雨でもウキウキ、ルンルン

「霧氷は3月上旬まで見れますか?」とメールがきた。
メールの主は、何と久美ちゃんではないか、ビックリ。
「昨年の霧氷は3月19日が最終だったよ、・・・・・他いろいろ・・・」と返信。
登山のパンフレットなどを持って、久美ちゃんを訪ねる。
登山好きの友達が来れなくなり、初心者二人で登るつもりだそうで、今の時期は
雪や濃霧など天候が変わりやすく危険だから初心者二人では無理。
でも、3月4日は休みだから私がガイドすればと大丈夫だと・・・、若くて可愛い子に
超弱い私は自ら引き受けてしまった。
それからは毎日、天気予報とにらめっこ。
でも、曇り雨の予報で、当日朝に雲仙岳に登山するか決定することになった。
3月4日朝、小雨だ。
雲仙の友人に電話し、山の天候を聞くと雲仙も小雨だそうだ。
初心者二人で雨の条件では、仁田峠循環道路が通行止めだったら、下から歩いて登る
のは体力的に無理なので諦めるしかない。
仁田峠循環道路の管理所に電話をすると、「通行できますよ、でも視界が
悪いので注意してください」と。
ラッキー、とりあえず仁田峠まで登って登山できるか判断する。
「仁田峠循環道路が通れるから行くよ、家に迎えに来て」と久美ちゃんに。
迎えに来てくれた久美ちゃんの車を運転して、雲仙に。
それにもう一つラッキーは久美ちゃんの友達も可愛い子で、今日はいい日になりそうだ。

IMG_1921_convert_20120307231109.jpg
仁田峠循環道路を登り、第2展望所に到着。
簡単に深江断層、布津断層、雲仙地溝帯などの説明し、そこに並んでとパチリ。
平成新山、雲仙岳は雲の中だ。
仁田峠に車を停め、天候は小雨で普賢岳や平成新山は霧で見えない、どうしよう。
ロープウェイで登り、とりあえず妙見岳辺りまで行って天候を見て、引き返すか
判断することにした。
ロープウェイの本日初の乗客だそうで、顔見知りの乗務員が最新の天気予報を
調べてくれ、昼過ぎまでは大丈夫そうだ。

IMG_1922_convert_20120307233519.jpg
妙見神社の横を登り妙見岳山頂(標高1,333m)に到着。
初登頂の記念にパチリ。
残念ながら、何も見えない。
普段は、国見岳、普賢岳、平成新山や熊本など見えるスポットなのだが。

IMG_6877_convert_20120307233325.jpg
二人に促され、一緒にパチリ。 (久美ちゃん撮影)
まずい、鼻の下が伸びてる。
舞ちゃんのピンクの手袋は、100均だそうです。

IMG_1927_convert_20120307231533.jpg
次にまた登山した時に迷わないように、各分岐点で写真撮影とガイド。
国見別れ、国見岳への分岐点だ。
国見岳に登るには切り立った岩場をロープを頼りに登らないといけないが
小雨と突風が吹いているし視界が悪く、今日は残念し次の機会に登ることにする。

IMG_1925_convert_20120307231357.jpg
次の目的地は普賢岳。
こんな悪条件の中なのに、二人はいつもニコニコ顔で会話を楽しむ。

IMG_1930_convert_20120307233649.jpg
鬼人谷への下りだが、歩道の石が崩れているのと雨でぬかるんで歩きにくい。
カメラを構えて「舞ちゃん、ここでスッ転コロリンしてくれれば記念になるから・・・・」と
お願いするがダメだ、転ばない。

IMG_1936_convert_20120307232351.jpg
鬼人谷も深い霧で真っ白。

IMG_3574_convert_20120307233750.jpg
「鬼人谷は紅葉するとキレイ・・・」と説明中。   (久美ちゃんから写真提供)

IMG_1938_convert_20120307232652.jpg
無事に普賢岳への分岐点の紅葉茶屋に到着。
さあ舞ちゃん標識の横に立って、はいポーズ。

IMG_1942_convert_20120307232910.jpg
次は、久美ちゃん、はいポーズ。
ふたりとも写真に写る時、上半身を左に傾けるのは、可愛く写るためのポーズ?
今度、おじさんも真似してみよう。
普賢岳に登ると、往復の所要時間1時間かかるが、午後から天候が悪くなるのを
考えると、今日は登山を残念するしかない。
普賢岳、国見岳は次の楽しみにとっておこう。

IMG_1346_convert_20120307233409.jpg
あざみ谷への途中の神秘的な風景。   (久美ちゃんから写真提供)
ヤマドリ(キジの仲間)が近くで羽音をたてていたが見つけられず、残念。
二人に、大きくてキレイなヤマドリを見せてあげたかったなあ~。

