スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白土湖のカナダモ除去作業開始

島原市の白土湖の大繁茂していたカナダモの除去作業が今日から開始された。
湖面にはウキクサが覆いつくし、水中はカナドモが繁茂しているおり、緑の絨毯を
敷き詰めたような状態だ。
対岸までロープをはり、イカダを浮かべ業者の方が3名が乗り込み棒に引っ掛けて
イカダ上に積み上げていく。 
「大変ですね、全部とるのには大分かかりますね」と話かけたら、「1ヶ月はかかる
だろうね、いやもっとかかるかも?」という返事が返ってきた。
ウキクサが光を遮断し、以前の調査で溶存酸素が少ないデータがでてたが、光合成が
できずもっと数値が下がっていると思われる。
鯉やソウギョ、ブラックバス、タカハヤなどが生息しているが、水中から「助けて」と
叫んでいるかもしれないが、人間社会も「助けて」状態が世界中に・・・・。

IMGP0508_convert_20081218233348.jpg

手作業での除去作業
カナダモは切れやすく、切れた藻は伸長してまた繁殖していく、その繁殖力は非常に旺盛だ。
ボタンウキクサやホテイアオイよりやっかいな水草だ。
日本各地で、外来水草の大繁茂が問題になっているが、そういえば諫早干拓のホテイアオイの
除去作業はもう終わっただろうか、ひょうたん池のボタンウキクサの除去は終わったがその後は
大丈夫だろうか? 今度、行って見よう。
IMGP0507_convert_20081218233213.jpg

イカダに積み上げたカナダモは、ユニックでトラックに載せられどこに行くのだろう?
搬入先を聞くのを忘れてた、肥料などに使えないのだろうか?
IMGP0514_convert_20081218233815.jpg

湧水と生活用水が流れ込んでいるが、富栄養化が水草繁茂の原因では。
時々、油が水面に浮かんでるのを見たこともある。
IMGP0516_convert_20081218233947.jpg
スポンサーサイト

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

comment

管理者にだけメッセージを送る

アクセスカウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

川おじさん

Author:川おじさん
川おじさんのブログへようこそ!
川、山、海、池、田んぼ等でいろんな生き物との出会いを楽しんでいます。
無断リンクOK

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。