スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホタルの光

IMGP1925.jpg
真っ暗い中、痴呆老人は一人で徘徊しています、私です。
クラブの帰りにホタルの観察に行くのがこの時期の行動だが、真っ暗の草むらの中を
一人で入り込んでいくにはあまりいい気はしないが、幽霊やマムシがでないかと
あらぬことを考えながらも、ホタルの光を目指して歩いていく自分がいる。
眉山の麓の湧水地のホタル川と島原城のお堀、宇土川、江里神社の4箇所だ。
4箇所ともホタルが十数匹は確認ができたが、まだ少ない、これからだろう。

IMGP1919-crop.jpg
ホタルの光はどうしてこんなに優しい光なんだろう。

IMGP1933.jpg
これは、そうです、オスの光です。
お尻の先まで光るので三角の光です。

IMGP1942.jpg
そうです、これはメスの光です。
メスのお尻の先は光らず四角い光です。
オスは撮影に協力的でしたが、メスは動きまわりジッとしていず、こんな感じに。

IMGP1928.jpg
「そうです、私はゲンジボタルです。 ジッとして撮影に協力しているんですから、
 さっさと撮って早く戻してください。」だそうです。

IMGP1931.jpg
川のコンクリート上に淡く光るのを見つけたのでつまんでみると、何だか変。
ブニュブニュしている。
光を当てて見てみるとホタルの幼虫だ。
まだ土中に潜らずうろついている不良がいるなんて、信じられない。
今から土に潜って間に合うと思えないけど、大丈夫だろうか?

今年のホタルの乱舞のピークはいつ頃だろう?


スポンサーサイト

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

数日前初めて有明のホタルを見に行きました。
たくさん飛び交ってて感動しましたが、地元のホタルの先生曰く、ピークは1週間くらい後とのことでした。
その頃また行ってみたいと思っています。
でもホタルって写真撮るの難しいですね。
真っ黒の画像だったり、シャッターが切れなかったり。
使い物になる写真は1枚もありませんでした(^^ゞ

リィママさんへ

有明でしたら高野地区の湯江川周辺で
ホタルを守る会のKさん達が活動されています。
島原半島では他には瑞穂の岩戸小近くの西郷川や
南目では岳地区や大手川などホタルの見所がありますね。
ホタルの飛翔している写真は、花火と同じで三脚で固定し
長時間露光などで撮影するようですが、撮影中に
他の方の懐中電灯などの光が入ったら台無しになり
撮影は難しいですね。

No title

ゲンジの尻の部分の光を、見事に撮影しましたね。
オス、メスを判別できるほどの撮影、これは貴重ですばい♪

幼虫は一年留年して来春組かな^^

イモリ大好きさんへ

協力的なホタルだと撮影がうまく撮れるのですが
なかなかジッとしてくれません。
今度は乱舞しているホタルを撮ってみたいですね。

No title

いつも楽しみに記事を読んでいます。
お堀へは歩いても10分くらいなので子供を連れていってみようと思います。
しかし、真っ暗な草むらをソロで歩けるのは凄い・・
私は夜にイノシシの親子と遭遇して以来、真っ暗のとこを歩けなくなりました。その時も車に乗っていたのですがその迫力といったらもう・・

Kokoyoka Staffさんへ

イノシシは見慣れていますし、会えばイノシシが驚いて
逃げ去ります。
山を探検する時は、薮をかき分けて行ったりしますが、
イノシシの通った後(けもの道)を良く使わせてもらいっていますので
イノシシに感謝です。
今晩もホタルの観察に行ったら、殿様道路沿いの湧水地に
数十匹見つけました。
先週よりだいぶ増えてきましたよ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
アクセスカウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

川おじさん

Author:川おじさん
川おじさんのブログへようこそ!
川、山、海、池、田んぼ等でいろんな生き物との出会いを楽しんでいます。
無断リンクOK

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。