スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田舎者が行く ディズニーランド編

IMG_3212.jpg
5月2日、諫早駅に来ています。
今から、6時51分のかもめで博多へ向かいます。

IMG_3214.jpg

IMG_3226.jpg
さあ、博多から新幹線で東京へ。

IMG_3242.jpg
車掌さんに「富士山は見れますか?」と尋ねると「静岡駅を過ぎ、13時26分頃が最適ですよ」と
教えていただいたが、残念ながら雲が・・・・。
でも、新幹線てトンネルが何と多いのだろう、車窓を楽しみたいのに。

IMG_3255.jpg
東京に到着です。
東京駅から、JR京葉線で舞浜駅に、目の前にディズニーランド。

IMG_3271-crop.jpg
モノレールでディズニーランドに隣接のホテルへ。

IMG_3262.jpg

IMG_3274.jpg
ミッキーの形の窓も吊革もかわいい。

IMG_3268_2015051622472189e.jpg
二日間宿泊する「シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル」。
チェックインして、午後4時頃だが早速ディズニーランドへGO。

IMG_3279_20150516224720fab.jpg
人生初のディズニーランド、おじさんもワクワク。

IMG_3287.jpg
5月の連休で人がいっぱい。

IMG_3290.jpg
パレードの最後部をちょこっとしか見れず残念。

IMG_3313.jpg
どのアトラクションも長蛇の列で、空いてるところに飛び込んだのが
「イッツ・ア・スモールワールド」。

IMG_3319_20150516224802d92.jpg
子供向けのアトラクションに場違いな大人が3人、紛れ込んでしまいボートでの船旅で
途中下船もできず、童心に帰り楽しむしかない。
下調べして来るべきだった、反省。
この後、1時間待ちの「スペース・マウンテン」の行列に並び暗闇の中を疾走する
ジェットコースターはスリル満点で大いに楽しめた。
でも、私達の行列の横をスイスイと入場する人達がいるが何故?
待たずに乗れる方法がありそうだが、どこかの予約ツアーとか、別にキップでも
購入すれば待たずに・・・・。

IMG_3338.jpg
ウロウロしてる間に暗くなり、夜のパレードを見れる場所を探すが道路沿いには
大勢の人達が座り込んで場所取りしていて入り込むスペースがなく、ずーっと後ろの方に
何とか場所を確保できたが遠くてよく見えない。
「お尻を地面につけて御覧ください、片膝立ちは止めて、頭に被り物されている方は
とってください、後ろの方が見えませんので」と注意が何回も何回も繰り返された。
「エレクトリカルパレード・ドリームライツ」はブルーフェアリーが魔法の粉をふりまくと
光のパレードがスタートです。

IMG_3355_20150522014259d06.jpg

IMG_3349.jpg
ミッキー発見。

IMG_3350.jpg

IMG_3381_201505162249063d1.jpg

IMG_3363_2015052201425992c.jpg

IMG_3371.jpg

IMG_3397.jpg
くまのプーさんぶらいはおじさんでも知ってます。

IMG_3407.jpg

IMG_3443.jpg

IMG_3442.jpg

IMG_3447.jpg
離れた所からパレード鑑賞になったが、ディズニーのキャラクターが総出演で
美しい光のパレードを堪能出来ました。
もう少し前の席だったら、もっといっぱい写真が撮れたのに。

IMG_3524.jpg
今回の旅の目的はディズニーランドではなく、ディズニーランドに隣接の
「シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル」で甥っ子の結婚式に出席するためです。

IMG_3480.jpg

IMG_3510-crop.jpg
幸輝君、華苗さんおめでとう。

IMG_3548-crop.jpg
初の共同作業のケーキカットの後は、お互いに・・・・・ハイ、アーン。
「結婚式にミッキーが来てくれればいいのにね」と話すと、
呼ぶと700万円ほど懸かるそうで、えっ~ビックリ。

IMG_3600.jpg
結婚式が終わると早速、今度は「ディズニーシー」へGO。

IMG_3601.jpg
人人人でショーが見えない。

IMG_3606.jpg
カメラ小僧に混ざってカメラ女子も。

IMG_3617.jpg
シーでもミッキー発見。

IMG_3633.jpg
踊り子達は皆生き生きと笑顔で楽しく踊っていて、実にいいし、かわいい。

IMG_3634-crop.jpg

IMG_3654.jpg

IMG_3652.jpg
ディズニーシーを楽しむ仲間たち。

IMG_3667.jpg
ここにも。

IMG_3696.jpg
ここにも。

IMG_3702-crop.jpg
胸から顔出しているのは?

