「川の学校」1、ちょっと川を案内

「川の学校」 自主活動中~土黒川上流で砂鉄採取しています。 
島原半島水質調査で手伝っていただいた、Kさんからメールが届いた。
子供達を連れて土黒川に川遊びに来たけど、本流は増水していているので
支流で砂鉄を採取しているそうだ。
「子供達と入りやすい川の場所が全然判らないので、少し詳しくお聞きしたいです」など
メールが入ってたりしていた。
水質調査の際、川遊びのことなど説明したことで、興味を持っていただき
子供達に川遊びを体験させたいという思いで、自主活動されている。
「次週、日曜日は空いてるから、近場の川で子供達が川遊びできる川を案内しますよ」と。


P7032583.jpg
Kさん親子を連れて、川ガイド GOです。
川への道順や川への近づき方、川に降りるハシゴや階段の有無など川辺を歩きながら
タモ網で魚をすくうポイントや、釣りのポイントなど説明。
山ノ田川や栗谷川、土黒川などへ案内。
土黒川の支流を案内した所が、先週、Kさんが砂鉄を採取した現場だった。

DSCF0070-crop.jpg
(クリックで拡大できます)
河原や海岸でも砂鉄が取れる場所ですので、夏休みの研究にいかがでしょうか。

P7032582.jpg
同じ場所から、土黒川の本流の方に目をやると・・・・・?

P7032579-crop.jpg
中学生と思われる男子6人が何かしている。

P7032579-crop1.jpg
手を振ると、元気に答えてくれる、いい子達のようだ。

P7032581-crop.jpg
何だかぎこちないが踊っているようで、もしかしたらウォーターボーイズのシンクロ練習?
上の畑から、たぶん仲間がスマホで動画撮影しているようだ。
Youtubeに動画をアップするのか、学校のプールでみんなに披露するつもりだろうか?
見たい。
絶滅危惧種と思っていた、「川ガキ」がまだいたことに、感動だ。
「川に入って遊びましょう」の看板を各地に立てて回りたい衝動にかられる。
川ガキ君達、ありがとう。

P7032601.jpg
折角、国見町まで来たんだから、毎年「豊年エビ」の観察している田んぼに寄ってみた。
でも、この数年豊年エビの生息を確認できていない。
圃場整備なのか知らないが、畦がコンクリート化されて田んぼの自然が失くなった。
豊年エビがいっぱいで、オタマジャクシやカエル、ヤゴ、ハイイロゲンゴロウなど
素晴らしい生態系で、それを狙ってヘビもよく見かけたものだったが、今は寂しい環境に。

P7032603.jpg
今年も、やはり豊年エビはいない。
でも、ちょっと待て。
1段下の田んぼは、畦が草で覆われいい感じだ。

P7032594.jpg
田んぼを覗きこみ探すと居ました、1匹。 
「ちょっと来てー、ここに居るから見張ってて、網を取ってくるから・・・」と頼んで、車に走る。
田んぼ中央にでも移動されたらアウトだったが、見張ってくれてたT君から、
「逃げないで畦の方に近づいてくれてます」と。
傷つけないよう、ソーッとすくい取り、容器にGET。 \(^o^)/

P7032597-crop.jpg
黒い2つの目と尻尾がオレンジ色で、逆さに泳ぐユニークな豊年エビ。
卵が透けて見えるからメスのようだが、産卵したら死ぬ定め、短い一生だ。
卵は水の無くなった土中でも長期の乾燥に耐える耐久卵だが、7~8年前採取した
田んぼの泥が今はカラカラ状態で容器に保管しているが、来年ぐらいには
注水し孵化するか試してみたい。

P7032599.jpg

P7032584.jpg
他に何が居る?

今回の「川の学校」は川ガキと豊年エビに出会える嬉しい収穫がありました。
豊年エビを見せてあげれて良かった、来年も会えたらいいなあ。
豊年エビと出会えたということは、今年は豊作です、皆さん期待してください。 

さあ次の「川の学校」は、川に入って実践かな。




スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
アクセスカウンター
カレンダー
11 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

川おじさん

Author:川おじさん
川おじさんのブログへようこそ!
川、山、海、池、田んぼ等でいろんな生き物との出会いを楽しんでいます。
無断リンクOK

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク