スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元気の森

IMG_3386.jpg
島原新聞の今日の行事欄に、わかくさ保育園が「元気の森」でキャンプの文字が目に入った。
以前、園長から1200坪の森を購入したと聞いてはいたが、父兄や園児たちが
頑張って整備したそうで、どんな森ができたのか楽しみだ。
早速、見に行くことにした。
あったあった、ここだ。

IMG_3388.jpg
テントが張られ、面白そうな遊具や寝袋などが見える。

IMG_3334.jpg
テントの横の木々は?
そうです、隠れ家です。
周りを木の枝で囲み中に入れるようになっています。
昔、こんなのを作ったことがありました、秘密基地を。

IMG_3355.jpg
何か面白そうなの、発見。
アレだけ大きな木を持ち上げて木の股に掛けるなんて大変だったろう。
結構高いが、子供達はヘッチャラのようでスルスルと登って行く。

IMG_3356.jpg
丸い木の上を歩くのだから、うまくバランスを取りながらでいい訓練だ。

IMG_3353_convert_20120622232935.jpg
漁業用の浮きもロープでぶら下げてあり、ブランコみたいに遊んでいる。
「兄ちゃん、僕にも乗せてよ・・・」

IMG_3354.jpg
こっちは脚立に登り、ロープを滑り降りる。
「ドサッ」子供が・・・・落ちた。
園長(左の青い服)が振り返り、助けに行く様子もなく「ほーら、泣くぞ~」と声をかける。
子供も泣くにも泣けない状況で、グッと堪えているのがわかる。
わかくさ保育園流のやり方だ。

IMG_3349_convert_20120622232705.jpg
これは、丸太をトラロープで吊るしたものだが、大勢の子供が股がった時
トラロープで強度は大丈夫だろうか?

IMG_3376.jpg
スタッフのお兄ちゃんが照明の点検中だが、興味津々で覗きこむ。

IMG_3385.jpg
キャンプの定番メニューと言えば、そうです皆んなが大好きなカレーです。
「女の子たち、野菜を切ってくださ~い」

IMG_3363.jpg

IMG_3367.jpg
男の子達も働け、働け。

IMG_3374.jpg
働かざる者食うべからずを実践している。

IMG_3377.jpg
中には、抜け出して遊んでいる輩も。
見つかったら「お前たち、飯抜きだぞ~」

IMG_3381.jpg
お風呂担当の二人です。
懐かしい五右衛門風呂、うちわでパタパタ、目をこすりながら頑張っています。
すのこから丸太の階段を登り、風呂に入るはちょっとスリル。

IMG_3362.jpg
私はひょうきんな女です。

IMG_3383.jpg
テントの中を覗くと、女の子が袋をたたみながら男の子に説教している。
保育園の年令でもう女性優位の関係が出来上がっているようだ。
男性諸君、我慢だ、逆らうな。

IMG_3369.jpg
わかくさ保育園はキャンプや田植え、寒中水泳、登山、サトウキビ絞りなどなど
野外活動たっぷりで、わんぱく小僧製造保育園だ。
野外活動を体験させたいがどうしていいか判らない、お父さんお母さん、
入園いかがでしょうか?
子供を鍛えるのは小さい時ですよ、勉強は後でいい。

スポンサーサイト

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

comment

管理者にだけメッセージを送る

楽しそう~

おはようございます!

釜で炊いたご飯を食べるなんて
最高の贅沢ですね!美味しそう~(*^_^*)

五右衛門風呂も子ども達は、
初めての体験ではないでしょうか?

野外活動をたくさん体験して
生きる力を身につけてほしいですね!

たくさんの写真を見ていたら、
楽しそうな子ども達の様子が
伝わってきました。
お疲れさまでした。m(_ _)m

ハルさんへ

コメントありがとうございます。

子供達は元気ですよ、見ていても楽しいです。

野外活動を通じていろんな経験をさせてあげたいですね。

自然児・・

今の子供たちは潜在的な能力があるのに・・
社会環境や、家庭(親の生活)、テレビゲームなどで、子ども本来のリアル体験をしなくなっています。

幼少期の貴重な体験をしないまま、大きくなってけば・・どんな大人になるかは自明です。

生きる力、考える工夫、他人を思いやる心、自然を大切に考える行動・・・みんな大切なことばかりです。

ヴァーチャルな感情は、実社会で何も生み出しません。

島原でも自然を知らない人が増えています。

このような活動は今後地域としても重要ですね。

皮・兄さん へ

わかくさ保育園のような取り組みを、他の保育園や

小中学校も行うようになればいいのですが。

No title

素晴らしい!!その一言に尽きます。
こんな理想的な保育園があったとは・・・
話には先日聞いておりましたが、我が家の方針と一致しすぎです。

強くたくましく、そして大馬鹿な子供に育ってほしい。
勉強よりも、遥かに大事な事をこの園児達は既に見に付けていると思います。
学んで知識とするのではなく、学んでどう行動するかが大事だと私は思うのです。
うちの子も通わせたいです。ほんとに。

Kokoyokaさんへ

いい保育園でしょう。

でも、中にはついてこれない親御さんもいるかも?

親にも一緒に体験してもらいたいですね。

先日は、ご馳走になりました、ありがとうございました。

懐かしい

先日は雨の中、お越し頂いてありがとうございました!
山のお話、保育園のお話、コミュニティのお話、などとても実になるお話をうかがえて、今後の励みになりました。
またお会いできるのをたのしみにしています!

こちらが件の保育園ですね、話に聞いていても
画像を観てあらためてびっくり、そしてすばらしいと感じました。
転んでも助け起こさず、子供の意地に任せる方針も
危ないという理由で子供の奔放さを妨げないのも
主に子供時代にしかできないこと(大人になってもできるけど)を
思いきり体験できる方針に賛同です。

親はただでさえ子供を心配する生物ですが
心配という親心の闇をなすがままにまかせ、
ためになることをもやめさせたりする
場合もあるなあ・・・と、自分のことも振り返りですが、反省です。
心配する心に打ち勝って見守らねばならない機会は大きくなるに従ってどんどん増えていきますものね
親御さんにとっても、大切な思いを育める保育園だと思います。

一本丸太の遊具、なつかしい。
今頃は、怪我ができるような遊具はどんどん消えていっていますから感慨深いです。




a.t.さんへ

先日は、ご馳走になりました。

この前、保育園を訪問したら、2才児の子供がカナヅチで
5寸釘を木に打ち込んでいましたが、手を叩かないか
ハラハラでした。
見たら驚くことがいっぱい・・・・。
親も子も一緒に体験することがいいのかも。
見学してみたらいかがですか。
アクセスカウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

川おじさん

Author:川おじさん
川おじさんのブログへようこそ!
川、山、海、池、田んぼ等でいろんな生き物との出会いを楽しんでいます。
無断リンクOK

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。