スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野鳥の池

IMGP0719_convert_20090212222630.jpg

11日は島原市営陸上競技場で、島原がまだすリーグ(サッカー)が開催され
無料でプロの試合を見れるということで行ってみた。
テレビで海外の試合を見ているせいか、少しものたりなさを感じ競技場のすぐ上に
ある「野鳥の池」に行って見た。
入り口に「眉山の森」の看板ありまっすぐ登っていくと池があるが1年ぶりの訪問だ。

IMGP0723_convert_20090212222829.jpg
この池には毎年春に近所の保育園の園児達がカエルの卵を採取にきて、園で孵化を
させているが、行って見ると水が黒っぽく腐ったようになっており生物の棲める状態ではない。
以前調査した時は、メダカやアカハラ(イモリ)、ヤゴ、ミズカマキリ(水生昆虫),カエルなどが
生息していたが今年は園の行事は中止になるだろう。
池の水深は膝ぐらいで底は泥が堆積し水草も繁茂していたが、今の状態は枯葉が池の底に
大量にたまり、水源はないので雨が少ないと水が入れ替わらず腐ってしまったと思える。
この池を復活させるには、底にたまった腐った泥、枯葉を取り除いて雨が降ってくれないと
無理だろう。
早めにとりかかれば夏には復活できそうだが、一人ではちょっとキツイ・・・・。
行政の管理地だが、池の周りの遊歩道は草がいっぱいで市民の憩いの場とするはず
だったのだろうが・・・・・。
野鳥がたくさんいたが、池の水を飲んだら腹をこわすからやめときなさい。

IMGP0730_convert_20090212222958.jpg
入り口の看板ところから池までは舗装されており、木々には名前と説明があり
木々のことに疎い私には大いに参考になった。
でもなかなか木々の名前を覚えれない、脳の萎縮が始まってるようだ。

IMGP0731_convert_20090212223135.jpg
木々の説明札
スポンサーサイト

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

その池にはもうイモリはいませんか。残念です。先日その池にいってみたのですが、葉っぱがたまるのは問題ないけど、水源のない池の堰をはずしてありましたので水が空っぽでした。人家もない所なので、蚊が発生しても問題ないし、堰は年中はずす必要ないと思うのですけど。だれがはずすんでしょうね。

No title

コメントありがとうございます。
堰がありましたか?
行政の管理地のはずですから、もし開けるとしたら
行政だと思います。
最近行ってなかったので寄ってみます。
生物が生き残ってれば良いのですが。
アクセスカウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

川おじさん

Author:川おじさん
川おじさんのブログへようこそ!
川、山、海、池、田んぼ等でいろんな生き物との出会いを楽しんでいます。
無断リンクOK

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。