スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

島原半島の水環境

2008年7月に法政大学の通信講座現地研究が島原で開催されてから早2年半。
首を長くして待っていた論文集がデジタルデータとしてCDが送られてきた。
7年ほど前に法政大学が島原半島の水質調査を行なうそうで、半島内の川や湧水地など
案内を依頼されて毎回水質調査に同行してきたが、調査方法を教えていただいたり、
毎回いろんな学生とも知り会えたりで貴重な経験をさせていただいた。
今回、CDに編集し送っていただいた学生さんも、今は卒業して中学校の先生と
なって頑張っているそうだ。

現地研究時の記事 (2008/7/27)と、法政大学関連記事は下記をクリック

法政大学通信講座IN島原

さすが法政大学!

法政大学IN島原


IMG_0003-2_convert_20110215231611.jpg
論文集の表紙

12名の論文タイトルは下記の通り

  1.  島原半島における棚田 棚田百選の地にみる保全の取り組みと今後の課題

  2.  「鯉の泳ぐまち」の現状と今後の方向性

  3.  島原半島の水質保全における取り組みについて

  4.  島原半島の観光資源の活用について

  5.  島原半島の地下水と農業の現場と取り組み

  6. 「鯉の泳ぐまち」島原の湧水路での養鯉について

  7.  島原市内・雲仙温泉における水質調査と水環境

  8.  島原市の下水道整備と観光資源の湧水について

  9.  島原市の街づくりと水の役割

 10.  島原半島北部の河川特性

 11.  雲仙普賢岳噴火災害と島原の地域性

 12.  火山災害地域の現状と観光を通した復興について


各論文の内容を要約して記載しようと思ったが、まとめるのに時間が
かかりすぎるのでやめときます。
いずれの論文も内容が濃く、厳しい指摘ありでとてもいい。
私一人が読んで終わりにするには、モッタイナイ。
行政や市民の皆さんにも読んでもらいたいが、公開するには教授に了解をもらったが
良いのだろうか?
日本や海外を駆けまわっている教授で携帯つながるだろうか、やってみよう。

水については日本いや世界中で議論されているが、「水の都 島原」いや
島原半島は安心なのだろうか?
「湧水量は減少してませんか?」、「水質は?」、「硝酸性窒素とは?」
「有明町8箇所の水源の内、5箇所は・・・」、知ってますか?
あなたは「水」について考えたことありますか?



スポンサーサイト

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

comment

管理者にだけメッセージを送る

アクセスカウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

川おじさん

Author:川おじさん
川おじさんのブログへようこそ!
川、山、海、池、田んぼ等でいろんな生き物との出会いを楽しんでいます。
無断リンクOK

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。