IMG_1944_convert_20120307233112.jpg
あざみ谷に到着です、一休み。
あざみ谷は野鳥の宝庫で、水飲み場に多くの鳥達が集まってくるスポットです。
仁田峠まで20分ほどで無事到着、お疲れさまでした。

昼食も摂らずに急ぎ足の登山で腹ぺこ。
久美ちゃんの行きつけの美味しいと評判のお好み焼き屋さん「杉の木」で遅い昼食を。
お好み焼きを食べながら反省会。
雨中の登山だったが、若くてカワイ子ちゃん二人のガイドは、雨風なんて気にならず
ウキウキルンルンで上機嫌のおじさんでした。
でもこの記事を書きながら思った。
今までの登山では山々や生物、花などの写真を撮るのだが、今回は風景を一枚も撮ってない。
被写体が二人のショットばかりで、霧の山など撮るいい機会だったのに、二人のキラキラ目と
笑顔に冷静さを失って、偏った写真を撮ってしまった。
ダメだ、本能が先に出てしまった、まだまだ修行が足りないようだ。

次は、ミヤマキリシマが咲き誇る5月に登るのはどうだろう?
それとも子ウサギとの出会い散策会などはどうだろう?
久美ちゃん、舞ちゃん、またウキウキルンルンお願いします。

世のおじさんたち、最近ウキウキルンルンしたことありますか?


スポンサーサイト

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

普段の三割増し、いや五割増しに伸びてますね~笑

でもまぁ、おじさんの性ですから・・・

No title

かわいい子といっしょに登山なんて羨ましすぎます。
川おじさんの人柄なんでしょうね。

たまには・・

よかこつですたい!(笑)

霧がなければ本当に春先の自然の景色を撮影したりできたのでしょうが、幻想的な雲仙普賢岳もなかなかいいものです。

もし野郎3人だったら・・悲惨な、無言の登山だったでしょうね。

またいい天気の時の同伴登山報告を期待しています!

縁はどこにあるのでしょうか??

お世話になりました☆

先日はどうもありがとうございました♪
川おじさんのおかげで、すっかり山の虜です?
山登りをしたいと言う友達がまた一人現れました♪
ウサギさんに出会うべくまた来月も登ります(^-^)/

来た~

川おじさんに・・春が来た・・

もて期が来た~~!

山ガールが島原でも増殖中?!

奥さま心配?

いや、もてる男は奥さまも嬉しいものです。

No title

川おじさん、本とだ!!
伸びていますよ~(爆)

昨日は相方&レアルと遭遇だったそうで、私は市役所まで一緒でしたが(税申告)残念でした~>_<

本日は一人霧氷鑑賞でした~^^;;

妙見神社脇で大きな木の枝が折れていました~>_<
まだ新登山道への準備等大変な作業、皆さんお疲れ様です~

thomさんへ

大変です、伸びちゃって戻らないんです、困った。

おじさんはみんなそうですよネ・・・良かった。 ホッ

メラメ~ラさんへ

羨ましいでしょう、いいでしょう。

時にはいいこともないと、この先生きてく希望がもてませんから

今回は神様からのご褒美だったのかも、です。

皮・兄さんへ

人生初のもて期で、これが最後かも。

せめてもう一度・・・、神様お願いします。

山ガールを育成するぞ~。 エイエイオー

くみちゃんへ

「川おじさんのおかげで、すっかり山の虜です?」か?

川おじさんの虜の間違いでは?

現実は厳しいですね、失恋です。 シクシク

「甘いね、ざまーみろ」とニコニコしておじさんたちの

顔が浮かぶ。 ガックリ

久美ちゃんのバーーーーーカ、でも・・・・・・・。

ミラさんへ

伸びてますね。
今後はマスクで隠すよう努めます。

「妙見神社脇で大きな木の枝が折れていました~」は、
通行に支障があるでしょうか?

No title

こんばんは~

昨日も歩いてきましたが、折れた枝は神社鳥居のすぐ脇です。
特に塞いでいる状態ではありませんが、霧氷&強風の影響だったのでしょうね・・・・・少し可哀相な状態でありますので・・・・

ミラさんへ

木の枝が大きくて塞いでるようでしたら、
急いで撤去に行かなければと思っていました。
霧氷も今季最後と思われますが、連チャンで登山されたんですね。
情報ありがとうございました。
アクセスカウンター
カレンダー
11 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

川おじさん

Author:川おじさん
川おじさんのブログへようこそ!
川、山、海、池、田んぼ等でいろんな生き物との出会いを楽しんでいます。
無断リンクOK

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク