スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

眉山の倒木とハチ

IMG_0066_convert_20110918225400.jpg
平成新山ネイチャーセンターのカーキさんから、メールが。
眉山に下見に登ったら、登山道を500m程登った所に倒木が道をふさいでいるのと
ハチが登山道の脇に巣を作っているとの内容だ。
写真中央の坂が登山道の入り口で、左側に見える山が眉山(七面山)の山頂。

IMGP0389_convert_20110918221543.jpg
(ビフォー)
休日で特別予定があるわけではないので、夕方から鋸と脚立を担ぎ登ってみると
急な登りになる手前に倒木があるのを発見、良かった。
風で途中から折れたようで、20cm程の大きさだが、これくらいだったら鋸で
十分切れる大きさだ。
ヨイッヨ、ヨイッショ。

IMGP0393_convert_20110918221641.jpg
(アフター)
これで障害が無くなり、通行可に。
もう一つの、ハチは何処にいるのかわからず、夕方で暗くなるので諦めて
脚立を担いで下山。

IMG_4221_convert_20110918221323.jpg
カーキさんにハチの巣の場所を聞くと、メールが届いた。
眉山の登山道で2つめのベンチの所にハチの巣があるそうだが
中腹あたりまで登るのはちょっとキツイ。

IMG_4223_convert_20110918221751.jpg
カーキさんが眉山登山会でおとなしいミツバチでも参加者が巣の側を通って刺されるような
もしものことがあっては困るとの思いからの駆除依頼だ。
登山道(白い線内)のすぐ側の枯れ木(赤丸)の上部ウロに巣を作っている。

IMG_4226_convert_20110918221724.jpg
ミツバチの巣。
ミツバチをスズメバチと同じように殺虫剤で駆除するのは簡単だが、
世界いや日本でもミツバチが謎の激減状態にあり、駆除以外のいい方法をと
思っていたが、ある人の手配で養蜂業者の方に連絡して引き取っていただくことになった。
良かった。

110906騾オ迚呻スア・ア郢昜ク翫Γ陷・スヲ騾・・IMG_4274_convert_20110918220603
カーキさんから写真提供。
ミツバチが帰ってくる夕方からカーキさんが養蜂業者の方を案内。

110906騾オ迚呻スア・ア郢昜ク翫Γ陷・スヲ騾・・IMG_4276_convert_20110918220818
巣をビニールで覆い、上部をチェーンソーで切断。

110906騾オ迚呻スア・ア郢昜ク翫Γ陷・スヲ騾・・IMG_4280_convert_20110918220855
巣の下部を切断。

110906騾オ迚呻スア・ア郢昜ク翫Γ陷・スヲ騾・・IMG_4284_convert_20110918220937
薄暗い写真だが、カメラのフラッシュでハチが興奮してはいけないとのカーキさんのナイス判断。

無事、ミツバチの引越し作業完了。
ミツバチの種類はセイヨウミツバチの黒品種だったそうです。
ミツバチ君達の今後の働きに期待しよう。


スポンサーサイト

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

comment

管理者にだけメッセージを送る

蜂の質問です。

ご苦労様でした。素朴な質問をします!


我が眉山にいる「ミツバチ」は、大半がセイヨウミツバチなのですか?

日本固有の「ニホンミツバチ」は、外来種に居場所を奪われたのでしょうか?

この場合、なにか外来種での影響はないのでしょうか?

両者の見分け方(差異)はどんなところでしょうか?

蜂蜜の味は、ニホンミツバチの方が美味しいのでしょうか?

皮・兄さん へ

 ・ 眉山には両方のミツバチがいますが割合は?です。
 ・ 外来種に居場所を奪われたのでしょうかも?です。
 ・ 見分け方は、ニホンミツバチは黒っぽい色で
           セイヨウミツバチは黄色っぽい。
 ・ ニホンミツバチの蜜が美味しい、高価。

ニホンミツバチはセイヨウミツバチと違い、スズメバチに集団で
対抗する術をもっていたり、農薬などにも対応するなど
優秀なハチです。

お疲れ様でした。

豪快に木を切って持って行くんですね?
びっくりです。

ありがとうございました

がんばれ! ニホンミツバチ!!

No title

蜜蜂を趣味として飼っている1人ですが、駆除しなかった事に賛辞を贈りたいと思います。
引き受けられた方も暗い中での作業、大変だった事でしょう。
私達の仲間は全国に居て、蜜蜂で悩んでいられる方の依頼で蜜蜂の捕獲も行ってます。http://www.honeybee-club.com/
ここでは、色んな人の蜜蜂に関しての悩みや飼育の仕方等を、解決してくれます。日本ミツバチはおとなしくてめったに刺したりしませんが、冬の時期とか蜜源が少ない時は、取り扱いが悪い時はたまに刺します。スズメバチの用に凶暴ではありません。
1度覗いて見て下さい。飼ってみたくなる~~かも~(*^。^*)です。

リィママさんへ

刺激を与えないよう注意して山道を運ぶのは
重くて大変だったでしょう。
新しい新居に慣れてくれれば良いのですが。

ぼっちゃんさんへ

ミツバチが激減していると報道されていますが、
近辺では普通にいるので、減っていると実感はありません。
他にも木のウロに巣を作っているミツバチもおります。
大いに参考になる、HPありがとうございます。
一時期、飼育を考えたことがあったのですが・・・・・。
アクセスカウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

川おじさん

Author:川おじさん
川おじさんのブログへようこそ!
川、山、海、池、田んぼ等でいろんな生き物との出会いを楽しんでいます。
無断リンクOK

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。