スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完食です

IMG_7749_convert_20140920231624.jpg
夏も終わり、セミのにぎやかな鳴き声から開放され、秋に移行している。
そこに、もういないはずのアブラゼミさんがカマキリさんに捕まっているのを発見。

IMG_7752.jpg
力を振り絞って羽をバタつかせるが、両脇をカマキリさんがガッチリと挟み込みビクともしない。

IMG_7764_20140920234049355.jpg
カマキリさんは、アブラゼミさんの背中に穴を開け食らいつく。
お尻の部分は音が響くようになっている共鳴室なので空っぽだから、頭部と胸部しか
食べるところがないが、胸部はピンク色で何だか美味そう。

IMG_7789-crop.jpg
ここまで約1時間ほどで胸部はほぼ完食。
残りは頭部だが「食事中に、ジロジロ見られては食べづらいんだけど・・・」と睨まれる。

IMG_7793-crop.jpg
両手(鎌)で羽交い締めにして、頭をツッコミ貪り食う。
そいえば、水の中にいるミズカマキリは外形はそっくりだが、捕らえた獲物に口吻を刺し、
消化液を送り込んで溶けた肉液を吸うけど、やっぱりボリボリ食べた方がいいのかなあ。
中国ではセミを食べる習慣があるそうだけど、美味いんだろうーか。

IMG_7776_20140920234049950.jpg
隅々まで手(鎌)を使って器用に掻きだして食べている。

IMG_7785_convert_20140920231801.jpg
完食したようです。
食べ始めと比べても、お腹がパンパンに膨れている、「ごちそうさま」は?
地中から這い出して、もう寿命ですよというところで、カマキリさんに捕まって
最後に痛い目にあって可哀想だが、これで体力をつけたカマキリさんは
立派な卵をつくり、子孫を残すんだから、セミさんありがとう。
カマキリさんもキレイに食べ尽くしてくれてありがとう。



スポンサーサイト

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

comment

管理者にだけメッセージを送る

アクセスカウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

川おじさん

Author:川おじさん
川おじさんのブログへようこそ!
川、山、海、池、田んぼ等でいろんな生き物との出会いを楽しんでいます。
無断リンクOK

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。