スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

献血に行こう

IMGP6838_convert_20101210154805.jpg
今日は、島原市役所へ行き湧水データと地下水・河川・溜池水質データをいただく。
さあ帰ろうと玄関に行くと、視線を感じた。
振り向くと「すみません、献血お願いします」と、「はい、いいですよ」と手続きする。
いつも運転免許書と一緒に持ち歩いている献血カードを渡すと、前回が昨年11月で
今回で19回目だそうだ。
バスに入るとじいちゃん先生から問診を受けるが、傍らに仁田峠の紅葉の写真が飾ってあり
途中からそちらに話が向き、「この写真は所長さんが2年前撮影され賞をいただいた」と
説明を聞きながら血圧測定。
「血圧が高いですね160、話をしながらだったんで上がったかも、採りなおします」と、
130に下がりOKがでる。
昼休みになり駆け込んで来た市役所職員の方も、息が上がっているから高いですね、
もう一度・・・・。

IMGP6836_convert_20101210154555.jpg
子供の頃から注射は苦手だ。
刺すまでの間合いがきらいで、また刺すのを見れず顔をそむけて息を殺して待つ。
以前、看護婦さんから「力を抜いてください」と注意を受けたことがあったが
年を取っても怖いのだからしようがない、冷(ひ)えじご(方言:つめたい尻(弱虫))だから。
中には、あの太い針をブスッと刺すのを眺めている強者もいるそうだが、無理。

IMGP6834_convert_20101210154400.jpg
そうだ、直接見るのは怖いが大きい針が刺さっているのを、後で見ようと
「刺さっているところを撮って、ついでにブログにも使いたいので」と
デジカメでの撮影を看護婦さんにお願いすると、快諾。
「いかにも痛そうな写真を撮って」とお願いすると、「痛そうな写真は撮れません、
献血に来てもらえなくなると困るから・・」と、ウンそうだ一理ある。
ナイスな看護婦さんだ、「大きな針でも、ちっとも痛くなかったですよ」と書かないと
マズイだろう、大きな針もマズイかな?でも小さい針と書くとウソになる、困った。
看護婦さんもノリノリで角度を変え、私に画像を見せながらパチリ、パチリ、パチリ。
慰安旅行でのバス内のような楽しい時間も「400ミリ終わりました」の声で終了。
(手を握ったり緩めたりするのを全くせず時間稼ぎをしたつもりが意外と早かった)
あと200ミリほど採っても良かったんだけど・・・。

IMGP6837_convert_20101210154703.jpg
400ミリ採血で、量は2~3時間で元に戻るそうだが、成分は1ヶ月ほど
かかるとのこと。
水分補充用に、アクエリアスをいただき飲み干す。
他にも卵や歯磨き、コーヒー牛乳、お菓子の詰め合わせなどたくさんいただき
ありがとうございました。
じいちゃん先生、看護婦さん達、次は来年20回目の献血に伺います。
血液の需要が年々増加しており、若い世代の献血者の減少や、冬場~春先は
特に献血者が減少傾向にあり血液不足が心配されるそうです。
献血に協力お願いします。

スポンサーサイト

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

献血は18の時にやっただけだな・・・
しかし輸血歴がありC型肝炎のキャリアになったため献血は出来なくなってしまった

CB御殿さんへ

そういえばこの前手術されたんですよね。
注射の際、針を刺すのを見れましたか?

No title

手術の時は腰から麻酔をうったので針を刺すのは見れませんでした
検査で血を採られる時は見ています

大腿骨骨折で牽引のためドリルで膝の貫通が見られましたよ

CB御殿さんへ

エッ、ドリルで膝貫通・・・・。

目を離さず見ていたの・・・・卒倒しそう、・・・凄すぎ。
アクセスカウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

川おじさん

Author:川おじさん
川おじさんのブログへようこそ!
川、山、海、池、田んぼ等でいろんな生き物との出会いを楽しんでいます。
無断リンクOK

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。