IMG_3706.jpg
すみませ~ん、写真撮らせてください。
アトラクションもいいが、人間観察もなかなか面白い。
似合う似合わないは別として、楽しんでいるのがいい。

IMG_3681.jpg

IMG_3676.jpg

IMG_3685.jpg

IMG_3692.jpg
買い物も楽しみの一つ。

IMG_3663.jpg
「センター・オブ・ジ・アース」は超人気で、地底探検したいが待ち時間が・・・残念。

IMG_3710.jpg

IMG_3714.jpg
アトラクションには長蛇の列で、1時間以上の待ち時間ばかりで、面白そうなアトラクションを
探しまわるが入場できそうになく、会場内を2周ほどとにかく歩きまわった。

IMG_3715.jpg
さあ、夜のショーはミッキーが魔法使いに扮した水上ショー「ファンタズミック」の
始まりですけど、人が多すぎて、遠くから眺めるだけ。

IMG_3722.jpg
夜の撮影、ダメ、無理、下手、うまく撮れない。

IMG_3761.jpg

IMG_3773.jpg
ディズニーシーの夜も終わり。

IMG_3808.jpg
滞在3日目の5月4日は、田舎(島原)に帰る日。
スカイツリーなど都内を観光したかったけど、新幹線の時間もあり少し早めに東京駅に行くが
お土産を詰め込んだキャリーバックをゴロゴロと引っ張り構内を歩くが、疲れても休める
ベンチもなく、喫茶店も同じような人種で満席。
とりあえず東京駅に隣接の大丸に行ったが買物客でいっぱい、ここにもベンチはなく
探して回ってやっと座れる所を見っけて一休み。
一息ついて周りを見渡すと、ここは靴売り場、このベンチは靴の試着用だったんだ。
それにしても、靴が面白いように売れて万札が飛び交っている、スゴイ、さすが東京。
地方は疲弊してるのに、東京は一人勝ちのようだ。
家族が、3階にある高級フルーツ専門店の老舗「京橋千疋屋」のフルーツパーラーに
行ってみたいということで行くと、ここも行列、並んで待ちもう少しで入場できるところで
入口のメニューを見ると、数千円のメニューがズラリで「高い、止めようか」と、
でも折角来たからと、前に進む。
隣の老夫婦もメニューを見て同じように「こんなに高いのしかないのかしら?」と
声が聞こえ、「そうですよねー」とついつい相槌をうち、「店内に安いのもあるでしょうから」と
田舎者同士、連帯感が。
私と息子はフルーツチョコパフェで女房のは名前が判らないが、写真のこれ。
田舎に帰ったら「この前、東京の京橋千疋屋のフルーツパーラーに行って食べてきたんだけど
価格もリーズナブルで美味しかったよ、行ってみたら」などと、カッコつけてみようかな。

IMG_3812.jpg
「のぞみ 16時50分発 博多行」に無事乗り込み、博多からかもめで諫早に行き、
島原の自宅に帰ったのは日付が変わって5日の深夜1時過ぎ。
怒涛の3日間、疲れたー。
時には都会の様子を見に行くのはいいけど、個人的には住むのは無理、
自然がいっぱいで魚も野菜も美味い島原が一番いい。
おやすみなさい。



スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

おめでとうございますのお疲れさま!

あれ、あれ、いつもの川おじさんの日記と違うテイスト。
それもそのはず、「でずにーらんど」ウエディングでしたか。
おめでとうございます!
何を隠そう、まだ一度も行ったことの無い、まのじ、
この日記でネズミの国、堪能いたしました〜(笑)。

まのじさんへ

まだなんですね、是非ネズミの国へ行ってみてください。
お願いですが、かわいい猫の格好で行き、ネズミ達が
どんなリアクションをとるのか知りたいです。
それと、まのじさんのかわいい猫姿の
写真をお土産にください。
三毛猫の姿が希望です、お願いします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
アクセスカウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

川おじさん

Author:川おじさん
川おじさんのブログへようこそ!
川、山、海、池、田んぼ等でいろんな生き物との出会いを楽しんでいます。
無断リンクOK

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。