スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また餌捕りに!

IMGP2662_convert_20091013223651.jpg
深江川に続き、翌日は雲仙市国見町の神代川に、カワアナゴの餌用にハヤ捕りに。
連休を利用し、2日続きの川遊びだ。
この神代川は、東里地区神代川愛護会が定期的に草刈等活動され、長崎大学から
見えて環境講座を開いたり熱心に活動されている。
私も、草刈に2度ほど参加し、環境学習にも参加させていただいた。
写真中央にある石は、ウナギ塚。

IMGP2671_convert_20091013223943.jpg
深江川と違い水辺に立つて見ると、イルイルたくさん泳いでいる。
川に入り、草むらに追い込みタモ網でハヤ(カワムツ)をすくい取る。
何匹か、オイカワとヨシノボリも混じっている。
10分ほどでこれだけ捕れれば、カワアナゴの餌には十分なので終了。

だがカワアナゴの食欲を甘くみていた、数日でハヤ君が半分になっている。
冬に向け食いだめしているしているようだ、またハヤ捕りに行かないといけないが
次はどの川に行こうか、困ったもんだ。

IMGP2663-crop_convert_20091013223814.jpg
ハヤやオイカワは草むらに追い込むが、ヨシノボリは石の下に隠れているので
目ぼしい石の下流側にタモ網をセットし、足で石を動かしてやると驚いてタモ網の中に。
ヨシノボリは底を生活しており、カワアナゴと同居させても食べられることはない。

IMGP1776_convert_20090704230437.jpg
カワアナゴの口は上向で、上層部を泳ぐハヤ達を捕獲しやすくなっている。
そうだ、そろそろ塩を投入し汽水域を作ってやらないといけないかな。
カワアナゴは汽水域に生息しているので、時々塩を投入してやっているが
以前、何回も危篤状態になったとき塩で回復し、図鑑に記載されている最大25cm
という大きさまで成長してくれた。
寿命は何年か解らないが、30cmを超えたらギネスに登録だ。
スポンサーサイト

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

神代川もたのしそうですね。私にはオイカワとハヤの違いがわかなないのですが教えてもらえないでしょうか。川アナゴ30cmになるとギネスですか。楽しそうですね。そういえば以前私も神代の川で大きいゲンゴロウを捕まえました。そこが神代川かどうかはわからないのですが。

No title

ハヤ(正式名称カワムツ)とオイカワの違いを
文字で表現するのは難しいですね。
簡単に言うと、ハヤは体に黒い横線があり
オイカワにはない、ハヤのオスは夏に顎から
腹にかけてオレンジになり、オイカワのオスは
ピンクとブルーにですごく綺麗になります。
ハヤは丸みがあり、オイカワは少し平たい。
表現が下手でごめんなさい。
大型のゲンゴロウを捜していたのですが
以前捕られたとのことですが、最近でしょうか?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

塩水の濃度

海水の塩分濃度は3.4%ですが、淡水魚飼育水に入れる塩(並塩)の添加量は、0.2~0.5%です。
即ち淡水魚を元気づけるための濃度は0.2%程度ですが、白点病などの治療には0.5%(100Lあたり500g)入れます。
3日間ぐらいで注加水して薄めたほうが安全かと思います。
カワアナゴの元気づけと、餌用のハヤの影響を考慮すれば、0.2%ぐらいがベターではないかと思われます。
また,よりカワアナゴの安全を考慮すれば最低水温13℃になるようヒーター投入も考えられます。
いままで無事に冬越しされているの、おせっかいでしたが、このブログの読者の参考になればと投稿しました。

No title

管理者へのコメント有難うございます。
宜しかったら、再度管理宛コメントに
メールアドレスを記していただけたら
幸いです。

No title

今週の日曜日25日は白雲の池を空っぽにして掃除するイベントがありますが、川おじさんはもしかして、行かれますか?川おじさんが行くのであれば、その時会えると思います。ハヤには黒い横線があるのですね。参考になりました。ありがとうございます。稚魚の段階でもハヤには黒い横線はあるのでしょうか?

No title

25日、白雲の池に行く予定です。
環境省のアクティブレンジャーから、先月このイベントを
やると聞いていたので楽しみにしてました。
17日にブルーギルの釣り大会が行われたようですが、
以前行ったとき沢山のブルーギルがおりましたが
在来種の生物がどれだけ生息しているのか興味深々です。
ハヤは各地で呼び名が変わり、私は正式名称カワムツの
ことをハヤと呼んでいますが、他所ではオイカワをハヤと
呼んだりいろいろみたいです。
白雲の池でお会いできること楽しみです。
黒い帽子をかぶって、タモ網とバケツを持っているので
判ると思います、声をかけていただけたら幸いです。

No title

私も25日が楽しみです。そういうイベントにいくのは初めてなのですが、タモとバケツ持参でいって、ある程度の水中生物は持ち帰り可能なのでしょうか?見られない生き物がいれば、興味津々、研究のため、飼育してみたいのですが。

No title

先日、白雲の池に行って見たのですが。大型発電機2機で2個のポンプで排水されていました。
今日、カクティブレンジャーさんがパンフレットを持って
訪ねて来られたんですが、白雲の池は明治頃の人造池だそうです。
池をのぞいて見るとブルーギルが何匹も確認できましたが、
スッポンやドンコがいるそうです。
でも、泥に潜ったりしてどれだけ採取できるか?
特定外来種のブルーギルやブラックバスは飼育禁止と
なっておりますので、それ以外はレンジャーと交渉次第
では持ち帰りできるのではと思います。
鯉と鮒は近くの小学校のプールで冬期は飼育し、夏に
池に戻す予定だそうです。
カナダモが大量にあり、胴長が30人分ぐらい準備される
そうですが大変な力作業になるのではと思います。
無料入浴券が配布されるので温泉で汗を流して
帰られたらいかがでしょうか。


No title

白雲の池の目視では、一番見かけるのが、ブルーギル・次いで大きめのコイとフナは確認できました。 なんといってもブルーギルの多さにびっくりしました。 国立公園の物は魚はもちろん草木、石ころも採捕禁止と聞いていますが、交渉で持ち帰りできるのでしょうか?

なお 私の大好きなドブガイがおり、欲しいところですが、採らないでそっとしておくほうが良いと思います。平地に持ってきても、たぶん夏の高水温に弱いと思料されますので。

心配なのは直ぐ水を貯めるのでしょうか?干した後の取り扱いがわかったら教えてください。

No title

白雲の池にはドブガイもいるようですね。
国立公園内の全ての生物は捕獲し
持ち出し禁止とゆうことではないはずです。
特別保護区域など設定されている所は
ダメのようです。
今日、昆虫学会の方と話をしていて
仁田峠は昆虫類は採取禁止のようですが
ゴルフ場横の池の原園地などはOKのようです。
魚類関係で外来種のブラックバス、ブルーギルなどは
無理かと思いますが、在来種は可能かも。
参加したときレンジャーに確認してみます。
アクセスカウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

川おじさん

Author:川おじさん
川おじさんのブログへようこそ!
川、山、海、池、田んぼ等でいろんな生き物との出会いを楽しんでいます。
無断リンクOK

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。