スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憧れの君はタガメ君

IMGP4359_convert_20100511214542.jpg
前回の「憧れの君と!」ではもったいぶった書き込みになってしまった。
でも、「タガメを採ったぞ~」では、念願のタガメに対面したのに、
軽いタイトルになってしまうので、今までの思いを書き込んでいたら
あのような書き込みになってしまった。
九州でもタガメの生息地は何箇所あるだろうか?
絶滅危惧種に指定されている稀少種で、子供の頃会って以来で
もう目にすることはないと諦めかけていたから尚更だ。
水辺を網でガサガサして入ったときはビックリたまげた。
数年前、島原半島にもいるのではと探索したことがあったが確認できなかった。
確実ではないが、とある情報を得て休日を利用し遠征し里山の池を巡っての発見だった。
水生昆虫の王様であり、迫力満点、かっこいい。

IMGP4365_convert_20100511214712.jpg
早速、水槽を用意し飼育開始。
お腹がすいていたのか、呼吸するシッポを空気中に出し逆さま状態になり臨戦態勢、
餌用に入れた大きなオタマジャクシに狙いをつけているようだ。

IMGP4369_convert_20100511214949.jpg
「カエル君やドジョウ君、危ないよ」と声をかけるが、「お前がタガメの空腹を満たすよう
俺達を入れたくせに、よく言うよ」と返事が・・・・・、そうだった、ゴメン。

IMGP4392_convert_20100511215752.jpg
下からアップで見るとスゴイ。
こんな風に上から睨まれたら足がすくんでしましそう。

IMGP4366_convert_20100511214836.jpg
カエル君はストレスに耐えかねて、水面に顔を出し、ハアハア。
あの腕で捕まれて、尖った口で体内が溶ける液を注入され、ストローのように体液を
吸い取られ、干乾びる運命にあるのだからあたりまえだろう。
「太っていないから、脂肪吸入必要ないよ」とカエル君は苦しいギャグ。

IMGP4397_convert_20100511215904.jpg
産卵用に5cmほどの木を水槽の中にセット。
二世誕生が待ち遠しい。
タガメは、産卵した卵をオスが乾かないよう水をかけたり外敵から守るが、メスは他の卵を
守るオスを誘惑し守っていた卵を壊す習性があり、また体の大きいメスは空腹だとオスを襲い
食べるというから、産卵後は速やかにメスを隔離し餌を多く与え、次の交尾の際
オスを襲わないようしないといけないので大変だ。
人間界も、オスは食べられはしないが、メスの手の平から抜け出せない。(また一言多い・・・)

IMGP4385_convert_20100511215426.jpg
ゲンゴロウもタガメ水槽に同居しているが、動きがすばやくタガメも手が出ないし、
タガメの食べ残しを、肉食のゲンゴロウが処理してくれる。
写真は、一緒に採取してきたゲンゴロウ。

IMGP4381_convert_20100511215317.jpg
クロゲンゴロウがヤゴに襲いかかり、集団で食事中。
大型のヤゴだったが、腹の中ににも頭を突っ込みきれいに平らげ、ご馳走さん。
ヤゴは抜け殻のような状態になってしまった。

IMGP4388_convert_20100511215534.jpg
上のほうに浮いてるカブトムシのメスに似ているのは体長3cmほどのガムシ。
下からガムシを眺めると、胸のところが銀色に輝いていて、空気を蓄えいるのがわかる。
ガムシは草食なので、水草を入れた別水槽に飼育。
ガムシは、産卵するとき粘液をだし浮島を作り産卵するそうで、手がかからないいい子だ。

IMGP4389_convert_20100511215646.jpg
ヤゴもタガメやゲンゴロウの攻撃をかわし、メダカを襲う、シッポから食べてあと半分。
タガメ水槽では、タガメを頂点として弱肉強食が繰りひろげられている。
こうも食欲があると、餌の確保が今後の課題だ。

IMGP4343-crop_convert_20100511214207.jpg IMGP4345-crop_convert_20100511214331.jpg
採取池にはイモリもウヨウヨいたが、表と裏(赤腹)の撮影が終わったら開放。
ブニョブニョしているイモリの体は、脂肪のたまった自分の腹を触っているようで
あまりいい感触でない。

今回の採取遠征では、小さい池だったが水生昆虫の宝庫ですばらしい生態系が
見れた。
タガメ、ナミゲンゴロウ、クロゲンゴロウ、シマゲンゴロウ、コシマゲンゴロウ、
ガムシ、タイコウチ、ミズカマキリ、ミズスマシ、アメンボウ、イモリ、ドジョウ、
各種ヤゴ、サワガニなどなどいっぱい出会えたが、土手にはシマヘビ君が
俺もいるよ姿を見せてくれた。
島原半島にもこんな水生昆虫の生息できる環境を作れないものだろうか。
いや、いい環境の場所は作らなくてもある。
水生昆虫の楽園計画を考えてみよう。

スポンサーサイト

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

やっぱりタガメは格好がいいですね。
甲虫の陸王者がカブトムシとすると、水王者は間違いなくタガメです。

餌が大変と思いますが、うまく繁殖に成功するといいですね。

私のほうが、ヤゴが2匹(おそらくヤンマとイトトンボでしょか)、タイコウチ、エビになりました。早々にメダカは餌に…

No title

先日はお世話になりました。
久々に、タガメの獰猛な顔つきを目にし、小さい頃、何度か(だけですが)見たことを懐かしく思い出しました。

No title

松本さん、コメントありがとうございます。

タガメかっこいいでしょう。
でも、タガメの水槽は食べた餌のため、水質がすぐ悪化するのと
餌の確保が大変で、今度餌を採取に出かけようと思います。

タイコウチの飼育では、私は不精してあまり手をかけなかった
のですが意外と飢餓にも強いようです。
オアシスを入れておくと、夜に産卵しに上がって、シッポをたて
産卵しますので、オアシスの上も観察ください。

No title

しんのじさん、コメントありがとうございます。

こちらこそ、カレー美味しかったです。

最近、タガメを知らない方(大人も子供も)が多く、
反応していただきうれしいです。
水生昆虫のタガメやゲンゴロウなどは、いまでは
図鑑でしか見れないのでしかたないですね。
今度、水生昆虫を小学校や幼稚園などに預けて
子供たちに見てもらおうかと思っています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

自然大好き♪

こんにちわ♪
先日はお世話になりました。

楽しいお話ありがとうございました。
メンバーも大変喜んでいました!!
次回は実地体験コースをよろしくお願いします。

No title

ロハス長崎★リーダー さんコメントありがとうございます。

誘っていただき、また長々と取り留めのない話を

喜んでいただき恐縮です。

機会がありましたら、また伺います、その際は宜しくお願いします。

No title

はじめまして
今年からゲンゴラーの仲間入りして、ゲンゴロウで検索してここにきました。近くに水生昆虫が取れる環境があって羨ましいかぎりです。ところで質問なのですが、写真のカエルの種類は何ですか?
子供の頃見たことあるような気がするのですが、種類が分かりません。突然ですいませんが、教えてください。

神奈川人

コメントありがとうございます。
タガメの採取池から、餌用になると思って持ち帰ったカエルで、
多分、トナサマガエルだったと思います。
水生昆虫も最近減少しているようで、山間部の池などを
探索してもなかなか見れないですね。
アクセスカウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

川おじさん

Author:川おじさん
川おじさんのブログへようこそ!
川、山、海、池、田んぼ等でいろんな生き物との出会いを楽しんでいます。
無断リンクOK

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。