スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つぶらな瞳のカスミサンショウウオ

IMG_1818.jpg
先週日曜日、タイチ君から「サンショウウオの卵と成体を見つけました」と電話を
頂いたが、午後3時過ぎで行くには時間が遅くなってしまうので今日は行けそうにない
ことを告げた。
行きたいのを我慢してやっと週末。
タイチ君に電話をするとお母さんが出られて
「サンショウウオを見に今からそちらに行こうと思いますが・・・」
「タイチはお寺さんに勉強に行ってますが昼には帰ってきますから、サンショウウオの
 ことなら大丈夫ですよ」
「そうですか、今から行きます」
雪の降る島原を発つ。

カスミサンショウウオの生息地はこんな所です。
山から湧水が流れている小さな小さな小川があり、こんもりとした里山がある場所です。
タイチ君家に着き、お母さんに挨拶しタイチ君の案内でサンショウウオの生息地へ。

IMG_1829.jpg
早速、カスミサンショウウオの卵塊発見、あっちこっちに。

IMG_1833.jpg
プルンプルンの長い卵。
酢醤油でツルツルと食べれそう・・・。

IMG_1822.jpg
今度は、タイチ君と手分けしてサンショウウオを探す。
いたいた。
水中の草の影や、ビニール袋の下に隠れていた。

IMG_1823.jpg
「タイチ君、こっちに見せて・・」、パチリ。

IMG_1848.jpg
タイチ君の友達二人が手伝いに来てくれた、兄弟だという。
この止水域に多くの卵塊と成体が見られる。

IMG_1837_convert_20120218232150.jpg
今度は小川を調査。

IMG_1843.jpg
卵を見つけたようだが、止水域に比べると少ない。

IMG_1844.jpg
手伝ってくれた子供調査隊。
手前から、セイヤ君(小1)、タイチ君(小4)、ユウセイ君(小4)だ。

IMG_1890.jpg
長い卵塊の中に70~80個の卵がいるが、どれだけ孵化するのだろう?
少し持ち帰って孵化の状態や生態を調べて見ることにする。

IMG_1881.jpg
成体の大きさは身長約12センチほどで、体重は?
前足は指4本、後ろ足は指5本のようだが、何か変?
前足は肘というか膝みたいな関節があり普通だが、変なのは後ろ足で、
前の方に開脚しているようで何か変。
上の1匹は卵が体内にあるのかお腹が大きいし、それにシッポに黄色い線があるが
オス、メスの違いなのだろうか?
卵は成体より何倍も大きいが、どこからどのように産むのか不思議だ。

IMG_1882.jpg
つぶらな瞳で瞬きしないし、人間みたいに白目はない。

IMG_1886.jpg
お腹にシマシマがあるが何だろう。
もしかして卵でお腹が膨らみ、人間みたいに妊娠線が出ているのだろうか?
わからない事だらけだが、今後の観察で少しでも判ればいいが。

IMG_1850.jpg
タイチ君の家に寄ると、お母さんからコーヒーなどご馳走になったが、
用事で出掛けられるとタイチ君が、バナナも持ってきてくれたが、
「これどうしたと?」と聞くと、自分でカットして盛りつけてたそうで、スゴイ4年生だ。
お爺ちゃんが船の料理人だったそうで、自分も将来料理人になりたい希望があるようだ。
生き物大好きなタイチ君だから、生物学者などになってくれればと思ったが
言葉をぐっと飲み込んで言えなかった。
でもブログを読んでくれてるようなんで、タイチ君「生物学者」はどうでしょう?

今回は情報、手伝いありがとうございました、またネ。


スポンサーサイト

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

comment

管理者にだけメッセージを送る

自然って

島原や、五島列島なんかは、まだまだ自然が多くありますが、大量伐採などのニュースを見ると、悲しくなります。
自然にほとんど接することなく大人になるなんて、都会の人たちは可愛そうです。
大人の欲や諸々の事情で自然を破壊しているんでしょうが、私達もできる範囲で自然を守っていきたいです。
川おじさんのように、子供に自然や生き物と触れ合わせることは、とても大事だと思いますし、自然の大事さを学ばせる一番いい方法だと思います。頑張ってください。

早春・・

島原半島にも春がちゃんと来ていますね・・

それにしても成体であんなに小さいのですか?

ご指摘のように・・あの成体でどうしてあんなに大きな(太くて長い)卵が出てくるのでしょうか?

他の生物の卵・・でもないのでしょうか?

自然は不思議ですね~

生き物の大きさは・・そこの環境で決まると思います。

日本在来種は、この小さな島国で食物連鎖可能な大きさのが残っているはずです。 鹿にしても、大陸の鹿などの仲間と比較してかなり小さいです。山や川などが小さく、食物の環境が小さいからだと思います。

そんな小さな日本の自然は、弱いので、開発ですぐに環境が変化し、生物が生きられない状況になり、ある種が絶滅したら・・連鎖的に生態系が破壊されると思います。

未来の為に、我々は必至で守るべきです。

No title

先日はかくも貴重なサンショウウオを

近くで見れて幸せ!!

僭越ながら我がブログでも紹介させていただきました。

このブログも参考にアップさせていただきます!!!

メラメ~ラ炭眼鏡さんへ

島原半島の自然も確実に破壊されつつあります。
川が三面コンクリートになり、田んぼのあぜがコンクリートされたり
川からの取水が段差が大きくなり魚達が行き来できなくなったり、
山に入る人が減り荒廃など急速に進んでいます。
いずれも行政が大きく関わっていますが、自然や環境について
感心がなく困ったものです。
子供達に今残っている自然を少しでも見せてあげれればと
思います。
実体験が後で宝物になるのでは。

皮・兄さんへ

そうですよね、自然て不思議な事だらけですね。
だから面白いのかも。

機械屋さんへ

自然界の生物は、その時期にしか見れないものが多く
今回のサンショウウオと出会えたのは良かったですね。
ジオパークのテキストが結びつけてくれたのかも知れませんね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ブログみました。

このあいだは、ありがとううございました.ブログ、みましたよ。ぼくは、まだサンショウオのことはあまりわかりませんが、ブログをみてサンショウオののことがすこしわかりました。 ありがとうございました。また、タイチ君とさそって下さい。

佑成くんへ

小学4年生でしっかりとしたコメント、ありがとう。
小さい川ですけど、メダカやドジョウもいるんですよ。
それにタイチ君がシジミを見つけたようです。
みんなでいろんな所を探検してみてください、面白いものが
見つかるはずです。
また一緒に遊びましょう。

サンショウオが、ふかしました

このあいだ、タイチ君からサンショウオのたまごを2つ分けてもらって育てていました。そして、8日木曜日にたまごからサンショウオが、ふかしました。だから、ふかしたほうのたまごを榎田川に、返してきました。でもまだ、ふかしていないほうのたまごがあるので、頑張って育てていこうと思います。飼い方のヒントや注意しないといけないことを、教えてください。

佑成くんへ

先日、タイチくんからも「孵化しました」と連絡ありました。
私の持っている卵は、もう少しかかりそうですが
先日、サンショウウオの成体が卵を産むのを目撃しました。
後日、ブログで紹介する予定です。
孵化した子供の飼育方法は私もハッキリわかりませんが
冷凍アカムシを溶かしピンセットで与えるかメダカのエサなどを
与え食べるか、いろいろ試して見ることが必要ですね。
何か判りましたらまた連絡ください。
アクセスカウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

川おじさん

Author:川おじさん
川おじさんのブログへようこそ!
川、山、海、池、田んぼ等でいろんな生き物との出会いを楽しんでいます。
無断リンクOK

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。