スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

615歩は何m?

IMGP7395_convert_20110131235651.jpg
雲仙に行くと、バケツにツララがいっぱい。
水道が凍結しないように水を垂らしていたのだろうが、見事の一言。
おまけに、排水口が詰まってスケートリンクみたい。

IMGP7441_convert_20110131235123.jpg
昨年、初登山の吾妻岳に2度目の登山の予定で、田代原に到着。

IMGP7396_convert_20110131233738.jpg
登山口に向かう手前に小川があるが、全面凍結だ。
普段は放牧された牛が水を飲みに集まってくる場所で、水中にはハヤが
泳ぐのが観察できたが今日は真っ白で何も見えない。

IMGP7438_convert_20110131235021.jpg
真ん中が吾妻岳への登山道。
左側の道が弘法原、あずまの里への九州自然歩道。
右側に行くと、田代原キャンプ場。

IMGP7437_convert_20110131234912.jpg
5分ほど登ると、馬頭神社に到着。
各地に馬頭神社があるが、馬を祭った神社なのだろうぐらいしか判らないが
どうゆういわれがあるのだろう。

IMGP7434_convert_20110131234806.jpg
中の石像が3面(正面と左右)を向いているが、これは何故?

IMGP7431_convert_20110131234657.jpg
登山道は急坂で石ころがゴロゴロで登りにくいし、きつい。

IMGP7409_convert_20110131234007.jpg
50分ほどで、吾妻岳山頂(870m)に到着したが、山頂といっても
何も見晴らせない数少ない山頂だ。
それに狭く、無理な体勢でシャッターを押したら、自分の手が写ってしまった。

IMGP7411_convert_20110131234108.jpg
山頂をの先にベンチと説明板が設置してあるが、この説明板が曲者だ。
昨年初めて登った際に、この説明板に「ここから70m先に吾妻観音が祀られている」と
書かれていて探したが見つけることができなかった。
後で、説明板が間違っていてもっと先にあることを聞き、今日はリベンジにやってきた。

IMGP7413_convert_20110131234211.jpg
下っていくと、吾妻観音発見。
後方に見える山は九千部岳。

IMGP7415_convert_20110131234320.jpg
左側の小高い所と右奥に祠があるが、ここも馬頭神社と同じで、石仏が3面を向いている。

IMGP7428_convert_20110131234453.jpg
北側を見ると、千々石と愛野町辺りの展望がいい。

さあ帰るぞ。
説明板の吾妻観音の距離の間違いを正す為にも距離を計測する必要があるが
何も道具を持っていないので、歩数と所要時間を測ることにした。
  計測の結果
    歩  数   615歩 (上りで歩幅は狭い:足が短い)
    所要時間     7分

説明板の、吾妻観音まで70mの表記を、下記のいずれかに?
  ① 250m (615歩×0.4m≒250m)
  ② 7分

ヨシ決めた、表記の70mの7を残し、0mにテープを貼り、分と書くのは
どうだろう。
あまり頻繁に登る山でないが、忘れなかったら次回登る際、テープとマジックで修正しよう。
ブログをご覧の方で、今度吾妻岳に登る予定のある人いませんか?
よろしかったら、きれいに修正していただけたら嬉しいです。
 



スポンサーサイト

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

comment

管理者にだけメッセージを送る

アクセスカウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

川おじさん

Author:川おじさん
川おじさんのブログへようこそ!
川、山、海、池、田んぼ等でいろんな生き物との出会いを楽しんでいます。
無断リンクOK

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。