スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法政大学 通信講座 IN 島原

法政大学地理学教室の通信講座の野外講座が、今回島原半島で実施された。
小寺准教授と生徒3名、通信講座受講生徒14名(全国から集合、もっとも遠い人は岩手)が
島原に集合し、昼間はフィールドワークで島原半島を3ブロックに分け河川、湧水の水質調査など、
夜は調査結果を各グループでまとめ発表された。

3年ほど前、法政大学が島原半島の河川、湧水などの水質調査を行いたいが、誰か案内して
くれる人はいないだろうかということで、知人から私(島原・川遊びの会)に依頼があり半島の
河川、湧水地(約140箇所程)を案内し、その後定期的に調査に来られ同行しては水質の勉強を
させてもらっている。 
今回は夜の通信講座受講生結果発表に同席させてもらったが、グループの発表が終わったあと
地元の人にといろんな鋭い質問があった。 一部を紹介する。

Q: 鯉の泳ぐ町の鯉は湧水の狭い水路で泳いでいるが、鯉の棲むような環境でないのでは?
  どう思うか。 
A:毎年、数100匹の鯉が放流されているが、毎年それだけ減少することでわかるように
  鯉がかわいそう、観光の道具にされている・・・・。

Q:アーケード内に水を見せるような水路(元銀行横、中央公園)などあったが、水の都といわれ
るようなとこにしてはお粗末ではないか? 誰が作ったのか?
A:行政が作った。

Q:白土湖の水質が悪いようだがなぜ?
A:生活用水の流れこみが多く、島原市は浄化設備など他市に比べても遅れている。

他にも多数質問があったが、行政の方に聞かせてあげたい内容が多かった。
市民の水環境に対する意識が低いとの指摘もあり、もっと水に感謝し有効活用することを
みんなで考え、実行していかなければと思います。
夜9時半に参加し、深夜2時過ぎまでの長時間でしたがとても有意義な時間でした。
貴重な意見ありがとうございました、レポートまとめ大変でしょうががんばってください。

              湯江川中流域の水質調査風景
IMGP0029_convert_20080727223224_20081008223110.jpg


              宿でのグループ発表風景
IMGP0021_convert_20080727223354_20081008223206.jpg

スポンサーサイト

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

comment

管理者にだけメッセージを送る

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
アクセスカウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

川おじさん

Author:川おじさん
川おじさんのブログへようこそ!
川、山、海、池、田んぼ等でいろんな生き物との出会いを楽しんでいます。
無断リンクOK

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。