スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サトウキビ搾りと黒砂糖作り その2

IMGP3304_convert_20100120215728.jpg
サトウキビ搾りも無事に終わり腹も満たされ、マイクロバスで帰路についた。
あんなに元気だったゾウ組の女の子は具合が悪いそうで静かだし、別の席になったこともあり
不覚にも居眠りしてしまった。
後ろを振り返ると、お母さん達も慣れない作業で疲れたのか居眠りされている。
居眠り中でも、ゴソゴソ動く子供も腕の中でしっかり抱いている、器用だ。

IMGP3322_convert_20100120220600.jpg
さて本題の黒砂糖作り。
ポリ容器につめた搾り汁を大きな鉄鍋に移し加熱する。
しばらくすると表面にアクが浮きだし、掬い取る。
黒砂糖作りは近所のおばちゃん達が担当され、指示を受けながら簡単な作業をお母さん達が
交代で手伝われている。

IMGP3312_convert_20100120220016.jpg
水分が飛び、汁の色が茶色く変わりそれらしくなってきた。
いい匂いだ。

IMGP3307_convert_20100120221223.jpg IMGP3318_convert_20100120221429.jpg
いろいろ質問する私に、汁を湯のみに入れて飲ませていただいたり、ホッカホカの汁をパンに
つけて食べさせていただいたが、この場にいなければありつけない代物だ、ウマイ。

IMGP3314_convert_20100120223939.jpg
柄杓で汁をすくい落とすことで水分を飛ばす、その脇では園唯一の男性で若いイケメンのK先生が
焦げ付かないよう混ぜている。
若いお母さんたちがほっておかないだろう、羨ましいかぎりだ。

IMGP3320_convert_20100120224217.jpg
鍋の中の汁の量を見てもらうと判るように、最初は鍋に満タンに入っていた汁が
7~8時間をかけ、ここまで減っている。
黒砂糖作りに詳しいおばさんが、汁を木ベラですくい落とし粘度などでOKの判断がでたら、
柄杓ですり鉢に移し、混ぜながら空気を抜く。

IMGP3321_convert_20100120225318.jpg
プラ容器にビニールを敷き、流し込む。

IMGP3305_convert_20100120225453.jpg
冷まして、固まれば完了。
また端っこの欠片を試食、懐かしい味でウマイ。

IMGP3310_convert_20100120225958.jpg
わかくさ保育園は約150名の園児が通い、島原半島でも最大の保育園だ。
いただいた保育園のパンフレットの保育理念、年間行事を見て何故こんなに
人気があるのか判った。
以下に抜粋してみた。

※ねがい※  強く、逞しく、心豊かな子に育ってほしい。
  1、太陽と土と水と緑に恵まれた自然の中で、強く、逞しく育てたい。
  2、楽しくのびのびと遊び、積極性、自主性、自立心を育てたい。
  3、集団の中で豊かな人間関係を築き、生活習慣を身につけさせたい。
  4、健康で頑張りのきく体力作りをしたい。
  5、情緒を豊かに、思いやりのある子に育てたい。
  6、常に子どもの立場になって(大人の都合ではなく)接し、無理な押し付けをしない。
    正しく評価することでやる気を育てる。
  7、「ことば」と「ものを作る」ことは人間だけの能力であることを重視し、子どもの
    話をきちんと聞いてやり、相手の話を正しく聞き取れる力を育てる。
  8、今でしか出来ないこと(0歳は0歳でしなければならないこと・・・)に十分時間をかけ、
    その年代年代をしっかり楽しませたい。
  9、保育園と家庭は車の車輪です。 家庭の役割、保育園の役割をお互いに認識し、共に手を
    取り合って子どものより良い発達を目指して、常に保育の見直しをして保育の質を
    高めていきたいと努力します。

年間行事
  4月  入園進級式、マテ貝ほり、有家八重桜見学
  5月  こいのぼり製作と節句よもぎもちつき、ワラビ採り、イチゴ狩り、親子遠足、
      雲仙つつじ見学と普賢岳登山、田植え
  6月  プール開き、雲仙やまぼうし見学、保育参加週間、年長年中園お泊り体験
  7月  七夕祭り、九重登山(2泊、年長組)
  8月  イルカウォッチングと海水浴、夏祭り
  9月  運動会、九州保育団体合同研究集会
 10月  市民体育祭(リレー、レスリング)、紅葉久住親子登山(1泊)、稲刈り、
      米収穫もちつき、年長25メートル完泳発表会
 11月  普賢岳登山、バザー、保育参加週間
 12月  クリスマス会、レスリング大会出場、スケート教室、正月用餅つき
  1月  寒中水泳、出初式パレード、鬼火七草粥、眉山七面山登山、黒砂糖作り
  2月  節分、卒園1泊旅行(長崎ランタン祭り)、カエルの卵採取
  3月  ひな祭り、卒園式、年長年中のお別れスケート
 ※毎月  誕生会、避難訓練、パン作り、家庭弁当、工作教室(親子工作年2回)

わかくさ保育園は、子どもを逞しく育てることではピカ一の保育園だ。
いまの子供達に必要なものを多くの野外活動等から体験させ身につけさせる手法を
実践され、この寒い中でも薄着で子供達は元気いっぱい遊んでいる。
でも一番元気なのは園長先生かも、とにかく活動的。
普段なかなか体験できない行事が目白押しで、子どもだけでなく、若いお父さん、
お母さんにもいい経験になるのでは。
おじさんも入園したいが年齢で受付される不可かな? 
子ども帰りしている歳だから精神年齢で判断してほしいものだ。

IMGP3326_convert_20100120230119.jpg
園の敷地内には、学童保育(写真右側の建物)と、子育て支援センター(写真中央の建物)が
あり、地域に住むお母さん達の子育てにも役立っている。
今回一緒になった支援センターのお母さん達からセンター内でコーヒーをご馳走に
なりながら話を聞くと、大分や熊本、宮崎などから島原に来られていて地域のことも
よく判らず、育児相談等や情報交換の場所として活用されているそうだ。
家庭で一人子育てに悩んでいる方は一度訪問してみたらいかがでしょうか。

初体験のサトウキビ搾り、黒砂糖作りに参加し、園長先生や子育て支援センターの
お母さんと子供達、近所のお手伝いの方々、それとゾウ組の二人と楽しく過ごさせて
いただき有難うございました。
またの再会を楽しみにしています。
スポンサーサイト

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

comment

管理者にだけメッセージを送る

アクセスカウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

川おじさん

Author:川おじさん
川おじさんのブログへようこそ!
川、山、海、池、田んぼ等でいろんな生き物との出会いを楽しんでいます。
無断リンクOK

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。