スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子カマキリごめんなさい!

IMGP1587_convert_20090607230617.jpg
最近、子○○に出会うことが多いが、水槽小屋ではカマキリの子供がゾロゾロと誕生している。
出かけたとき見つけたカマキリの卵を捕ってきて置いていたものだ。
小さい子カマキリ達は飛び跳ねながら小屋の中を冒険している。

IMGP1583_convert_20090607230426.jpg
自然界では子供達は生まれてすぐ危険いっぱいの中に旅立つわけだが、
早速被害者1名発見。
ハエトリグモが現われ、すばやい動きで子カマキリを捕らえた。
暴れるがもうどうにもならない。
子カマキリから、「子ウザギはカラスの攻撃からポケットの中に保護してあげたのに
僕も助けてよ、子ウサギは可愛いから?見た目で判断するのはエコヒイキ」だと言われそうだ。
誰が見ても子ウサギは可愛い、前記事のブログを見た人から子ウサギの画像をちょうだいと
コメントの書き込みがあったが、子カマキリの画像をという人は現われないと思う。
それに「おまえは大きくなったらきれいな蝶を捕まえて食べるだろう、ハエトリグモだけしか
食べないか?約束できるか」、「それは・・・・」、ほら約束できないだろう。
私が異常でなく、ごく一般的なおじさんだと自分では思っている。
そうゆうことで災難と諦めてハエトリグモに食べられてくれ、しっかり観察させてもらうから
勘弁してくれ。
次は生まれ変る時は子ウサギに生まれ変ったら助けてあげる・・・・・。

IMGP1616_convert_20090612140434.jpg
トンボが水槽の縁にとまっていた。
これもまたヤゴから脱皮したばかりで羽が硬くなるのを待っているようだ。
手でさわってもおとなしくいい子だ。
ミズカマキリのエサ用に捕まえてたヤゴの中の1匹だろう。
眼の色や模様がきれいで、子カマキリには悪いが開放してあげよう。
子カマキリに見られないようにそぉーっと小屋の外へ・・・・、バイバイ。
スポンサーサイト

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

comment

管理者にだけメッセージを送る

食物連鎖

野兎がカラスの餌食になるのも、子カマキリがクモにやられるのも、すべて食物連鎖です。 カマキリの親は、私が子ども時代には、こよなく愛したセミをすばややい速さで捕らえ、当時はにっくき敵でした。
 カマキリも、子供時代は食われる側が多いことをあらためて、思い出しました。
 
 またトンボ、特にギンヤンマのメスを捕まえての蜻蛉つりは、懐かしい思い出です。
 
 川おじさんはよく子供指導されるから、近頃の子供にも、トンボつりの楽しさを経験させてください。 そうすればオス・メスの見分け方も自分で覚えるし、自然界のしくみも、自然保護の大切さも学べると思うのですが、期待してます。

 

No title

コメントありがとうございます。
私はトンボつりの経験がないのですが面白そうですね。
今度、挑戦してみます。
アクセスカウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

川おじさん

Author:川おじさん
川おじさんのブログへようこそ!
川、山、海、池、田んぼ等でいろんな生き物との出会いを楽しんでいます。
無断リンクOK

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。