スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログでの出会い!

IMGP4287_convert_20100504222757.jpg
昨年の今日(5月3日)島原城のお堀に水生昆虫を採取しに来て丸1年。
巷はゴールデデンウィークで帰省や観光で賑わっている中、私は地味に近場の島原城のお堀で
金のかからない水生昆虫採取で楽しむのと、ある期待があって出かけて行った。
城には鯉のぼりが泳いでいる。
お堀周りは草が茂りいい条件だ。

IMGP4286_convert_20100504222635.jpg
黄色い花が咲き、きれい。
いつものポイントに土手を歩いて行くと、60cm程のライギョが驚いて逃げ去る。

IMGP4288_convert_20100504222909.jpg
いつものポイントに行くと先客が2人あり、「Mさんですか?」と声をかけると
「ハイ、Sさんですか?」と返事があり、ある期待がかなった瞬間だ。
実は、ブログにゴールデンウイークを利用して島原の実家に帰省し何をしようと
PCで検索していてこのグログにたどり着き、お堀の水生昆虫のタイコウチを
是非見てみたいので、子供と水生昆虫採取をしようと思っているとのコメントを
いただき、お堀の採取ポイントをメールで教えていたので、行かれる日は
判らなかったが、もしかして会えるのではとの期待があった。
お父さんと息子さん(中1)で採取に来られたそうだか、ガサガサしても
全く採取できずに「Sさんがいてくれたら」と二人で話していたところに、
現れて声をかけられたので驚かれたそうだ。
私もまさかピッタリのタイミングで会えるとは、偶然というか何かの
お導きだったように思える。
ガサガサでの網の使い方とポイントを指導すると、ミズカマキリやマツモムシ、
ヌマエビ、スジエビ、いろんなヤゴ、淡水のシジミ(?)などが面白いぐらい
採取でき、面目躍如だ。
「これは何ですか?」と質問を受け説明していたが、肝心のタイコウチがまだ採れず
私も本格的に採取に加わると、すぐにタイコウチをゲット。
タイコウチは枯葉の色と同色で見分けがつきにくいので良く目を凝らして見ないと
判らないが、ガサガサした網の中身を広げ暫くそのままにしていると、ゴソゴソと
枯葉の中から這い出してくるので採取できる。
するとお父さんと息子さんにも次々にタイコウチをゲットし、笑顔だ。
それにお父さんが、今年生まれのコオイムシ(絶滅危惧種)を捕獲、すごい。
お爺ちゃんや奥さん、娘さんはお堀の上かな眺められ、「よろしくお願いします」と
声をかけていただいたり、お土産までいただき有難うございました。
今日は、ミズカマキリデーのようでいっぱいゲットできたが,昨年はもっと
タイコウチやコオイムシ、フナの稚魚達がいたのだが鯉やライギョに食べられて
しまったのだろうか・・・・・。

IMGP4295_convert_20100504223341.jpg
ミズカマキリはシッポを空中に突き出して呼吸をするが、シッポは円筒形になっている
のではなく、よく観察すると判るのだが2本のシッポを合体させ筒状にしている。
時々シッポが2本の状態で泳いでいるのを見かけることもあるが、死んだ時ははっきりと
2本になっているのが判る。

IMGP4290_convert_20100504223018.jpg
タイコウチ(太鼓を打つ姿に似ていることから付いた名前)はやっぱり一番カッコいい。
2本の腕で獲物を捕まえ、尖った口先を刺して体内を溶解する液を出して、ストローのように
吸い込み、ご馳走様でしたとなる。
噛まないと脳の働きが鈍くならないのだろうか? 
人間も固い物を食べなくなっているので、いつかタイコウチのような尖った口に退化
するのではないだろうか、皆さんも安い硬い肉や煎餅を食べては・・・・。

IMGP4283_convert_20100504222515.jpg
カエルの卵がジェリー状に大きい塊であっちこっちにあったが、まだ孵化は始まっていないが
何の卵だろう。
暖かい日が続いているので、もうすぐオタマジャクシの誕生だろうが、タイコウチや
コオイムシ、ミズカマキリなどがお腹を空かして待ち構えている。

IMGP4294_convert_20100504223229.jpg
タイコウチを見たいというこの採取だったが、息子さんから是非埼玉に持ち帰って飼育してみたいと
希望があり、タイコウチとミズカマキリを数匹ずつと餌用にメダカ、オタマジャクシ、カエル、
ヤゴ、エビなどをケースに入れる。
採取した他のミズカマキリ類はまたお堀に離して来年の出会いをお楽しみということで終了。
自分で採った昆虫を飼育してみたいというの気持ちはよく判るが、都会では餌の確保が大変だが
頑張ってほしいものだ。
後日、タイコウチの飼育や繁殖方法の記事を書いてバックアップしてあげたいと思う。

ブログにコメントをいただいた方で、メールをやり取りし直接お会いするのは
これで4人目だが、グログのお陰でいい出会いがあり、感謝、感謝だ。


スポンサーサイト

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

comment

管理者にだけメッセージを送る

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

いい出会いが、あったみたいですね。

シジミもいるのですね♪

今度、私もシジミに出会ってみたいです。

ミズカマキリも、最近、あまり見ませんよ。



No title

イモリ大好きさん、コメントありがとうございます。

ブログのお陰で、いい出会いに恵まれて嬉しいかぎりです。

自然や生物だけでなく、どんな人との出会いがあるか

楽しみです。

No title

ありがとうございました。
息子も大喜びでした。

本日、早速、水槽に飼育環境を整えました。
試行錯誤してみます。

No title

息子さんに喜んでいただき良かったです。

息子さんが自分でタイコウチを捕まえた時の

ヤッターという表情がなんともいえないいい顔でしたね。

餌の確保が大変と思いますが、頑張ってください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

タガメブログ見ました

始めまして(^_^)

ペンネームはマロンといいます(^_^)
少年時代から憧れてたタガメを今年から探して見ようと思いタガメで検索してたらここにたどり着きました(^_^)
先月長崎のバイオパークと言う場所で、偶然に生きたタガメを見て、昔必死で探した(見つかりませんでしたがf^_^;) )自分を懐かしく思い出しました(^_^)
五年前まで大阪に住んでいましたが、私が小学生の時は近所の池でミズカマキリやゲンゴロウを採取したりしてました
今は自然が多い九州北部に永住して休日を利用していろんな場所に出掛けてます(^_^)
機会があれば、何処かで出会うかもです
(^_^)
これからもよろしくお願いします(^_^)

マロンさんへ

コメントありがとうございます。

だいぶ暖かくなってきましたが、タガメ君やゲンゴロウなども
そろそろ活動開始かと、思います。
何処かで出会えたらいいですネ。
アクセスカウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

川おじさん

Author:川おじさん
川おじさんのブログへようこそ!
川、山、海、池、田んぼ等でいろんな生き物との出会いを楽しんでいます。
無断リンクOK

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。