間近で見せてあげたかった霧氷

IMGP1146.jpg
今日は、今年最後の雲仙岳(妙見岳、国見岳、普賢岳の総称)登山だ。
仁田峠に行くとロープウェイの広場で、観光客の方からシャッターを押してと頼まれた。
いつもの撮影ポイントで、6名様、パチリ。
その後、一緒にロープウェイで妙見駅まで登りながら会話を楽しむ。
何かの縁だろうから、妙見展望所まで付き添って案内する。
本来は、間近に霧氷を見せてあげれたらよかったのだが、普賢岳と国見岳には
霧氷がついているが、ここ妙見岳にはついていない。
折角、東京から来ていただいているのに残念だ。
普賢岳の霧氷を双眼鏡で見て歓声をあげられていたが、足場が滑って危ないので
これ以上案内することが出来ず、ご勘弁を。
次の妙見岳もあり、ここでお別れ、バイバイ。

IMGP1152.jpg
妙見岳より平成新山と普賢岳を望む。

IMGP1155.jpg

IMGP1172.jpg
国見岳山頂手前の狭い歩道は霜でザクザクだ。

IMGP1164.jpg
国見岳山頂より、平成新山と普賢岳を望む。

IMGP1160.jpg

IMGP1162.jpg

IMGP1165.jpg
国見岳山頂のすぐ手前をちょっと入り込み下を覗くと穴があり暖かい風が吹き出している。
離れてみると白煙が上がっているように見える。
今日は外気温が低いのでそのように見えるが、夏場は冷気が吹き出す珍しいスポットだ。
他にも風穴や仁田峠から車で下る途中の石垣、島原の焼山の登山道でも同じように
冷気が吹き出しているスポットがある。

IMGP1173.jpg
国見岳を下山し鬼人谷を見ながら急坂を下ると、紅葉茶屋に到着。
正面の坂を登ること約20分で普賢岳山頂で、右に下ると野鳥観察で有名な
あざみ谷に20分、仁田峠まで40分ほどだ。

IMGP1177.jpg
普賢岳山頂手前の坂、霧氷が残っていて綺麗だ。
でも昼になり、晴天にもなり霧氷が溶け始めている。

IMGP1178.jpg

IMGP1182.jpg
普賢岳山頂の先に見えるのが平成新山。
山頂は日が当たり雪は溶けてない。

IMGP1186.jpg
平成新山山頂。

IMGP1189.jpg
無事、今年最後の雲仙岳登山も達成し後は帰るだけだが、登りはヨイヨイ
帰りはコワイだ。
雪で滑りやすく下りは要注意だ。

今年最後の登山に、東京の松本さん家族に出会えたのもいい記念になった。
後日、松本さんから丁寧な礼文と写真をメールいただきありがとうございました。
また機会がありましたら、ツツジや紅葉鑑賞など立ち寄りください。
今年出会った多くの皆さん、来年もお元気で。


スポンサーサイト

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

東京の松本です。
その節は本当にありがとうございました。
お別れした後も長く歩かれたのですね。
間近で撮影された霧氷を見ることができ、家族全員感動しております。
美しい写真をアップしてくださりありがとうございました。
機会がありましたらツツジや紅葉の時期にまた訪れたいと思います。

東京の松本さんへ

コメントありがとうございます。

ご一緒できて私も楽しかったです。

ツツジや紅葉もいいですよ、是非おいでください。

またお会いしたいですね。

みなさんがいい年になるようお祈りしています。
アクセスカウンター
カレンダー
11 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

川おじさん

Author:川おじさん
川おじさんのブログへようこそ!
川、山、海、池、田んぼ等でいろんな生き物との出会いを楽しんでいます。
無断リンクOK

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク