スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白土湖のハーベスタ

IMGP5200_convert_20100801234525.jpg
今年も、白土湖にはカナダモが繁茂している。
毎年カナダモの除去作業と水質などについて記事にしてきたので、今回はちょっと変更。

CIMG7575_convert_20100817224520.jpg
09年12月2日の記事「今年もまた白土湖のカナダモ除去」で、
”大村競艇場から無償で借りた水草除去用マシン(ハーベスタ)だそうだが、
錆びた洗車が浮いているようなマシンで写真を撮りに行ったら、返却されたそうで
残念だが、写真は撮れなかった”と書いたら、大村競艇場の方が「大村競艇」で
検索したら,このブログに行き着き、記事にリンクさせてとのコメントがあった。
「リンクOKです、もしよかったら水草除去マシンの写真と仕様をいただけない
でしょうか?」と返信メールをしたら、上のマシン写真数枚と説明をいただきました。
その後「24日から1週間ほど作業員も含め、島原に貸し出すことになりました」との
丁寧なメールをいただき感謝です。
今年こそはマシンをじっくり観察しようと、はりきって出動。

IMGP5171_convert_20100801233623.jpg IMGP5172_convert_20100801233745.jpg
推進用の回転羽(停泊時の状態)             水草除去用カッター

IMGP5174_convert_20100801234008.jpg IMGP5173_convert_20100801233851.jpg
水草除去用カッターの縦方向の歯:ハサミのように動く     水草除去用カッターの横方向の歯
                 (クリックで拡大できます)

IMGP5214_convert_20100801234628.jpg
水深1mほどのカナダモを刈り取りながら進み、コンベアで船の中央部に積み上げられる。

IMGP5216_convert_20100801234741.jpg
中央部に溜まったカナダモはコンベアで後部に送られる。
方向を変える時は、左右の回転羽の回転で向きが変わる。

IMGP5217_convert_20100801234841.jpg
満タンに溜まると帰還。

IMGP5189_convert_20100801234308.jpg
待ち構えていた船に後部からカナダモを降ろす。
(船には網が広げられて、その上にカナダモが降ろされる)

IMGP5199_convert_20100801234424.jpg
船に積み込まれたカナダモは、岸で待機していたクレーンで降ろされ、それをユンボで
トラックに積み込まれブーと運ばれ終了。
大村競艇さんのハーベスタのお陰で、4日ほどでカナダモの除去作業終了。
ありがとうございました。

カナドモは水面から1mほどが刈り取られただけで、この作業は恒例行事となって
高額な処理費用が発生しているが、そろそろカナダモ全滅プロジェクトを企画しないと
いけないのでは?

スポンサーサイト

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

comment

管理者にだけメッセージを送る

水草

徳島の 一部の川でも

布袋葵
カナダモ
ウォーターレタス
あと、名前忘れましたけど

大量発生したりします。

船のスクリュウー に
絡むのが 問題だったり

処理費用や 作業の仕方も
考えないといけませんね~!

No title

はじめまして

すごいマシンがあるもんですね!

おどきました!

翔丸さんへ

ウォーターレタス(正式名:ボタンフラワー)は特定外来種で
ホテイアオイとカナダモは外来種ですが、特定外来種は
処理の方法(移動、運搬が禁止されています)が違いますので、
注意が必要です。
一度繁殖すると中々、絶滅させるのは難しいようです。
コメントありがとうございます。

オサシさんへ

このハーベスタ(水草除去機)は、ジャパンレイクアンドキャナル(株)社製です。
型番:H-1500の特注品のようです。
社名で検索すると、最新のマシンが見れると思います。
コメントいただきありがとうございます。

No title

イヤー、原理丸出しで面白そうな機械ですね。

チョット運転してみたいような気もします。

(これって免許いるの??)

出来れば小型版でも作ってみたいな!!

機械屋さんへ

いいですね、是非作ってください。
1回分、数百万の経費を考えると、1回分の値段でできれば
行政も買うのでは?毎年のことですから。
私も一枚加えていただき、小遣い稼ぎを・・・・。
以下の改良点を付け加えていただければと思います。
 ・水深1mほどの水草しかかりとれないので、もう少し
  深い所まで刈り取れる構造に。
 ・湖底は傾斜があり、傾斜に合わせて稼動する装置。
 ・刈り取った水草を、仲介の船を介さず岸に荷降ろしする構造。
 ・オプションで、水草の根っこを引っ掛けて根こそぎ採る構造。
 ・
 ・
こんなものでいかがでしょうか?
うまくいったら特許申請し、全国にと夢が膨らみます。
 

No title

了解、

構想連絡会でも開きましょうかね

来月にでもお伺いします。

No title

今日は、ありがとうございました♪

大切に、頑張ってコガタノゲンゴロウの子孫繁栄に緒戦します^^

そういえば、株分けして頂いた、スイレンも元気に、

たくさん新しい葉っぱを付けてて、あとは花を待つだけ

ですよ。

株分けすると元株の方も花付きが良くなるといいますが、

そちらは、どうでしょうか?

イモリ大好きさんへ

こちらこそ、ザリガニありがとうございました。

持ち帰って、発砲スチロールの箱で飼育開始です、

グログにもアップ。

ハスの方はあまり変化はなく、いままで花が咲いた

記憶がありませんが、今年こそ咲いてくれればよいのですが。
アクセスカウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

川おじさん

Author:川おじさん
川おじさんのブログへようこそ!
川、山、海、池、田んぼ等でいろんな生き物との出会いを楽しんでいます。
無断リンクOK

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。