スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう大丈夫だよ、おばあちゃん

IMGP5746_convert_20100914233546.jpg
週末、南島原市口之津町の友人から「隣家の一人暮らしのおばあちゃんから、相談された
のですが、木の中に直径20cm位のスズメバチの巣があり、我が家の庭にも毎日
スズメバチが来ていますが、私は怖くて取れませんが駆除お願いできませんか」との
メールが届いた。
ブログにスズメバチの巣を取るのを何回か紹介したので覚えていての依頼だろう。
でも全くスズメバチの巣の状況が判らないので、写メールで巣の写真を送ってもらったが
巣の位置やハチの種類、数など不明なことが多く駆除できるかわからないが
おばあちゃんが困っているとなれば行くしかない。
「行きます」とメールすると「ハチ・アブマグナムジェット(殺虫剤)はありますから、
防護服の準備をお願いします」と返信メールが届いた。
いままでの駆除は普段着のままでやっていたし、防護服なんて持っているはずないが
とりあえず、川遊び用のタモ網と皮手袋だけ持って出かけることにした。
口之津町の友人宅までは、1時間程の道のりをパジェロミニで急ぐ。
友人宅に着き、隣のおばあちゃん宅に狭い通路(写真左側)を通り庭に。
トタン壁にホンコン(植物)が茂り、手前にはアロエが植えてあったが
ホンコンとアロエの奥(赤丸)に、スズメバチの巣を発見。

IMGP5747_convert_20100914233741.jpg
友人に用意してもらった、殺虫剤と高枝鋏と持参したタモ網を持ち込む。
友人から、「早速お願いします」と声がかかったが、「ちょっと待って、巣とハチの
様子を十分観察し駆除方法を考えないと危ないので」と、時間をかけて観察。
巣の位置、出入り口場所、巣の外を補修・拡張担当のハチの数、飛来する数と頻度等などを
十分チェックし駆除方法を考えないと、防護服なしの普段着での駆除には慎重になる。
巣の入り口の穴から常に2匹が覗いており、補修・拡張担当のハチ2匹が外をうろつき
補修作業をしている。
時々、幼虫を咥えたスズメバチが何処かに飛んで行ったが、分巣するのだろう。
巣を出入りのハチの数は少ないし、頻度も間合いが長い。
ホンコンの葉とアロエが邪魔しているのと、トタン壁の前の太いホンコンの枝に巣が
作ってあり、タモ網を被せるスペースもないし、手前の枝を切り取って網で覆っても
トタン板との隙間ができ、逃げ出して反撃を受ける可能性大だ。
さて、どうしよう・・・・・。
友人が隣のおばあちゃんに「ハチの専門家に来てもらったから」と話しているのが
聞こえたが、専門家ではないし、単なる暇人でスズメバチの巣をほしいだけなのに。
おばあちゃんが「お金は持ってないけど」と、友人が「お金はいらない」と言っている。
最もな心配だろうけど、そんなつもりは毛頭ないので心配御無用だ。
友人とおばあちゃんが様子を見に来たとき、偶然スズメバチがおばあちゃんの横を
通って巣に帰ってきてビックリされていた。
私が頻繁に巣に近づき様子を伺っていたので、「カチカチ」と警戒音を発している。
あの「カチカチ」音がこれ以上近づくと総攻撃に入るよとの警戒音だよと説明すると
友人とおばあちゃんは初めて聞いたと驚いていた。
よし作戦開始だ、二人には室内に避難して開いている窓を閉めてもらう。

IMGP5750_convert_20100914233904.jpg
作戦は、昼間に駆除するとなると巣の中にいる多くのハチ達が飛び出してきたら
面倒なことになるので、狭い通路から近づき巣の補修担当のハチ2匹が巣の裏側に
移動したと同時に布テープで入り口をふさぎ、何があったか混乱する補修担当の
ハチ2匹を殺虫剤で殺すか網で捕獲し、鋸で巣を壊さないよう太い枝を切り取り、
網で覆い布テープの隙間から殺虫剤を注入し完了という作戦だ。
作戦のキーポイントは、巣に1mほどに接近し身動きせず屈んで息を殺して、
補修担当ハチ2匹が同時に巣の裏側に移動するのを確認後、10cmほどに切った
布テープをいかに素早く入り口に貼れるかにかかっている。
もしも発見され攻撃を受けた場合の逃げ道を確認し接近して、息を殺して補修担当の
動きを追うが、なかなか2匹同時に巣の反対側に動いてくれないが焦れたら負けだ。
やっとそのチャンスが訪れ、手を伸ばしすばやく布テープを入り口に貼れた。
外にいた補修担当の2匹が飛んで攻撃に及んだらタモ網でと思ってたが、巣の入り口に
貼られた布テープのところで右往左往しているので、殺虫剤を吹き付けて退治した。
でもここでアクシデントが発生。
マグナムジェット殺虫剤は10m噴射の強力タイプで、至近距離から噴射したので
折角入り口に貼った布テープが剥がれてしまった。
ハチが入口から顔を覗かせ飛び出そうとするところに、殺虫剤を入口めがけて噴射。
数匹が勢いにも負けず飛び立ったが、殺虫剤を浴びてフラフラ状態で攻撃してくる
元気もない。
1匹は途中で落ちた、残りも時間の問題だろう。
巣の中のハチも全滅、巣を傷つけないよう鋸で枝を切り取り、巣を採取し完了。
この駆除方法は、今回は成功しただけで推奨できるものではなく、多少金はかかるが
専門の業者に任せたほうが良い。
巣の近く1mほどに身を低くし気配を消して待機し、ハチが飛んできても決して動かず
やり過ごすスリルはなかなか味わえないが、次はもっと安全な駆除方法を考えないと
いけない。

