スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山の楽校 アケビの収穫

PA300313.jpg
10月14日のブログ「アケビがそろそろ、グベはまだまだ」でアケビの収穫を紹介していたら
私達も収穫体験をしたいとのメッセージが届き、「山の楽校 アケビの収穫」を実施することに
したけど、週末が雨天予報で順延に次ぐ順延で中止となってしまいました。
でも私は小降りのスキを見つけては毎週収穫していました。

PB030332.jpg
週末、友人より「いま子供達と外遊びしています・・・」のメールが届き、急遽だが中止にした
「山の楽校 アケビの収穫」をやろうかと問うと、自宅に伺いますと返事があり、開講です。
急いで高枝切り挟みとながーく伸びるタモ網を準備、完了。
Kさん家族 (お母さん、長男T君、長女Mちゃん、次男H君)の4人で、楽しくなりそう。

「アッ、しまったフェンスの鍵を借りてくるのを忘れた」、しょうがないフェンスを乗り越えるしかない。
「フェンスを乗り越えないとアケビの収穫場所へ行けないから中止です」と問うと
「エッ、無理、無理」となるだろうから、そこを私が身軽に飛び乗って超えていく模範演技を
見せ「スゴイ」と言わせる。 どうだ、エヘン。
軟弱な君たちのことだから、無理だろうからと家から持ってきた脚立をおもむろに出し
「しょうがないなあー、これを使いなさい」、となるはずで、脚立を持って隠していた。


PB030334.jpg
「このフェンスを乗り越えて行くよ」と言うと、お姉ちゃんと弟のH君5才もスイスイと
乗り越えていくではないか。

PB030335-crop.jpg
お兄ちゃんに続き、お母さんまでもがスーイスイと。
なんて家族だ、私の予測は全く外れて脚立を用意したのも無駄なことだった、ガッカリ。
妄想は妄想で終わってしまった。

PA300315.jpg
気を取り直して、出発。
途中で、「ほらよく見て、グベがいっぱいなってるよ」、「エッ、どこどこ?」
「ほらあそこ」、「この指の先、爪じゃないよ、その先」、「アッ、あった、あそこ」だ。
色づいて食べ頃だけど、ちょっと高過ぎて採れない。

PB030336.jpg
さあ到着です、アケビを採りましょう。
どこになってる? わかる?

PB030338-crop.jpg
「あった、あそこ」
「ウン、アケビだけど緑でまだ熟れてないね」
まず、熟れているアケビを探そう。

PA300303.jpg
ほら熟れてるのが、あっちにもこっちにも。

PA300306-crop_convert_20161105001249.jpg
熟れて開いてるね。

PA300311.jpg

PA300314.jpg
高枝切り鋏とタモ網を持って、アケビの収穫スタート。

PB030340_convert_20161105001323.jpg
まず1回練習しよう。
タモ網を目的のアケビの下にセットし、落ちてくるアケビを受け止める。
落ちちゃうとバラバラに飛び散り、中身が痛むから、優しくソーッとね。

PB030342_convert_20161105001355.jpg
お兄ちゃんが高枝切り鋏を操作して蔓を切断する役で、お母さんがタモ網で受け取る役で
さあうまくいくでしょうか、頑張れ。

PB030344.jpg
やったー採れたー。

PB030355-crop.jpg
今度はお兄ちゃんがタモ網を使い、お姉ちゃんが高枝切り鋏で挑戦。

PB030349.jpg

PB030350_convert_20161105001430.jpg

PB030351-crop.jpg
大物ゲット、ヤッター。

PB030358.jpg
H君5才も高枝切り鋏に挑戦。
アケビの蔓、見える?

PB030346.jpg
蔓を挟めた、さあ切断・・・・。

PB030360_convert_20161105001503.jpg
一人では力が足りない、お母さんが助っ人で、セーノ、ブチッ。

PB030364.jpg
採ったぞー、それも葉が付いているから、絵手紙を書く方や、ディスプレイとして飾れるね。

PB030370.jpg
40個ほど収穫し終了。

PB030371.jpg
試食タイムです。

PB030374.jpg
ガブッと食べてスイカのように種をプップッと吹き出して、あー甘かった。

PB030376.jpg
1個だけグベを採取。

PA100162_2016110921472554b.jpg
グベが熟するのはもう少し時間がかかりそう、また今度。

PB030367_convert_20161105001538.jpg
この日は天気が良くなり、キクラゲがシワシワで小さくなっている。

PA230252_convert_20161105001008.jpg
雨の翌日撮影した同じ場所のキクラゲは花が咲いたみたいに広がる。

PA230254_convert_20161105001121.jpg
大きいのは、次回収穫するとしよう、旨いですよ。

PA300302_convert_20161105001212.jpg
今日は姿を見せなかったけど、先週は葉っぱで休んでいる「サツマニシキ」と出会った。
昼間に活動する珍しい蛾で、蝶より綺麗な蛾とも言われている。
ツンツンと刺激すると黄色い泡を出すが、鳥の攻撃をかわすためのようだ。
毎年、アケビの収穫の際、綺麗な姿を見せてくれありがとう。

PA300301.jpg
10年程前に有明町で初めて出会い、その時は木の葉っぱ1枚1枚に1匹づつ
数十匹のサツマニシキが葉っぱに止まっているのを見たときの感動は忘れられない。
その後何回か行くが、数匹しか確認できなかった。
「みんなにも見せてあげれればいいなあー」と言えば願いが叶うかも。
最近、願うといっぱい叶っているから、来年訪れて見よう。

PA300307.jpg
この場所では、アケビやグベ、キクラゲが採れて、綺麗なサツマニシキも見れて
最高の場所だ。
そんな場所をイノシシが放っておく訳がない、落ちたアケビはイノシシにとっても
美味しいデザートだから。
イノシシの捕獲を何回も手伝ってきたが、もし檻に捕まったイノシシを見つけても
むやみに近づかないようにして欲しい。
興奮したイノシシが檻の中で暴れて飛び出す事があるからで、特に入口の戸の部分は
弱いので戸の前に立つのは危険だ。
山に入る時は、イノシシさんの縄張りに入るんだから、十分注意して欲しい。

アケビの収穫体験、Kさん家族は子供達は楽しんでくれただろうか?
雨で順延、中止にしたアケビの収穫体験が無事に何とかできて良かった。

「山の楽校 アケビの収穫」はこれで閉講です。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

アケビやキクラゲが自然の中で採れるなんて、いいですね~。
夫の実家が南島原にあるんですよ。この間、神奈川県から島原まで父のお見舞いに行って帰ってきたところです。
アクセスカウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

川おじさん

Author:川おじさん
川おじさんのブログへようこそ!
川、山、海、池、田んぼ等でいろんな生き物との出会いを楽しんでいます。
無断リンクOK

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。