スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

島原市白土湖浄化作戦開始

島原市の白土湖の浄化作戦が、みんなでエコという団体が主導で始まった。

白土湖は、1792年の火山活動によりできた陥没湖で以前は、湖底に沈んだ墓石が見えるほど
透明度のたかい湖だった。 生活廃水の流入で汚染され富栄養化し藻が繁殖、行政はその
対策として藻を食べてくれるソウギョ(外来種)を放流したが、食べつくし水質が悪化、今度は市民
に呼びかけ毎年ソウギョ釣り大会を実施し駆除に乗り出した。 
今年も藻が大量に繁茂しているが、藻ができるとタカハヤの群れがどこから湧いてきたのかと
思うように大群となる。 藻の繁茂とタカハヤの数は比例している。 
そもそもソウギョ(外来種)を放流すこと自体大間違いでその後も、小手先の対応でお粗末としか
言えない。
その後、ある団体がEM液を毎週投入(ひょうたん池にも)、又、市内小学校や婦人会がEM菌を
使ったEM団子を作り投入する浄化活動を現在も行われている。(EM液の投入は中止されている)
あくまでも私見だが、白土湖、ひょうたん池、新田の川などにEMによる浄化が行われていたが、
その効果に興味を持って観察を続けてきたが、浄化の効果には疑問符だ。
市議会でも時々話題に上がるがEMで浄化活動を行っているというだけで効果の報告はない。

今回、みんなでエコが「微生物栄養剤」を使い浄化が始まったが、1トンの水を給水し、タンク内
で微生物により浄化し排出を、1日に2回行うとのこと。
今後の結果を見守りたいと思う。
それと、原因である生活用水対策を早急にとるべきではないでしょうか。

微生物栄養剤とは
  現場の定着菌(土着菌)の微生物を活性化させ、有機物や油脂分など分解を行う環境浄化
微生物栄養剤。
IMGP0055_convert_20080729224659_20081008222811.jpg


IMGP0054_convert_20080729224823_20081008222852.jpg


                微生物栄養剤による白土湖浄化システム
IMGP0051_convert_20080729224933_20081008222936.jpg

スポンサーサイト

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

comment

管理者にだけメッセージを送る

白土湖

面識ある方だと思いますが...疑問があるならネットに書く前にご連絡いただきたかったです。とても残念な思いです。身をげずってよかれと思い活動してきましたが...。道は違うけど行き着く先(思い)は同じなのではないんですか?それでは言わせてもらいますが、白土湖の全体の水が数日で入れ代わるくらいの湧水が出ているのはご存知ですか?これの意味わかりますか?それとEMは有用微生物群です。EMを薬剤と間違われていませんか?EMが全てをきれいにするわけではないです。EM(有用微生物群)が日和見菌(現地の大半の菌)と手を組み生態系を甦らせると勉強しました。EMは、きっかけを作る手段の一つです!また東大の名誉教授が正常な生態系をピラミッドの図を用いて説明されてましたが底辺から微生物層、植物性プランクトン、動物性プランクトン、魚や水棲生物、動物という具合です。重要なのは微生物層(有用微生物、善玉菌)です。それを私やあなたや皆が破壊しているのが現状ではないですか?除菌、殺菌、洗浄や様々な技術の進歩によって!


最後に拍手のクリックを間違えて押してしまいました。

コメントありがとうございます

EMの活動推進されている方ですよね、久しぶりです。
白土湖の湧水量だけではなく、行政から各湧水地の水量、水質などデータは毎年入手し把握しております。
また、白土湖の全体の水は全量入れ替わっているとは思えません、かなりの場所で淀み流れが停滞しております。
EMについては開発者の比嘉教授の講座を2回お聞きしたり
各地で行われている浄化活動に参加してたり、他で行われている
エヒメA-Iなどの浄化方法も興味もっております。
貴方のように専門的に行っているわけではなく、趣味で行っている
程度ですが、記事に書いてるようにあくまで私見で、現場に足を運び感じたことを書き込んでおります。
水質浄化の目的は、貴方と同じです。
生物が棲める水環境、もちろん人間も。
島原半島の豊かな水が、硝酸性窒素や生活廃水で汚染され、
有明海まで汚染が進み危惧している一人です。
島原半島各市で行われている、EMによる水質浄化の検証データを
もしお持ちでしたらいただけたら幸いです。

理論と実際

EMさんは専門的に勉強し、地元でご活躍のようですね。

しかし、白土湖に関しても、EMのドロ団子を何トンと投入し、その中の有効菌種が作用するよりも、下水道が完備していない島原市の状況では、汚染される力(生活排水など)の方が勝っていると感じます。
またEM投入前後の効果の評価はされていますか?

投入されたドロは、湖底でヘドロ化する可能性の否定できません。
投入された何トンかの土は消えはしません。堆積します。

また毎時湧水が出ていますが、それ以上に繁茂した水草などの影響で循環が滞っている可能性のあります。自浄性の低下です。

自然環境を考え、実際に動いている川おじさんのことを、専門家目線(上から目線)で発言される内容を、個人的に好ましく思いませんので、あえて書き込ませて頂きました。

No title

武闘家さんコメントありがとうございます。
EM菌については、福島県では微生物資材の河川などへの投入について「培養液そのものが高濃度の有機物で、投入後に固体と液体とに分離することができないことから、水を汚染することにつながる。微生物資材の中に水質浄化になどが含まれていても、慎まなければならない行為」との見解をまとめた。
長崎県では、良いとも悪いともいえないとの見解ですが、数年前の
県主催の子供の水辺の会議に出席した際、佐々川はEM菌の投入を県から禁止されたとの報告がありました。
河川へのEM投入は汚染物質を投入しているのと同じだとネット上
で活発な議論が行われております。
素人考えですが、白土湖のような湧水の湖は湖底の温度は15度
程度と低く、EM団子の有用微生物群が活発に活動してくれるのでしょうか?
私が今までEMについて見てきたのは、水質浄化についてのみで
土壌改良などの効果については全くわかりません。
半島各地でEM液やEM団子の投入する活動が盛んだが、
一度立ち止まり検証してみたが良いのではと思う。

同感です!

ある地域ではEMを海の再生に利用していました。
正直海の大きさからして、無力だと素人の私は思いました。
もっと海の再生には大切な方法があるのに・・。
1つの方法で、万能な方法もありますが、この場合はいかがなものかと思います。
白土湖に関しても、川おじさんと同じような感想です。
アクセスカウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

川おじさん

Author:川おじさん
川おじさんのブログへようこそ!
川、山、海、池、田んぼ等でいろんな生き物との出会いを楽しんでいます。
無断リンクOK

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。