スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨といえば!

IMGP4762_convert_20100625234206.jpg
雨といえば、普通はナメクジでしょう。
山中の木にへばり付いているナメクジ発見、それも巨大なヤマナメクジ君だ。
大きくて、背中に一列に点々があり、側面には茶色い線が入っている間違いない。
昨年も、同じ梅雨時期に仁田峠からロープウェーに登る途中の歩道で出逢って
今回で2度目になる。

IMGP4763_convert_20100625234320.jpg
前から見ると、モスラーやモスラーと歌いたくなるほど「モスラ」に似ている。

IMGP4764_convert_20100625234437.jpg
しばらく手の平にのせ遊んでいると、手の平を何かで引っ掻くような感覚。
木々の苔などを食べるそうなので、かじっているのだろうがあまりいい気持ちじゃない。
ひっくり返して見ると、お腹を見せるのが恥ずかしいのか、すぐに体を捻って戻ろうとする。
こいつめ、怖くて失禁、いや失ウンコしている。
そうか、シッポの先でなくそこに肛門があるんだ、それとウンコが緑色ということとは
苔などを食べてるというのも理解できた。
よし、持ち帰って木に付いた苔を与え食べるか観察してみよう。

IMGP4753_convert_20100625233824.jpg
雨といえば、普通はカエルでしょう。
雲仙の白雲の池で、カエルの子供オタマジャクシを発見。

IMGP4751_convert_20100625233616.jpg
水深の浅い場所に、おしくらまんじゅう(押し競饅頭)するように集まって真っ黒。
ゲンゴロウやタイコウチ、ミズカマキリの餌用に、普段から持ち歩いているコンビニ袋に
一掬いで100匹ほどが掬えた。

IMGP4768_convert_20100625234048.jpg
さあオタマジャクシ君、ゲンゴロウかタイコウチの水槽どっちに入りたいか二者選択だ。
ゲンゴロウの水槽だったら、頭からかじられ木っ端微塵に。
タイコウチの水槽だったら、捕まれ口から内部が溶ける液を打ち込まれ、ドロドロになった
体液をストローみたいに吸われカラカラに干からびる。
私からのお勧めは、やはりタイコウチであまり痛くなさそうだから、これに決めたら?

IMGP4778_convert_20100626231134.jpg
雨といえば、普通はカタツムリでしょう。
でも「最近、カタツムリ見ないよね」と何人かから聞かれたことがあったが
よし探してみようと雨の中庭に出て、カタツムリはやっぱりアジサイだろうと
葉の裏を探すがいない。
他をウロウロ、キョロキョロしてると、コンクリートのブロック塀を移動中の
カタツムリ君を発見。
カタツムリ君は手に乗せても、動きがノロノロで写真は撮りやすい。
巨大ゲジゲジを手に乗せて撮影するのに苦労した時を思うと、断然楽でいいモデルさんだ。

IMGP4780_convert_20100626231405.jpg
他にも2種類のカタツムリ君発見したが、触ると頭を引っ込めてしまい中々出てくれず、
葉っぱに乗せて10分ほどしてやっと出てくれたので、触らずに撮影。
でも以外に探してみるとカタツムリはいるもんだ。
最近見てないあなた、雨天の中探すといるかも、葉っぱの裏や植木鉢など。

スポンサーサイト

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

ゲンゴロウ元気みたいですね^^

こちらは、クロゲンから一命幼虫が誕生して、餌に苦慮してます。
一命幼虫の餌は、なかなか大変ですねーーー
早く脱皮して、二命幼虫になると良いのですが♪

No title

クロゲンが出産したんですか、スゴイ。
家の水槽は昨日、水換えしたのですがまだみたいです。
今度、見せてください。

No title

九州地方の雨は大丈夫ですか?
埼玉は今、雷がなっています。

ナメクジは見ますが、こんなに大きいのは見たことがないですね。
カタツムリは最近、見てません。いるのかしら。

オタマジャクシ、欲しいです。
タイコウチ、大量発生してしまいました。
3令2匹を筆頭に、2令、初令と30匹ほど・・・
いちいちの餌あたえ、餌捕まえに追いまわされます。
近所になかなか良い池、沼がないので、離すにも遠出が必要です。
共食いで少し間引かれればいいのですが・・・

松本さんへ

島原は明日も雨予報です。

大きいヤマナメクジは、雲仙の高所の山中でしか出会えないですね。
山はいろんな生物の宝庫で楽しいですね。

近ければ、オタマジャクシを届けれるのですがかないませんね。
タイコウチの餌やりは大変ですよね。
私も仕事から帰って夜の1時間は餌やりで苦労したのを
思い出しました。
タイコウチは少し大きくなったら、広いプラケースに離し
飼育していましたが、弱肉強食の環境で飼育して共食いも
可でした。
タイコウチは待受け型でじっとしているので、けっこう飢餓に
強いみたいで、毎日餌を与えないこともありましたが、
様子をみてみたらいかがでしょうか。
でもいつかは、飼育できる分だけ残して放流も考える必要が
ありますが、小学校などでほしいという学校はないでしょうか。
アクセスカウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

川おじさん

Author:川おじさん
川おじさんのブログへようこそ!
川、山、海、池、田んぼ等でいろんな生き物との出会いを楽しんでいます。
無断リンクOK

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。