アケビはいかが

IMG_9369_20141022000133869.jpg
実は先週末、もうアケビが熟れているのではと、裏山に向かった。

IMG_9365_convert_20141020225844_201410220001334b1.jpg
やっぱりだ、台風18、19号に気を取られて、アケビが熟するのを忘れていた。
大きく育ち、パックリと口を開けて・・・・・中身が無い・・・・遅かった。
昨年、100個ほど収穫したアケビが、何十個も空っぽ状態で、台風で落ちたのか
鳥さんに食べられたのか不明だ。
昨年、鳥さんに食べられる前に殆んど収穫して鳥さんの分は少ししか残さなかったので、
バチが当たったのかもしれない。

IMG_9366_201410220001339e8.jpg
でも大丈夫、まだ熟れていないアケビは無事でいっぱい残っている、来週末には
多分熟れているだろうから、出直しだ。

IMG_9571.jpg
1週間後、アケビが「今割れたんですよ食べ頃ですよ」と声をかけてくれているようだ。

IMG_9572_convert_20141020230238_201410220002187d6.jpg
ここにも大きいのが。

IMG_9574-crop_convert_20141020230332_20141022000357011.jpg
持参したタモ網を下にすけて、高枝ハサミで刈り取り網に落とし、ゲット。
毎回、タモ網を股にはさみ、左手で高枝ハサミを押さえ、右手でカメラを持ち撮影。
タモ網でうまく受けないで落下すると、潰れたり中身がバラバラになったりするので大変だ。

IMG_9575.jpg
60個ほど収穫できました。

IMG_9576_convert_20141020230423_201410220003565a8.jpg
飾りにもなるよう蔓をつけたものも。

IMG_9591.jpg
実がこのように種が透けて見えるぐらいが熟れていて甘いですね。
「どうんなふうに食べたらいいんですか?」とよく聞かれるんですが、
実をつまみ出して口に放り込めばいいんですよ、そして種をプップッと吐き出せばいいと。

IMG_9594.jpg
プップッと吐き出した種は、こんな風で小さくていっぱい詰まっています。

IMG_9356-crop.jpg
この場所は、アケビとグベ(標準名:ムベ)が生っていて、グベが数十個まだみどりだが
11月になれば熟れると思われる。

IMG_9352.jpg
グベはアケビと違って熟れても割れないので気は楽だが、難点はアケビより
高所に生っているので高枝鋏でも届かず木登りとか、大変なのだ。
来月、収穫です。

IMG_9589.jpg
収穫したアケビは、例年のように友人宅に届けることにする。
まず第一に、今年オープンした「山の上のカフェ Garden」に届ける。
芝桜公園の隣にできたカフェで、今は秋桜まつりで賑わっていますが
すぐ隣なので是非お立ち寄りください。

IMG_9579.jpg
テラス席のパラソルにアケビを飾りつける。
テラス席からは有明海、天気が良いと熊本までバッチリ望めるいいロケーションで
ゆっくり食事ができますよ。
さあ次の届け先はブティックと友人宅と、アケビを頼まれてたおコメ屋さんと、・・・と・・・と
最後は友人の金物屋さんに届けると、水汲みに来られてたおじさんと、長崎からの
4人のお客さんが「エッ、貰っていいんですか?」と、・・・・全て貰われて終了です、良かった。

IMG_9373.jpg
これ何だか判りますか?
アケビを収穫中にヒラヒラと飛んできた、きれいな蝶です。

IMG_9512.jpg
実は、これは蝶でなく蛾なんですよ。
蝶よりきれいな蛾と呼ばれている「サツマニシキ」です。
普通の蛾と違って昼行性で昼間にヒラヒラと飛び回ります。

IMG_9564-crop.jpg
蜘蛛の巣に捕まっているサツマニシキ発見です。

以前のサツマニシキの記事は、こちら 「またまた再会」

IMG_9657-crop.jpg
本日、またまた3週間連続で最後のアケビの収穫に来ましたら、来月収穫予定で
まだ緑のグベの中に熟れたグベ2個を発見し、今年初収穫です。
アケビとグベは、友人の所で貰っていただきました。
今期のアケビの収穫は終了で、来月からはグベの収穫です。




スポンサーサイト

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

雲仙紅葉情報 20141023

IMG_9622.jpg
今日は、平成26年10月23日(木)、雲仙仁田峠の紅葉情報です。
昨日の雨のお陰で今日は空気がスッキリで青空が綺麗、こんなのを秋晴れと言うんだろう。

IMG_9612.jpg
仁田峠の温度は9℃で、朝夕は冷え込んでいるのか先週から左程でなかったのに
紅葉が一気に色づきが進んでいてビックリ。

IMG_9614.jpg
雲仙ロープウェイ周辺が色づきが大分進んでいて、観光客の方も紅葉を間近に見ようと
ロープウェイは大盛況だ。

IMG_9632.jpg

IMG_9638.jpg

IMG_9649.jpg
仁田峠の駐車場には修学旅行や観光客が。

IMG_9639.jpg
頭上には、ヘリコプターが紅葉の画像を撮りに飛び交う。
夕方のニュースで紅葉情報が流れ、観光客が一気に増えるのでは。
紅葉の見頃は月末から11月初旬になると思われるが、例年のごとく渋滞が予想される。

