雲仙紅葉 新登山道トレッキング

IMG_9746_20141101003313f7e.jpg
10月31日(金)、10時、仁田峠に登ってきました。
「雲仙紅葉 新登山道トレッキング」という熊本からのツアー(44人)の登山ガイドの依頼があり
11時頃からの登山予定だそうで、渋滞するかもしれないので余裕をもって1時間前に到着し
バスを待つことに。

IMG_9735-crop_convert_20141101000607.jpg

IMG_9742-crop.jpg

IMG_9736.jpg
仁田峠の駐車場には車と子供たちがいっぱい、昼ごろには満車になると思われる。
子供たちは、南島原市の堂崎小や小林小、有馬小、梅谷小と後1校あったけど名前を
忘れちゃいました。
普賢岳に登るそうですが、新登山道が崖崩れで通行止めなので、紅葉茶屋からの普賢岳への
急登を登ることになり、帰りも同じ道を下るので子供たちと父兄で数百人と多くの一般登山者で
混雑するのは必至だ。
紅葉茶屋からは急登で狭い道なのですれ違い時には注意が必要だ。

IMG_9740-crop_convert_20141101001028.jpg
子供たちはもちろんロープウェイなど使わないで、ルンルンで出発して行きました。

11時に熊本からのバスが届き、まずは皆さんトイレで用を済ませてもらう。
添乗員さんは若くてキレイな方で、早速、お客さんの年齢と登山歴などを聞くが
60~70代のおじさん、おばさんがほとんどで、登山歴はまちまち。
3人のガイドで案内するので、各15人程を受け持つことになるが、私は今回も
最終の3組目をガイドすることになった。
そこで添乗員さんから、「ご婦人で足を少し捻った方がおられるんですが? 
本人は登りたいと言われている」と話があった。
場合によっては、紅葉茶屋から急登の普賢岳は登らず仁田峠に戻ることも想定して、
ご婦人と仲間2人を2組の最後尾につけて、3組目先頭の私がガイドしながら
ご婦人の様子をチェックすることに。
熊本に帰るフェリーの多比良港の時間は、16時10分だそうだが、新登山道が
通行できない為、紅葉茶屋から普賢岳のコース変更された分、時間的余裕が
できたが、登山道の渋滞や何があるか判らないが、怪我なく楽しく、そして
フェリーの時間にも確実に間に合うよう、頑張りましょう。
今回は、仁田峠からロープウェイを利用し体力を温存する事にして、さあ出発です。

仁田峠 → ロープウェイ妙見駅 → 妙見神社 → 吹越分かれ → 国見分かれ →
紅葉茶屋 → 普賢岳 → 紅葉茶屋 → あざみ谷 → 仁田峠

IMG_9752.jpg
尾根沿いの登山道から見える普賢岳、背後に平成新山。

IMG_9756.jpg
丸いのは国見岳。

IMG_9771.jpg
国見岳南側の紅葉。

IMG_9766.jpg
左上の普賢岳から下って、この谷を歩きあざみ谷、仁田峠へ。

IMG_9776.jpg

IMG_9780.jpg

IMG_9792.jpg
鬼人谷の紅葉。

IMG_9794.jpg
鬼人谷口を過ぎ、紅葉茶屋から普賢岳に急登を登る。
足を捻ってたご婦人も、普賢岳に向かう。
心配していたように、この急登で普賢岳を降りてくる子供たちの集団とすれ違うが、
登る私達に「こんにちは」、「頑張ってください」と声をかけてくれる。
急登で口数の少なくなってたみんなは「ありがとう」と子供たちと和やかな会話で、
ペースがゆっくりとなり、元気が戻ってくる。
さあ、山頂はもう少しですよ。

IMG_9797.jpg
山頂に到着です。
風が強く、帽子を飛ばされる人がいたりで、寒くて長居ははできず、記念撮影や
ハートストン探しなど手早く済ませ、下山へ。

IMG_9803.jpg

IMG_9805_convert_20141101001143.jpg

IMG_9808.jpg

IMG_9809_convert_20141101001227.jpg
紅葉茶屋を過ぎ、あざみ谷へ。

IMG_9811_convert_20141101001258.jpg
あざみ谷から仁田峠まで30分ほどのペースで歩くが、やはり疲れがでたのか途中で
例のご婦人と、そのご主人の歩みが止まる。
他の方は2組と合流してもらい、私はご夫婦に付き添いサポートして少し遅れたぐらいで
無事に仁田峠まで、予定時間もクリヤー。
仁田峠に着いた時、雨がポツポツと降ってきましたが、間に合って良かった。
バスが出発し、ガイド終了です。

今期最高の紅葉に出会えてお客さん達から喜びの声をいただき、感謝です。
明日と明後日(1、2日)は雨の予報で落葉するのではないかと心配だ。
それに台風が発生したようだが逸れてくれ。
来週9日も紅葉のガイドで普賢岳に登る予定で、他にも紅葉ウォークイベントが
計画されているので、そこまでは落葉しないよう踏ん張ってほしい。
紅葉は標高の高い所から低い所へと移動していきます、中旬には他の山々や
温泉街も楽しめそうです、お出かけください。



スポンサーサイト

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

comment

管理者にだけメッセージを送る

いいですね~。

綺麗な紅葉に澄んだ山の空気。
最高ですねぇ~。

でも、
ついこの間地元の多良嶽山の金泉寺まで
歩い登った僕はいっきに腰を痛めてしまい、
「山登りとかは やめておいた方が賢明です」と
思いっきりドクターストップの状態です。
トホホ~。

とにかく今はダイエットがんばりますぅ~。


いけ君 へ

腰を痛めるとキツイですよね。
腰痛で1ヶ月半ほど入院の経験がありますが、
今は上手に付き合っています。
登山をするのには、ウエイトがあると不利ですね、
スイーツは、控えたほうが・・・・・。
スッキリとした体で登りましょう。

 

雲仙に行ってきました

8日に家族全員で雲仙の旅館に泊まりました。夕刻、山の情報館にお訪ねしましたが、残念、川おじさんにはお会いできませんでした。受付のかわいい女性の方に伝言をお願いしてきました。だけど雲仙の山はきれいでした。また子供らは地獄を見るのは初めてで喜んでいました。温泉玉子も久しぶりですがおいしかったです。また帰省した折にはよらせていただきます。元気にご活躍して下さい。

名古屋のゼンさんへ

お山の情報館にお尋ねいただきありがとうございます。
情報館とは懇意にしており、受付のかわいい女性は友人で、
「川おじさん」の問に、すぐピンときて、連絡をくれました。
都合が合えばお会いしたかったのですが、用事があり
叶いませんでした。
雲仙にお越しくださり喜んでいただきありがとうございました。
今後共宜しくお願いします。
アクセスカウンター
カレンダー
11 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

川おじさん

Author:川おじさん
川おじさんのブログへようこそ!
川、山、海、池、田んぼ等でいろんな生き物との出会いを楽しんでいます。
無断リンクOK

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク