スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カエルがんばれ!

川辺を散歩していると、ヤマカガシ(毒蛇)が石垣のあっちこっちの穴に入ったり出たりしている。
あまりヘビは好きではないが何してるのか興味がわき対岸に座って見ていると、ヘビが入った
穴からカエルが出てきた、でもそこから動かない何故?
しばらくすると穴の奥からヘビの頭が見えた、カエルの右後ろ足首をくわえていた。
カエルも必死で踏ん張っているので、ヘビが飲み込もうと口を開けたらその瞬間、カエルが右足
を引き逃げ出すものと予想した。
だがヘビは口を開けてくわえなおそうとしないのだが、しばらくすると太ももまで飲み込んでしまった。
ヘビが口の中の筋肉か舌などを使っているのか少しづつ飲み込んでいってる、カエルは両手を
広げ踏ん張ったまま動かない、左足でヘビの顔にキックか、目潰ししろとか応援している自分が
いた。
石を投げてカエルを助けることもできるが、ヘビも冬眠前に栄養をつけなければいけないので
しかたないと思いつつカエルにエールを送った。
でも両足とも飲み込まれ、もはやキックも効かない飲み込んでしまうのは時間の問題となった。
自分がアナコンダに半身飲み込まれたら泣き叫んで暴れるだろうが、カエルは動かない。
ヘビに睨まれたカエルは動けないというがまさにそれなのだろうか。
ヘビは最後に大きく口を開けて飲み込んでしまった。
しばらくして穴から出てきたヘビの腹部は大きく膨らみ、その部分だけピンクになっている。
満足してヘビはゆっくり石垣をのぼり姿を消した。

所要時間20分のドラマだったが、持ってるデジカメのズームが3倍しかなくアップの画像が撮れな
かったのは残念だったが、約20枚ほど時間経過にあわせシャッターを押した。
ビデオカメラを持ってれば一部始終を撮影できだのにと思う。 
そういえばビデオカメラはもってなかった。 是非ほしい機器だ。

両足まで飲み込まれたカエル
DSCF0041-2_convert_20081009004830.jpg
悠然と家路にカエルへび
DSCF0046_convert_20081009005014.jpg
スポンサーサイト

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

comment

管理者にだけメッセージを送る

アクセスカウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

川おじさん

Author:川おじさん
川おじさんのブログへようこそ!
川、山、海、池、田んぼ等でいろんな生き物との出会いを楽しんでいます。
無断リンクOK

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。