スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山キッズ誕生

e9863aad9fd8204c82ca59c42936ef01-424x600[1]-crop
雲仙岳災害記念館と九大地震火山センターの共同企画で、スペシャリストといっしょに
「普賢岳登山」に手伝ってとガイド依頼があり参加してきました。
九州大学の地震火山観測研究センター長の清水教授と松島准教授のスペシャリストと
一緒に普賢岳に登り、解説が聞けるのは貴重な体験になるだろう。
参加者は28名でいずれも小学生連れの家族で定員を超える参加だ。

DSCF4332.jpg
豪華なバスが準備されていて、さあ乗ってください、仁田峠に出発です。
山には少し雲がかかっているが、仁田峠に着く頃にはスッキリの予想だ。

DSCF4333.jpg
仁田峠では、ロープウェイを使って登ります。

DSCF4335.jpg

DSCF4336-crop_convert_20150730222946.jpg

DSCF4338.jpg
ロープウェイ妙見駅展望所から、早速、清水センター長から解説いただきました。

DSCF4347.jpg
雲もなく快晴で、平成新山もクッキリと見え、後方には阿蘇の山並みも。

DSCF4351.jpg

DSCF4352.jpg
妙見神社に到着です。

DSCF4353.jpg

DSCF4356.jpg
鬼人谷への急な下り坂は危険です、ロープを頼りに下りましょう。

DSCF4357.jpg
紅葉茶屋に到着です。
さあ、ここから普賢岳(1359m)への急登です、水分、甘いものを補給しながら一休み。

DSCF4358.jpg
参加者最年少の桜太郎くん(1年生)です、頑張ろうー。
日本人にピッタリの、いい名前です。

DSCF4360_convert_20150730223036.jpg
足元注意です。

DSCF4365-crop_convert_20150730223108.jpg
ここを乗り越えたら、普賢岳山頂だ、頑張れ。

DSCF4367-crop.jpg
お待ちかねのの昼食タイムです。

DSCF4371.jpg

DSCF4373.jpg

DSCF4374-crop.jpg

DSCF4379.jpg
美味しそうなほっぺた。

DSCF4376.jpg
「玉子焼きちょうだいよー」
「ダメ、好きなのは最後に食べるんだから・・・・」

DSCF4383-crop.jpg
(クリックで拡大できます)
山ポーズで記念撮影です。

DSCF4384.jpg
下山する組と、もう少し足を伸ばして「霧氷沢」に行く組に分かれました。
霧氷沢は平成新山に間近で、切り立った崖にはヒカゲツツジの群落です。

DSCF4386.jpg
赤色地形図を使って松島准教授からの解説です。

DSCF4387-crop.jpg
岩がゴツゴツの普賢岳への急登から、今いる霧氷沢はここ。
赤色地形図は立体的に地形が見えて、すごくわかりやすいです。

DSCF4362.jpg
仁田峠に帰る道すがらにいろんな野草が現れます。
ヤマアジサイです。

IMGP5718-crop.jpg
ホタルブクロ、かわいいです。

IMG_7976-crop.jpg
可憐なヤマホトトギス。

DSCF4397.jpg
やっと、仁田峠に到着です。 \(^o^)/
桜太郎くん親子と、みずきちゃん(4年生)の記念撮影。 ハイチーズ
みずきちゃんは桜太郎くんの前を先導し、歩きやすいように邪魔な石をどかしたり
とても優しい女の子で、お父さんと参加です。
みずきちゃんありがとうね。
無事「普賢岳登山」達成です、お疲れ様でした、ありがとう。


IMG_0001-crop_201507302254149bb.jpg
後日、桜太郎くんからハガキが届きました。
別に助けてないよ、君がどのように歩くのかを、後ろから眺めていただけ。
お母さんから、こんな体験は初めてなんですよと聞いてたけど、
小学1年生にはキツイ坂の連続でしたが音を上げずに頑張り、
「ふゆにのぼってみたいです」の一言、嬉しいですね。
今後が有望な「山キッズ」の誕生です。
冬は寒いから、ご飯をいっぱい食べて遊んで体力をつけて、
そしてお母さんの言いつけをよく守ったら、お母さんが連れてきて
くれるかも知れないよ。
お母さんも体力強化お願いします。 m(_ _)m

待ってるよ。



スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

爽快!

気持ちの良いブログでした!
臨場感のある写真で、子供達の息づかいや歓声が
聞こえてくるようです。
いいなあ、こういう恵みのある登山、行きた〜い!
下山したら、もちろん新湯にも行きた〜い!!

まのじさんへ

いつもコメントありがとうございます。
参加者のほとんどは島原半島以外の方達で、
火山のスペシャリストの話を聞ける貴重な機会なのですが
地元の人達の関心が薄いのには・・・・・。
いつも登山で、いろんな人達と交流できて、今回は
小学1年生の桜太郎君からのハガキは特に
うれしかったですね。
今は凄く暑いので、10月末から11月初旬の紅葉の時期が
登山には最高ですよ、是非、お出で下さい。

やみつき(o^^o)

帰りの豪華なバスで、川のおじさまの前に座っておりまして、名刺を頂きました。覚えておられますか?
その節は大変お世話になりました。
アップされるのを心待ちにしておりました^_^されるやいなや、あの時の苦しくも楽しかった山登りの息遣いや、普賢岳に本当に居た自分を思い出して、興奮冷めやらず。
また行きたい(^-^)/です!紅葉の季節、また企画があるのなら、同じ山でも何度でも登りたいと思いました。たくさんの出会い、あのときめきも忘れられない思い出となりました。
安全に楽しむ事ができ、本当にありがとうございました。

たまご焼きちょーだいよ、の母さんへ

コメントありがとうございます。
前席で家族3人で来ていただいた方ですね、覚えてますよ。
今回は晴天で暑く、結構疲れたのではないでしょうか。
やみつき、いいですね。
紅葉や霧氷の時期には、また違う風景で楽しめると思いますよ。
是非、またお出で下さい。

写真も素晴らしかったです!

お返事、嬉しかったです^o^
今の若者並みに返信が早いですね!
これからも、ブログ覗きに参ります
(o^^o)またお会いできますように♪

たまご焼きちょーだいよ、の母さんへ

60歳過ぎたら、今度は若返るんですよ。
明日は、子ども会の夏休み行事、川遊びのガイドで
川に入ってタモ網で魚を捕ったり、魚釣りの予定です。
後日、ブログにアップ予定です。
時々、更新のブログですけど覗いていただければ幸いです。
ご用命いただければいつでも会えますよ。

遅くなりました

やっとお邪魔しました。
遅くなりました。

母親だけの参加はできますか?
楽しそう~♪

岡さんへ

久しぶりですね。
見ていただき、ありがとうございます。
今回の登山は災害記念館と九州大学の主催で
行われたもので、ボランティアで協力してもらえないかと
依頼されたのではっきり判りませんが、大人一人でも
参加可能だと思います。
たぶん秋にも同様な登山があるのではと思います。
時々でも覗いていただければありがたいです。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
アクセスカウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

川おじさん

Author:川おじさん
川おじさんのブログへようこそ!
川、山、海、池、田んぼ等でいろんな生き物との出会いを楽しんでいます。
無断リンクOK

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。