彼は遠くからでも一瞥しただけで見分ける、すごい男だ。
春ランに光が届くよう枝を払う手伝いをしながら、見つけた春ランを持って帰るのかと思ったら、
株が大きく育ったら珍しいのが出てくる可能性があるそうでそのまましておくのだという。
「以前から気になっていたが眉山の南側の高いところに何か見えるが何だろう」と聞くと
「そこだったら車で行けますから行って見ましょうか」と連れて行ってくれた。
写真の赤丸の所へ直行。

IMGP0784-1_convert_20090220222621.jpg
深江町の方から左に平成新山を見ながら眉山ロードを行き、途中から右折し狭い道を登って
行くと、道には枯れ枝などが散乱しており誰も通ってないことがうかがえる。
到着して見ると、左のがNHKの電波塔で右奥の方にも別の電波塔が建っている。

IMGP0786-1_convert_20090220222747.jpg
右奥の電波塔は、NBC,KTN,NIB,FM長崎、島原TV・FM中継放送所となっている。

IMGP0788_convert_20090220222937.jpg
下界の見ると、島原の市街地方面は木々が生い茂り見えない、木々の隙間からは
水無川と復興アリーナ、雲仙災害記念館が見えるが天候が悪くはっきり見えない。
でもこれでひとつ謎が解明、さて次は。
スポンサーサイト

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

comment

管理者にだけメッセージを送る

アクセスカウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

川おじさん

Author:川おじさん
川おじさんのブログへようこそ!
川、山、海、池、田んぼ等でいろんな生き物との出会いを楽しんでいます。
無断リンクOK

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。