スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドブガイ放流

IMGP0974_convert_20090316223503.jpg
ドブガイを多数採取し、水槽と屋外の発泡スチロールで飼育していたが、発泡スチロールに
飼育していたドブガイを調べてみたら、3個が死んでいた。
魚達と一緒に入れている水槽のドブガイはみんな元気で、手前のドブガイは砂の中
水槽の底まで白いあしをのばしている。
ハヤ(カワムツ)やヨシノボリ、スジエビなどが同居しているが、あまり水槽の掃除をせず
苔類がガラスに付着しているぐらいがちょうどいいのかもしれない。
一方、屋外に発泡スチロールにドブガイだけ入れているのは藻が大量に発生して
緑に染まっているが、環境的には良くないようだ。

IMGP0966_convert_20090316223619.jpg
以前、友人から早くどこかに放流したほうがいいよと言われてたが、発泡スチロールの
ドブガイを放流することにした。
ドブガイの生息環境に適していると思われる場所に、14個を網に入れて放流してきた。
定期的に観察してみることにする。
ドブガイの飼育については、インターネットで調べてもまだ確立されていないようだ。
いままでドブガイを採取した数箇所の池はいずれも、魚類などの生態系が豊富で
素人の考えだが、ドブガイの生息には魚類などが大きく関わっており、池全体の
生態系を守っていく必要があるのではと思われる。
日本中でドブガイが急速に減少しており絶滅の危機に瀕している、他にも多くの生物が。
一つの生物が絶滅すると他の生物へと次々に波及し、最後は人間に。
深夜に書き込むと、ちょっと過激になってしまったようだ。
スポンサーサイト

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

comment

管理者にだけメッセージを送る

メダカの学校

メダカを飼って10年。店の周りは林檎用の発泡スチロールの水槽だらけ。七匹から毎年増えて、氷の貼ったスチロール水槽の中、この冬は?~3000匹程度が越冬。も海老やタナゴも元気でした。メダカは猛烈な勢いで繁殖中。沢山の方が貰いに見えますが、とてもとても(^o^") 藻海老も負けてませんね!(笑) タナゴは昨年9月に豊後の道の駅で見かけて買ってきました。稚魚でしたが無事育ってました!(先月末、タナゴの入ったスチロールの水槽を浚えてみたら、元気で大きくなっていました!予想外でした!)そこで、タナゴにも産卵出来る環境を作るためには、二枚貝を飼わなければと考えたしだいです。環境的にはドブガイかイシガイが適していると思っています。欲しいと思っているのですが…

hello-messengerさんへ

コメントありがとうございます。
タナゴの繁殖にはドブガイなどが必要ですが、水槽にて何度か
ドブガイを飼育してみましたが、数ヶ月~半年ほどしか生育できず
なかなか難しく、ドブガイを研究されている方に聞いても
まだこれという飼育方法がないようです。
こちらの方でも最近は、ドブガイが激減しておりなかなか
採取できずにいます、ごめんなさい。
いろんなところで環境が悪化していて、生物の生息が危惧され、
環境問題に取り組む必要を感じています。

アクセスカウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

川おじさん

Author:川おじさん
川おじさんのブログへようこそ!
川、山、海、池、田んぼ等でいろんな生き物との出会いを楽しんでいます。
無断リンクOK

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。