IMGP5753_convert_20100914234021.jpg
小さい枝が巣に伸びていたようで、一部穴が開いてしまった。
そこから、幼虫が元気にうごめく姿が確認できる。

IMGP5758_convert_20100914234404.jpg
ハチ・アブマグナムジェットは、アース製薬の製品。
バズーカ砲方式のガンタイプで、狙いやすく、大量に遠くまで(10m)噴射でき、
遠くのハチの巣、手の届かないところにいる害虫、近づくのが怖い害虫などの
退治には最適な一品だ。
適用害虫は、アシナガバチ、クマバチ、ミツバチ、アブ、ブユ、クモ、ヤスデ、ゲジ、
ケムシ、ムカデ、カメムシ、羽アリとなっている。
これからのハチの巣駆除に、強力な助っ人だ。
これだけ宣伝したらメーカーから、「ブログを見ました、ありがとうございました、
1箱送りましたので、ハチの巣駆除にお使いください」とならないだろうか。
ついでにもう一つ。
SONYのビデオカメラ CX370Vはハイビジョン画質が素晴しく綺麗で、
歩きながらの撮影でも手ブレ補正が半端でなく、小型軽量で、自然観察用に
素晴しいグッズ、さすが世界のSONYの製品で、是非ほしい一品だ。
メーカーの方、商品待ってます。

IMGP5756_convert_20100914234244.jpg
友人とおばあちゃんに駆除したハチの巣を見せて終了。
おばあちゃんに喜んでいただき、良かった良かった。
そうだ忘れていた、餌取りに出かけていたハチが帰ってきて、同じところに
巣をまた作ることがあるので、おばあちゃんに了解をもらい、周辺のホンコンの枝を
短く刈り取りこれで本当に完了。
残ったハチがしばらくの間、巣のあったところに寄ってくるで、近づかないよう説明。
もう大丈夫だよ、おばあちゃん。




スポンサーサイト

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

comment

管理者にだけメッセージを送る

スズメバチ駆除

先日はお疲れ様&ありがとうございました。 
その後スズメバチは全く見かけなくなり、隣家のおばさんも何回も「おかげて良かった」を連発していました。
さて、毎年我が家の裏庭には、アシナガバチが3個位は巣をつくるのですが、今年は春先以降ほとんど見かけないこと、代わりにスズメバチが常時見えることで、どこか近くにスズメバチの巣があるかもと思っていました。
 ハチは家内の天敵で、今度さされたら「貴女は死にます」と医者からおどされていたので、私もハチの巣には気をつけていました。
しかし、今年は家内も亡くなり、私にとっては益虫のハチの巣を駆除することはまずありえなかったのですが、隣家にスズメバチの巣
があるとなると話は別です。早速スズメバチ巣捕獲名人に頼むことにしたのでした。 その節は本当に有り難うございました。

コマドリおじさんへ

こちらこそお世話になりました。
スズメバチが全く見かけなくなったのは良かったです。
捕獲名人ではありませんが、マグナムジェットの威力は絶大で
今後の駆除が安全に行えるグッズだと思います。
いただいたマグナムジェットは今後機会がありましたら
使わせていただきます。

No title

毎度すごいですねぇ・・・
1メートルの距離での待機、そして二匹の動きを見ての決行。
その作戦やら行動やら勇気やらはもちろんですが、な~んでそこまでスズメバチの行動を御存じなのか! 読んでいて笑いそうになってしまいましたっ

つい先日別の方(この方もかなりの専門家)のブログで、山に入っていたら他の人(他人)がオオスズメバチに5か所も刺された、と。幸い無事だったそうですが。
川おじさんさんの以前の写真で、スズメバチより遥かにデカイのを見ていたから、読んでいて怖かったです。

magnum

無事で何よりでした!!

今年は どうなんですかね?

スズメバチは多いのでしょうか???

岩淵さんへ

コメントありがとうございます。
スズメバチ駆除は素人に毛が生えたくらいで専門ではありませんが
特別怖さは感じず、飛来してもジッとしているのが良いのかも
知れませんね。
今回も1匹が向かってきましたが、卓球をやっているお陰で
飛んでくるものに反応し直前で叩き落としました。
試合では空振りもよくありますけどね。
それに現場の状況と観察はじっくりやっているつもりです。
岩淵がされている雲の観察と同じではないでしょうか。
でも私の方は、無防備で馬鹿げた事をしているのかも。

翔丸さんへ

コメントありがとうございます。
今回は無事でしたが、次はどうなのか?
もう1件、ミツバチの駆除を頼まれているのですが、
それは簡単かも。
最近、テレビでスズメバチの駆除の番組(危険生物特番など)が
各局で放映されているのを見かけますね。
個人的には、スズメバチは昨年ほど多くは見ていませんが・・・。

No title

家も去年今年とヒメスズメバチの巣掛けに気づくのが遅れ
ハラハラしながら、巣の駆除をしました。
我が家では、工作に使う「3Mのスプレー糊77」を使用しました。
殺虫剤は即効で効く気がしなくて、粘着力の強い77の
出番となりました。
巣に戻ってくる蜂も、巣の中にいる蜂も、ひとふりで飛べなくなります。
入口からでてくる蜂に吹きかければ、地面にぼとぼと落ちていきます。
後でかき集めて、殺虫剤で処理しましたよ。
残量が問題なので、新品を使う事をお勧めします。
コメリにも¥2000弱で売ってますよ。

tasque yamada さんへ

コメントありがとうございます。
スプレー糊77を使うとは、考えつかなかったですね。
今度試してみます。
アクセスカウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

川おじさん

Author:川おじさん
川おじさんのブログへようこそ!
川、山、海、池、田んぼ等でいろんな生き物との出会いを楽しんでいます。
無断リンクOK

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。