スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年もホタルが

IMGP0459_convert_20110607230053.jpg
ホタルの観察を忘れていたというか、今年は遅いだろうとゆっくりしていたら
6月になっていた。
毎年ホタルが飛び始める時期に、クラブ(週2回)の練習が終わる夜9時過ぎに
旧島原市内のホタルスポットを周り観察して帰るのがこの時期の行動パターンだ。

最初に眉山の麓の殿様道路沿いにある、ホタル川(勝手に名付けてる湧水池)に
行ってみると、まっ暗い中に蛍が飛んでいる。
今日(6月3日)は風もなく良い条件だ。
写真は昼間のホタル川で、地面から水が染み出している湧水スポットで
旧島原市内では1番のホタルスポットだ。
この場所でホタルを近くで見るには、真っ暗い中草むらをかきわけて行くが
いつものことながら一人で入っていくには勇気がいるが、深呼吸一つしていざ突入。
ざっと数えても20~30匹はいるが、前日の雨の影響かぬかるんでいて足ベチャベチャ。
ホタルの繁殖実験のためオス、メスを数匹採取していると、ガサガサと・・。
イノシシが動き回っているようで、口笛を吹いて存在を教える、恐い人間がいるぞと。
この辺はイノシシが多く、裏山は湧水があるのでヌタ場になっているので注意。
(昼間のホタル川)

IMGP9313_convert_20110607230653.jpg
2箇所目の観察場所は、島原城のお堀。 (昼間の風景)

IMGP9395_convert_20110607230755.jpg
島原城の夜の風景。
私のデジカメではお堀が真っ暗に写っているが、実際は周りの街灯や自動販売機とかで
明るいが、ホタルの時期だけでもカバーでもしてあげればと思う。
お城の周りは、夜にウォーキングや散歩する方もいて照明にカバーすると暗くなって
危ないという意見がでるかもしれないが、きちんと看板をあげてホタルのことを
知らせれば良いのでは。
ホタルの生息するお堀は覗き込まないと見えない場所で、ウォーキングや散歩していても
知らない人は「エッ、ホタルがいるの?」と、「スゴイ、ホタルがいる、キレイ」と
なるのではないだろうか。
1、2、3・・・10匹ほどホタル確認。

IMGP9301_convert_20110607230545.jpg IMGP9298_convert_20110607230440.jpg
(クリックで拡大できます)
湧水口を覗いてみると、唖然。
底が綺麗にされていて、おまけに錦鯉がいるではないか。
タカハヤやドンコの在来種の生息域だったのに誰が錦鯉を入れたのだろうか?
ここは市のまちづくり課の管轄のはずだから、行政の仕業だろうか。
そこは「自然環境保全区域」と指定しているにもかかわらず、また錦鯉を。
以前、この場所に錦鯉が入り込んでいたので行政に電話で、「ホタルの餌となる
カワニナ(貝)を錦鯉が食べてしまいますよ」と、錦鯉が入らないようしてもらったことが
あるが・・・。
錦鯉がいかに環境(生態系)破壊するのか判っていないらしい。

IMGP1651_convert_20110607230343.jpg
3箇所目は、宇土湧水の下流の小川と、島原第四小学校と地域が連携し
ホタル再生を目的としてビオトープへ。 (昼間の風景)
ここは小学校で繁殖したホタルの幼虫を放流している場所で、たぶん3年ほどになる。
昔のようにホタルが飛ぶ川にしたいという相談があってお手伝いしたことから
毎年、気になって観察にきているが、ちょうどその夜に地区の役員の方とバッタリ。

IMGP9396_convert_20110607230848.jpg
(夜の風景)
ここも街灯と個人宅の窓からの灯りが、まぶしい。
街灯にカバーと個人宅の窓にカーテンを引いていただければ良いのだが。
14匹まではホタルの数を数えたところで、遅くなるので次の場所に向かう。
小川とビオトープのどちらにもホタルを確認できたし数も増えている。

IMGP0484_convert_20110607230246.jpg
最後の観察場所である、恵里神社。 (昼間の風景)
ここは真っ暗、少し前からヘッドライトを消して到着。
宇土湧水の下流と同じく、四小の子供達がホタルの幼虫を放流している場所だ。
神社の湧水に10匹程と下流にもっと多くのホタルが飛び交っている。
いままで最高の数だ。
下流の方に数えに行こうと近づくと、「ワン、ワン、ワン・・・・」と、近づけない。
もう夜の10時半、個人宅があり、真っ暗の中をうろつく不審者としか見えない
だろうし、警察でも呼ばれたら厄介なので帰ることにする。
ここも確実にホタルが増えている、四小の子供達、地区の方々、頑張ってください。

IMGP9454_convert_20110607231048.jpg
採取したホタル君。

IMGP9452_convert_20110607230948.jpg
プラケースにガーゼと底に水を入れ、簡易のホタル君の愛の巣を。
ガーゼに卵を産んでくれれば良いのだが、「ガンバレ、ガンバレ」。

ブログも何とか更新でき、さあ寝ようと電気を消す。
真っ暗い中、天井にホタルが1匹「ピッカ、ピッカ」と・・・、脱走兵がいた。
でもいいや、ホタルの優しく温かい光を見ながら寝れるなんて、最高の贅沢だ。
ホタル君ありがとう、いい夢見れそう、おやすみ。


スポンサーサイト

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

comment

管理者にだけメッセージを送る

蛍狩

昔は蛍狩なんて風雅な遊びがあったのに。今はどーでしょ!お堀はめちゃめちゃです。夕方、自転車で掘り回りを走りますが、ぴっかぴっか。ライトアップより蛍の乱舞のほうが観光客にもウケルはずなのに・・・。今回は普通でしょ?

紅花さんへ

ちょっとした工夫で、ホタルの乱舞が見れると思います。、
この時期は夜の島原城にホタル見学の観光客が押し寄せると
集客UPで、夜の客は宿泊されるし、いいですよね。

すみませんが、無理に普通にすると、何か変。
やっぱり、元の変なほうが、らしくていいです。

No title

今がうちの裏は最高です
昨夜雨がやんだときに見たら数十匹の乱舞が見れました

CB御殿さんへ

今、大雨です。
この雨でホタルたちは、困っているでしょうね。
こちらのホタルはもう終わりかも。
アクセスカウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

川おじさん

Author:川おじさん
川おじさんのブログへようこそ!
川、山、海、池、田んぼ等でいろんな生き物との出会いを楽しんでいます。
無断リンクOK

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。