スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

啓蟄だよ出ておいで!

IMGP3109_convert_20100206135737.jpg
今日は曇り時々小雨の天気だが6日は「啓蟄」、生き物たちが待ちわびていた日だ。
さあ土の中から、眠たい目をこすりながら出ておいで。
そして隠れていずに起きたら「おはよう」と挨拶するのが礼儀だから、私の前に現れて
一人ずつ自己紹介してくれれば最高なのだが。

山を歩くといろんな卵を目にすることがあるが、採取したものを紹介します。

昨年、倉庫の大掃除の際に変なものがぶら下がっているのを発見。
そういえば以前から目にしていたがあまり気にしてなくそのままにしていてた。
ストッキングに何か詰めてあるようにしか見えないが、ストッキング状のものは
伸び縮みして弾力があるが、蜘蛛の糸みたいでもあり、何者が作ったのだろう。

IMGP3141_convert_20100206135843.jpg
そっと上端をつまみ、例によって袋に採取。
ボロボロと粉が手に付くが、既に生まれた後だろうか?
採取したストッキング状のものも、一緒に入れたはずだが何処にも見当たらないが
溶けたわけでもないだろうに不思議だ。
さて何の卵だろう。

IMGP3432_convert_20100206135953.jpg
これも何の卵かわからない。

IMGP3434_convert_20100206140107.jpg
これは何かが抜け出した後の脱け殻と思えるが、指で押しても弾力があり元に戻り
丈夫だが誰が作ったのだろう、不思議なものだ。

IMGP3441_convert_20100206140224.jpg
これはオオカマキリの卵。
野山に行くと、あっちこっちで良く見かけ採取しては、部屋や水槽小屋など置いているが
忘れていると、各所で子カマキリがいたる所でウジャウジャと生まれ大賑わいになる。
そういえば先日友人宅にて、女房に頭が上がらない男3人で「女房は強いよね」との
話題の中で一人が、「カマキリは交尾が終わって、オスがフ~と一息ついた時、
メスカマキリに捕まり食べられてしまうんだ」とか、「鯛釣りに行って、釣れた鯛が
メスだったらもう一度釣り糸をたらすと居なくなったメスを探すオスが釣れるが、
オスを釣り上げたら、釣り糸をたらしても薄情なメスはすぐいなくなるので
場所を変えたほうがいい」と、もう一人も先日買い物に行った時見かけた光景で
「ご主人が店頭で商品を熱心に見ていたら、後ろを通りながら奥さんがそんなもの要らない
の一言」を見てどこもいっしょだなあと、男達の弱さを嘆くではなく棚上げして、
女の強さ薄情を言い合って傷を舐めあい友情が強まったが・・・・。
カマキリから大脱線してしまった。

IMGP3572_convert_20100219231356.jpg
何ハチの巣だろう、黄色できれい。

IMGP1869_convert_20100206141242.jpg
コンクリートブロックの下にあった、トカゲの卵。
親トカゲが近くで心配そうにしているので、ブロックを元に戻してあげたが
何日ぐらいで孵化するのだろう。

IMGP3693_convert_20100306234326.jpg
朽ちた倒木を足で蹴飛ばすと、表皮がボロボロと崩れ、白い虫がウヨウヨ。

IMGP3691_convert_20100306234033.jpg
シロアリだ。
個人的には、起きてこないでいつまでも冬眠していてもらいたいが、自然界では
シロアリも立派な一員で役割があるのだろうから仕方が無いが、人間の住宅には
近づかないでほしいものだ。
シロアリ駆除屋さんごめんなさい。

夜に気象予報士のドラマ(主演 渡瀬恒彦、黒木ひとみ)を見ていたら、
「花信風(かしんふう」という聞きなれない言葉を出てきて調べてみると、
「花が咲いたことを知らせる風」のことで、啓蟄の頃では、
桃の花が咲いたことを風が知らせてくれるのだそうだ、知らなかった。
桃の花粉は、スギ花粉のような症状をおこさないのだろうか?
「花信風」とは、なんとも日本的で綺麗な漢字でとてもいい。
スポンサーサイト

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

啓蟄も過ぎて、いよいよ春本番に、なりますね。

我が家のゲンゴロウを久しく観察したら、ショックーーー
全滅してました。なにが、悪かったのか、解かりません。

そちらは、室内飼育だから、大丈夫でしょうか?

色々調べた結果、我が家のゲンゴロウはコガタゲンゴロウと
いう種類だった事が、わかりました。

暖かくなってきたので、ボチボチ川での活動開始ですね♪

No title

家のゲンゴロウは大丈夫みたいです。

餌を食べていないようですが、今後暖かくなったら

メダカやハヤの確保に行かなければと思っています。

亡くなったゲンゴロウはどうされましたか?

もし捨ててなければ、何匹か標本にほしいのですが

いただけないでしょうか。

No title

5匹全部、まとめて、土の中に埋めてやりました。

可哀想でしたが、懲りずに今年も挑戦したいと思ってます^^
アクセスカウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

川おじさん

Author:川おじさん
川おじさんのブログへようこそ!
川、山、海、池、田んぼ等でいろんな生き物との出会いを楽しんでいます。
無断リンクOK

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。