IMG_9600.jpg
仁田峠のツツジ(ミヤマキリシマ)は陽気につられて狂い咲きが見られる。

先日の雨で、普賢岳新登山道の西の風穴付近で登山道が崩れていると
登山者から情報が入ってきたが、登山客が多くなる時期なので復旧を急いでほしい。

さあ、お山雲仙が紅く染まりますよ、みなさんでお出で下さい。



秋桜祭りと龍さん

IMG_9375.jpg
10月11日、秋桜まつりのオープニングイベントがあり、龍さん(福岡の書道家、井上龍一郎)が
島原農業高校の和太鼓とコラボで書ライブを披露されると聞き、行ってきました。

IMG_9387.jpg

IMG_9390.jpg
台風の影響で曇ってますが、一千万本の秋桜の背後に平成新山が聳えている素敵なロケーションです。

IMG_9394.jpg

IMG_9399.jpg

IMG_9402.jpg

IMG_9403.jpg

IMG_9396_20141015233015567.jpg

IMG_9416.jpg
福岡から前日、島原に来て準備してくれたそうで、久しぶりに龍さんの書ライブが見れます。

IMG_0107-crop_convert_20131207231615.jpg
龍さんのプロフィール
毎年、春に猪原金物店で個展をされてますので、是非お出で下さい。。

IMG_9423.jpg
島原農業高校の和太鼓の演奏に合わせて、3m×10mの巨大な紙に書が描かれます。
何て書くんだろう?

IMG_9436_convert_20141015232436.jpg

IMG_9430_201410152333270fb.jpg

IMG_9455_convert_20141015232705.jpg


IMG_9456.jpg


IMG_9448_convert_20141015232618.jpg
いいぞー龍さん、気合がはいってます。

IMG_9441.jpg
演奏との間合いとり、最後の一文字を書くタイミングを図ります。

IMG_9440.jpg

IMG_9462.jpg
朱で龍一郎と、無事終了。

IMG_9470.jpg
書を堤防に吊り下げる。 エッサコラサ

IMG_9474-crop.jpg

IMG_9482_201410152359434b5.jpg
書を読み上げる。
どうでしょう、読めますか?

IMG_9496-crop.jpg
島原農業高校和太鼓部のメンバーと一緒に記念撮影です。 パチリ

IMG_9469_201410152359441ac.jpg
やったぞー。

IMG_9502.jpg
龍さんは、これで終わりではないのです。
そうです使った筆を洗うのが大変なのです。

IMG_9504_convert_20141015232757.jpg
筆洗いはこれで終わりではないのです。
福岡に持ち帰り、毎日筆を水で墨を洗い流すのが簡単でなく、墨を全てキレイに洗い流すのに
1ヶ月ほどかかるそうで、島原だったら湧き水の流れにつけていれば早く墨を落とせるのだろうけど、
福岡では大きなバケツに水を貯めての作業はそれは大変だ。
龍さん、お疲れ様、ありがとうございました。



雲っていいなあ~

IMG_5953_20141012220900a5e.jpg
長い梅雨が明けて、青空が続くとそこにはいろんな雲が絵を描く。
雲仙の妙見展望所から、平成新山と普賢岳を望む。

IMG_9337_201410112139260ff.jpg
妙見展望所から、仁田峠、雲仙ゴルフ場、おしどりの池を望む。
ポッカリと雲が目の高さに浮いてる。

IMG_5934_20141012220900919.jpg
雲仙ロープウェイ広場から妙見展望所を望む。

IMGP4358.jpg
仁田峠のススキの中から望む。

IMG_8361.jpg
雲仙のツツジ(ミヤマキリシマ)の名所である宝原園地から望む。

IMG_8362.jpg
宝原園地から望む。

IMG_8373.jpg
宝原園地から望む。
普賢岳の龍が、高岩山のみそ五郎に会いに来たのか?
それにしても巨大な龍が姿を見せてくれた。

IMG_8366_convert_20141011212554.jpg
宝原園地から望む。

IMG_8337.jpg
宝原園地から望む。
あばら雲?

