スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「今年もまた」がまた

IMGP3992.jpg
7月21日の記事「今年もまた」で、雲仙の矢岳園地の東屋のスズメバチの巣を
駆除したのだが、同じところに20㎝を超える大きさになってますよと聞いた。
同じところに再び巣を作るのはよくあることだが1ヶ月程の間に3倍ぐらいの巣を
作ったとはすごい。
「駆除できますか、無理でしたら業者に依頼しますけど・・・・」と言われたが
「とりあえず見てみないと判らないので・・・・」と。
でも矢岳園地は山の中にあり車は入れず、10分ほど歩いて登らないと行けず
どうせなら駆除の道具一式を持っていくことにした。
脚立とアースジェット2本と竹ぼうき、鎌、もし刺された時用にエピペン(アナフィラキシー補助治療剤)、
ポイズンリムーバーなどリュックに詰めて。

IMGP3987.jpg
いるいる、うろついています。

IMGP3989_convert_20130829231154.jpg
ここまで来て、道具も持ってきているとなれば手ぶらでは帰れないでしょう、取りましょう。
でもアースジェットはあまり飛ばないのでテーブル上に脚立を立てて一番上に乗って
シューシューと吹きかけて逃げるしかない、よし作戦はシンプルにこれでいくことにする。
アースジェットを両手に持ち脚立からテーブルに飛び降り、それから地面にもうひとっ飛びして
逃げるを、頭の中で繰り返す。
逃げ足は早いので大丈夫、大丈夫・・・。
エピペンを使うのだけは避けなければならない。
よし実行です、シューシュー。
吹きかけられたハチ達は向かって来るわけでなく、飛び去っていく、よしよし。
帰巣するハチを追い払いながら、第2第3の攻撃を繰り出し、ハチが少なくなったのをみて
一気に巣の出入り口からアースジェットを大量に吹き込み逃げる。
しばらくするとこれはたまらんとハチ達が出てくるが、地面にポタポタと落ちて苦しんでいる。
よし決着をつけるべく鎌を持ち脚立を駆け上り一気に巣の根っこを切り落とす。
無事完了です、ホッ。

IMGP4000.jpg
巣は4段になっていて、幼虫がいっぱいだ。

IMGP4001.jpg
幼虫がクネクネと「早くここから出してよ」うごめく。

IMGP4003.jpg
指でつまんで10匹ほどを手のひらにのせ、一気食いです。
ウソで~す、生ではちょっと気が引けます、無理です。
持ち帰って女房に「フライパンで外がパリッと硬く中身がジューシーになるように
お願いね」とでも言ったら殺されそうですね、怖い怖い。
それでなくてもハチの駆除をしていると分かったら家に入れてもらえないはずだから
皆さん秘密ですよ、本当にお願いしますね。m(__)m
とりあえず一件落着です。

IMGP4006.jpg
もう一つの現場、雲仙の白雲の池へ。
先日、白雲の池のキャンプ場で友人が草刈りの際、地面からハチが飛び出してきて
刺され病院に行ったと聞いていた。
ハチの出てきた穴に殺虫剤を何回も吹き込んだそうでその後ハチの姿は消えたそうだが
状況からしてオオスズメバチに違いない。
もし巣が復活するとキャンプに訪れる人達に被害が出ては困るので、地中の巣を取り出し
穴を埋めることにする。
が穴。
スコップも鍬、鋸も準備万端、さあ実行だ。

IMGP4010.jpg
穴を覗くとすぐそこに巣が見えていて、ハチの気配もなく一安心だ。

IMGP4012.jpg
スコップで掘っていくが、木の根っこが邪魔して鋸で切り取りながら作業で
なかなか捗らない。

IMGP4013.jpg
やっと全体が見えたが、木の根っ子に巣がぶら下がっていた。

IMGP4014.jpg
初めてのオオスズメバチの巣だが、まだ小さくてキイロスズメバチのようにきれいでなく
ちょっとガッカリだ。
キレイで大きなオオスズメバチの巣を今度は掘り起こしたいなあ。

IMGP4020.jpg
白雲の池の管理者の方に、オオスズメバチの巣を掘り起こしてきたよ、
コレがそうだと見せていたら、「きれいな巣を見つけたので取ってきた」と
頂いたが、黄色でキレイな巣だ。

IMGP4022.jpg
裏の方はこんなふう。
コレは何の巣か尋ねられたが、多分アシナガバチの巣だろう。

でも今年はハチの巣の情報があっちこっちから入ってくるがどうしたのだろう?
9月、10月はハチが最も活発になる時期なので要注意です。



スポンサーサイト

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

comment

管理者にだけメッセージを送る

ハチもおじさんも必死

一か八かの、けっこうリスキーな駆除ですね!
野生のカンを駆使して、どうかご安全に。
しっかし、プリプリした幼虫さんを見ると、なんだか
申し訳ないような。
う〜む。う〜む。
これもバランスの一環と思いたい。

まのじさんへ

コメントありがとうございます。
駆除を頼まれるのですが、防護服などもちろん持ってませんから
ハチ達の行動を観察しながら最良と思われる方法で駆除して
るつもりです。
でもスリルがあるのも魅力で、気配を消してハチが飛んできても
ジッとして動かずやり過ごして、少しずつ巣との間合いをつめて
処理するのはなかなかですし、おじさんですけど身は軽いし
逃げるの速いし、いざとなれば卓球の要領で叩き落すつもりです。
遠くまで飛ぶ殺虫剤があればもっと簡単に処理できるのですけどね。
プリプリの幼虫さんは、ピンセットで巣から抜き取り庭に放置すると
鳥さん達が処理してくれるようです。
そのまましておくと幼虫が死んで腐ってプンプンになるので
巣を保存するためにはそうしています。
まのじさんの為に冷凍保存しておきましょうか?

なんでも情報BOX

先週のNHK長崎の夕方のニュースで
島原水まつりの模様が、なんでも情報BOXという
コーナーで紹介せれていましたが
もしかして川おじさんが投稿したのかも?
と思いながら見たました。

武家屋敷も傘がライトアップされていた公園も
行った事があり場所を知っていただけに
行けなくて大変残念でした。

たしか9月か10月にまた島原でお祭りがあると思うのですが?
その時は是非にも大好きな島原に
遊びに行きたいと考えています。

いけ君さんへ

コメントありがとうございます。
私が水まつりを投稿することはまずないですね。
なんでも情報BOXというコーナーがあること自体も
知りませんでした。
島原では、10月19・20日に不知火まつりが予定されています。
天草四郎や武者行列やミス島原、薪能などが行われます。
都合がつけばお出で下さい。

おおっ!スズメバチの巣?

オオスズメバチって地下巣(?)なのですか?地蜂ってのもいますよね。穴を開けて中の巣に棲んでいるオオスズメバチって知りませんでした。すごいですね。

紅花さんへ

オオスズメバチは地下や木の洞など人目につかないところに
巣を作るので、知らないで踏み込むと地下から爆撃機のように
襲いかかってくるので超危険です。
友達を選んじゃいけないのですがオオスズメバチにはあまり
関わりたくないですね。
アクセスカウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

川おじさん

Author:川おじさん
川おじさんのブログへようこそ!
川、山、海、池、田んぼ等でいろんな生き物との出会いを楽しんでいます。
無断リンクOK

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。