スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水槽小屋の片付け

IMG_6434.jpg
水槽小屋といっても、ランを育てるのに父が作ったものだが、父が亡くなってからは
棚を作り水槽を設置し、島原半島の川を巡り捕まえた魚達を飼育していた。

IMGP0700_convert_20090210223833.jpg
4年ほど前の水槽小屋。
水槽小屋として使ってた頃は、水槽を10個ほど設置し飼育してました。
ドンコやカワムツ、オイカワ、カワアナゴ、タナゴ、メダカ、チチブ、ドジョウ、フナ、
タカハヤなどの魚達とドブガイ、他にはタイコウチやミズカマキリ、コオイムシ、
マツオムシ、タガメ、ゲンゴロウなどの水生昆虫など多くを飼育してたが、
エサの確保や水槽の維持管理が大変で、今はちょっとお休み中。
以前の記事は➜ 水槽小屋にも春が来た

IMG_6435_convert_20130209230548.jpg
山などをうろついては色んな物を見つけては持ち帰って来ては、空いてる水槽小屋に
突っ込んでいたら、ゴミ屋敷状態になっていた。
女房から「寒に弱い花を入れたいからガラクタを捨てなさい」と。
ガラクタ?
「違うよ、お宝だよ・・・何言ってるんだ・・」と言いたかったが、ゴックンした。
片付けるしかない、シブシブ。

IMG_6436.jpg
整理整頓が苦手な私だが、言われてみればちょっとひどいかなと、反省。
小屋の中には、ススキや木の枝やヘビの抜け殻や多くのビニール袋などが
雑然と置かれている。

IMG_6441.jpg
ススキなんかどうするの?
と思われるでしょうが・・・。

IMG_6444.jpg
そうなんです、丸いのは巣なんです、それもカヤネズミ(県の準絶滅危惧種)のものです。
体長6cm程度と小型でネズミの仲間としては世界最小で、ススキ原などに生息していて、
ヘビなどの外敵から身を守るためススキの中腹に巣を結わえているもので、貴重なものです。

IMG_6446.jpg
鳥の巣もいっぱい。
鳥さんが使い終わった巣です。

IMG_6449.jpg
スズメバチの巣。
スズメバチを駆除する際にも、なるべく巣は壊さないようにして採取するのですが
素晴らしい出来で綺麗ですよね。

IMG_6450.jpg
ヘビの抜け殻もいっぱいですが、貧乏なのは何故でしょう?
あ、ムカゼも・・・。

IMG_6460.jpg
オオカマキリの卵やカマキリの死骸。

IMG_6457.jpg
小屋の中に、ハラビロカマキリの卵(写真上)とオオカマキリの卵(写真下)が
産み付けられているのを発見。

IMG_6453.jpg
猿の腰掛も。
右上のタッパの中には、私を病院送りにしたアシナガバチ君と巣も記念に保管してます。
病院送りにしたアシナガバチ君の記事は➜ 無事生還

IMG_6456.jpg
大きなドブガイの殻も保管。
島原半島に数箇所の生息地を確認しているが、絶滅の危機に直面している。
ドブガイは水質浄化やタナゴなどの産卵などに必要で、川や池の環境を
改善し増えてくれればいいのだが。

IMG_6454.jpg
片付けもやっと終ったかなというところに、ピョンピョンとバッタ君が二匹。
体の大きさが違うからカップルでは?、逢引き中を邪魔したのかも。
何とか片付けも終了しスッキリしたが、何だか水槽が寂しそうだ。
「島原半島の仲間たち」のタイトルで水辺の生物たちを何処か場所を借りて
展示をしたくて川や池を巡り採取し飼育していたが、水槽の水漏れや機器の故障が
頻発したのと、ドンコやカワアナゴ、ナマズなどのエサとしてハヤなどを捕獲してきては
与えていたが、食欲が旺盛で大変だったこともあり飼育を止めたが、
水槽を見てると、もう一度挑戦してみたいなあ~と・・・・・。
でも水槽の浄化機器などが全滅状態で買い換える余裕もないので、ヤッパリ・・ダメかな。



スポンサーサイト

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

どう見てもゴミ屋敷ですね!!

やはり復活を希望します。

こ、これは!

奥様の「ガラクタ」発言に一票!と思って読んでいたのですが、
ひとつひとつ説明を見るうちに、大変なお宝に見えて来ました!!
あ〜〜、なんとかウマい方法で、保存できないかなあ?
川おじさんでないと発見出来ないものばかり。

機械屋さんへ

汚い所を見せたくなかったんですが、結構散らかってますね。

復活ですか、ウ~ン、結構大変なんですよね。

どうしよう。

まのじさんへ

お宝に見えて来たとは流石、まのじさん。

お宝は、女房が立ち入らない裏の倉庫に移動して保管しており

鳥の巣とカヤネズミの巣は、木の台に飾れるように作ろうと

思っています。

作ったらブログで紹介したいと思っています、お待ちください。

No title

カヤネズミは昔探し回りましたよ!

見つけきれませんでしたが・・・

巣を見てみたい

地元の水族館再開しましょう!!

No title

漏水する水槽を綺麗にして、その中にディスプレイしてはいかがですか?

移動が便利になるので、学校なんかに貸し出しもできそうですが。

No title

今度お手伝いにいきますわ!!!

CB御殿さんへ

子供たちに、この島原半島の生物を見せてあげたい思いで、

飼育してたのですが・・・・・移動水族館いいですね。

でも、経費や時間が・・・、再開、ちょっと無理です。

thomさんへ

そうですね、空の水槽も使えますね。

ありがとうございます。

名無しさんへ

文章からして、女性の方でしょうか?

お手伝い

失礼しました、私です。

爆笑!!!

↑女装の機械屋さんって!!!

No title

まのじさん
一緒にいかがですか??

蛇の抜け殻でバックとか

スズメバチ巣で帽子など、色々つかえそうです

確かに水槽の維持は大変ですね(- -;)
一時期、部屋に4つの水槽があったので分かります(- -;)
どじょうが好きで、部屋にいろんなどじょうを飼ってました♪

まのじさんへ

機械屋さんが女・・・・気色悪いですよね。

変なものばっかり集めてるゲテモノ好きの私でも、

ちょっと勘弁してよです。

今度、女装させてボサノバに合わせて踊ってもらうのはどうでしょう。

機械屋さんへ

いい年になって、まさか目覚めたとか?

まのじさんは、蛇の抜け殻でパックしなくても

そのままで十分綺麗のなで必要ないのです。

そこそこの人には効き目あるかもです。

かずさんへ

そうですよね、水槽の維持は大変なのです。

特に、ドンコとカワアナゴの肉食系の食欲を満たすためには

頻繁にエサ用のハヤ採取に忙しい日々でした。

ご理解いただき、ありがとうございます。

アクセスカウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

川おじさん

Author:川おじさん
川おじさんのブログへようこそ!
川、山、海、池、田んぼ等でいろんな生き物との出会いを楽しんでいます。
無断リンクOK

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。