IMG_8348.jpg
宝原園地から望む。

IMG_8382_201410112138223a8.jpg
池ノ原園地矢岳駐車場から望む。

IMG_8381_convert_20141011212709.jpg
池ノ原園地矢岳駐車場から望む。
飛行機雲がクッキリ、スッキリ。

IMG_8385_convert_20141011212801.jpg
池ノ原園地矢岳駐車場から望む。

IMG_6589_20141012220900652.jpg
矢岳園地より望む。

IMG_8228_20141012220859a92.jpg
焼山に向かう道路から、平成新山を望む。

IMG_8249.jpg

IMG_8246.jpg

IMG_8236.jpg

IMG_8229.jpg
焼山に向かう道路から、眉山を望む。

IMGP4262.jpg
がまだすロードから、平成新山を望む。

IMG_8194_20141012220859e1f.jpg
仁田峠第2展望所から、平成新山を望む。

IMGP3299-crop.jpg
眉山に低い雲が。

IMGP3304.jpg
仁田峠第2展望所 (標高1000m) の下に雲海が広がっています。

IMGP3301.jpg
島原半島も南側は雲海です。

IMGP3305.jpg
水無川沿いから平成新山を望む。
仁田峠第2展望所からの雲海を下から望むと、こんな感じ。

IMGP2615s_20141012225024d76.jpg
おまけ画像。
一昨年8月に仁田峠第2展望所から有明海を望む。
雨柱を偶然見れました。
以前の記事は、「雨柱にお願い

雲仙山系には雲ひとつない青空より、いろんな雲が流れるのが好きだ。



theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

島原城秋のレンコン堀り大会

IMG_8875_convert_20141005221829.jpg
9月28日(日)は10回目となる島原城秋のレンコン掘り大会を見に行ってきました。
既に大勢の参加者が集まり、熱気ムンムンだ。

IMG_8879.jpg
「頑張るぞー」でスタートです。

IMG_8890_convert_20141005221943.jpg

IMG_8895.jpg
レンコンガールを発見。
レンコンをデザインしたブラが中々いい。

IMG_8896.jpg
後ろは、「蓮魂」、これもいい。

IMG_8900.jpg
今年も、NCCの美人キャスターも頭には小型ビデオカメラを取り付け、臨戦態勢だ。

IMG_8923.jpg

IMG_8920.jpg
目を閉じて、足に神経を集中。

IMG_8913.jpg
レンコン掘り名人のM先生。

IMG_8977.jpg
1時間もするとだんだん要領が解ってきたのかあっちこっちで「獲ったぞー」の声があがる。

IMG_8914.jpg

IMG_8899.jpg

IMG_8970.jpg

IMG_8929_convert_20141005222137.jpg

IMG_8909_convert_20141005222035.jpg

IMG_8962.jpg

IMG_8951.jpg
レンコン飾り作製中

IMG_8938.jpg
泥の中をクロール

IMG_8944.jpg

IMG_9003.jpg
競技時間終了です。
泥を洗い流すのに行列がずらり。

IMG_9005.jpg
みんないい顔。

IMG_9008.jpg
2人は親子でしょうね、ヒゲの感じもそっくり。

IMG_9011.jpg
「僕・・・・頑張ったのに・・・・」

IMG_9020.jpg

IMG_9014.jpg
レンコン獲れなくて残念だけど、でも泥パックでキレイになれるから。

IMG_9002.jpg

IMG_8993.jpg
「温水プール、いかがですか」

IMG_9037.jpg

IMG_9024.jpg
今回の優勝は僅差の争いのようで、当事者の目の前で計量です。
1本当たりの重さで競われます。

IMG_9018.jpg

IMG_8987.jpg
優勝のレンコントロフィー、レンコンメダルは、さあ誰の手に。

IMG_9028.jpg
優勝です、おめでとうー。 (重量2380グラム)

IMG_9044.jpg
今回、一番遠くから参加していただいた、東京からの方から順番に、記念のレンコンをどうーぞ。

IMG_9041.jpg
今回も、無事終了です。
来年は参加しませんか?

IMG_8911.jpg

IMG_9048.jpg
ハスの種は食べられるそうだが、どのようにして食べるのだろうか? 旨いの?

IMG_9053_2014100522342436d.jpg
たまたまハスの茎を切断したら、茎はストローのようになってるんですね、知らなかった。




ヤマボウシの実

IMG_9107-crop.jpg
雲仙の池ノ原園地駐車場のヤマボウシに赤い実がいっぱい生っています。
ちょっと見えないですよね。

IMG_9109_20141002212647bf4.jpg
ちょっとズームアップ。

IMG_9106.jpg
もうちょっとズームアップ。

IMG_9116-crop_201410022126460c7.jpg
3時のおやつに。

IMG_9161.jpg
中身はこんな感じで甘いんですよ。
ヤマボウシの木によって甘みが違い、今までの経験で言えば、葉っぱが茂っている木で
キレイに赤くなっていてつまんでちょっとやわらかい実が甘みがあり美味しいです。
木々により実の大きさが違いますし甘さも違うので是非食べ比べてみたらいかがでしょう。
庭木として植えられているお宅もありますが、標高の低い所では実をつけないようで
そんな方は、雲仙にお出で下さい。
雨風で実が駐車場に散乱、自然のものは待ってくれません、お急ぎください。




theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

アクセスカウンター
カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

川おじさん

Author:川おじさん
川おじさんのブログへようこそ!
川、山、海、池、田んぼ等でいろんな生き物との出会いを楽しんでいます。
無断リンクOK

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク