スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月面クレーター?

IMGP1796_convert_20090708233620.jpg
そう月面クレーターではなく蟻地獄が作ったすり鉢状の穴。
小学校の頃、蟻地獄(ウスバカゲロウの幼虫)を飼育したことがありまた見てみたくなり、
小学校の頃採取した場所に行って捜したが様子が変わってしまいガッカリしたことがあった。
そしてもう見ることもないのかと諦めていた。
先日、ある施設を訪問し友人を呼ぶのに近道をと、高床式の施設の下をくぐりぬけようと
したら、そこには蟻地獄が作るすり鉢状の穴が数十個もあるではないか。
ヤッタ~、あったー。
友人にいいもの見つけたと言ってもあまり気乗りしないようす。
しょうがないので、一人で蟻を捕まえてきては穴に投げ込み穴の底から蟻地獄が飛び出し
蟻を捕獲するのを見て喜んでいると、何々と寄ってきた友人は初めて見るそうで
蟻をつかまえてきてはは穴に投げ込み「これは面白いと」いっまでもやっている。
また変なこと始めたと冷ややかだったのが私よりはしゃいでいる。
通りがかりのご婦人達も「いいものを見せてもらったと」感動されてたが、
「もう死ぬまで見ることはないでしょう」と、子供達に是非実物を見せてあげたいものだ。
高床式の施設の下で雨があたらず、渇いた泥で蟻地獄の生息環境としてはバッチリだ。

IMGP1802_convert_20090708233735.jpg
蟻を穴に投げ込むと、脱出しようと駆け上がろうとするが砂が崩れ落ち登れない。
途中まで登った強者も蟻地獄が底から跳ね上げる砂により、また底に滑り落ち
そのうちに動かなくなったと思うと、底に隠れていた蟻疑獄の大アゴにはさまれ万事休す。
消化液を体内に注入され、溶かされた体液を吸い取られてしまう。
掘り起こしても蟻を放そうとしない、久しぶりの獲物で腹を空かしていたのだろう。
飢餓に強く一度満腹になると数ヶ月絶食に耐えられるそうだが。

IMGP1809_convert_20090708233853.jpg
強靭な大アゴと消化液を注入し体液を吸うのは、水生昆虫のタイコウチやコオイムシと
同じで噛まないでストローで吸って食事とは変わっている。
流動食では物足りない、やっぱりしっかり噛まないと食べた気がしないと思うが?

IMGP1835_convert_20090710131606.jpg
悪いけど何匹か家に引越ししてもらう。
周辺の泥もいっしょに持ち帰り、プラの飼育ケースに。
本当は泥を振るいにかけて細かい泥だけ入れてあげればよかったが、手抜きして
そのままの状態で後日にと思っていたら翌日、仕事から帰って見てみると5個の
穴が完成していた。
大きい石は後で取り除くことにして、庭にいる蟻とダンゴムシを捕まえてきて
引越し祝いということで勘弁してもらおう。
ウスバカゲロウに羽化するまで、蟻やダンゴムシ採取が日課に追加された。

先週は、友人のお母さんから「倉庫内をかたづけるのに、使わない水槽や飼育ケースが
たくさんあるけどあげるよ」と電話いただき、たくさんいただいたばかりで今回の飼育に
グッドタイミングだった。
また、使わないのでとアウトドア用の腕時計をいただいたりと、薄給の身としては
大助かりの週でした。
ありがとうございました、有効に使わせていただきます、感謝。
スポンサーサイト

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

comment

管理者にだけメッセージを送る

アクセスカウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

川おじさん

Author:川おじさん
川おじさんのブログへようこそ!
川、山、海、池、田んぼ等でいろんな生き物との出会いを楽しんでいます。
無断リンクOK

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。