熊本へちょっと!

IMGP2484_convert_20090926224759.jpg
昨日は、熊本にいる息子に特別の用事がある訳ではないが、女房の
たって願いで会いに行く。
島原外港より熊本へのフェリー(オーシャンアロー号)に乗り込む。
船上より島原を見るのが楽しみの一つだ。

IMGP2493_convert_20090926225202.jpg
熊本フェリー所有のオーシャンアローだが、このフェリーが就航前は、島原~熊本間の
21キロを1時間もかかっていたが、今は半分の30分で熊本へ行けるので大助かりだ。

IMGP2492_convert_20090926231900.jpg
写真を撮っていて船底が双胴になっていることに初めて気づいた。
フェリーの説明板には、70m級の超細長双胴船カーフェリーとなっており、
船体の没水部が競技用ボートのエイトのように極めて細長い二つの船体を
並べ連結したものだそうだ。
30ノット(56キロ)と高速なのがこの構造のおかげで実現しているのだろうが
これだけの鉄の塊が浮くのが不思議だが、ホーバークラフトはもっと信じられない。

IMGP2489_convert_20090926224920.jpg
船内にある駐車場は、観光バスや乗用車で満車状態だったが、新聞紙上では
高速道路1000円で影響を受けて客が減少しているそうだが、今日は大丈夫。
でも、客室やデッキには人があふれ訳のわからない言葉が飛び交っている。
中国か韓国人のツアーなのだろう、デッキでは島原の山々をバックに各所で
記念撮影だらけだが、見るとデジカメやビデオカメラはSONYなどの日本製が
ほとんどで、さすが日本製は人気があるのだろう。
隅っこでおとなしく座っているのは日本人で、フェリー内を大声で闊歩している
異国人に圧倒されている、シージャック状態だ。

IMGP2491_convert_20090926225050.jpg
「今回、やけにすんなりと熊本行きに同行したね」と女房から問われた。
実は息子の住まいのすぐ近くの中古車屋さんに、お気に入りの「パジェロミニ」が
あるのをネットで見ていたのでこれはチャンスとばかりに中古車屋に、我が家の
財務大臣を強引に連れて行った。
店員さんと二人で、これは「5速ミッションでATに比べると燃費が良く、4WDで悪路もOK、
年式は古いがお買い得ですよ」と、聞きたくもないとゆう顔した財務大臣に必死の説明。
見積りを作ってもらい、値引きして35万円まで提示してもらったが、「これを買ってもいいけど
小遣いなしよ」ときつい一言で、あっさり一蹴。
ダム中止問題で住民との交渉で前原国交大臣が難航中だが、うちも同じくらい難航。
我が家の財政状況を考えると大臣の言葉はごもっとも、国も無駄づかいは止めましょう。
スポンサーサイト

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

comment

管理者にだけメッセージを送る

アクセスカウンター
カレンダー
11 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

川おじさん

Author:川おじさん
川おじさんのブログへようこそ!
川、山、海、池、田んぼ等でいろんな生き物との出会いを楽しんでいます。
無断リンクOK

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク