海草アマモを移植

IMGP5605-crop.jpg
島原市役所をまっすぐ下って海にでると、そこには「スクイ」がある。
みんなでスクイを造ろう会で海草アマモ移植作業があるというので、手伝いに行く。

IMGP5600-crop.jpg

IMGP5512.jpg
島原市役所農林水産課からみんなでスクイを造ろうかいに委託されての作業のようだ。

IMGP5515.jpg
益原技術士事務所のスタッフから指導で、南有馬町のアマモ場からアマモの株を
極力ダメージを無くすよう間引き採取してきた2000株を、スクイ内に移植する。
採取してきたアマモの地下茎に粘土を巻きつけ移植する「粘土結着法によるアマモの
移植法」を習いみんなで作業開始だ。

IMGP5516.jpg
紙粘土は容易に溶け出し環境にも無害だ。

IMGP5518.jpg
まず、粘土を50~100gずつに切断し、プレスしワラジ状に成形する。

IMGP5520.jpg
こらが採取してきたアマモの株ですが、2株を一纏めにして粘土を巻きつけます。

IMGP5532.jpg
チビっ子も粘土コネコネし棒状にし、力持ちのおねえちゃんにプレスし平らにするお手伝いです。

IMGP5530.jpg
粘土を巻きつける時のポイントは、地下茎の第一節目の芽(うす黄色の小さい芽)が
粘土の外に出るように粘土を巻くことが大事です。

IMGP5521.jpg
そうそう、芽の位置を確認し粘土にのっけて後はクルクルと巻くだけです。

IMGP5527.jpg
アマモが抜けないように、粘土をギュッと握って、一つできあがり~。

IMGP5544.jpg
あれあれ、クモヒトデ君じゃないですか。
アマモに絡まって一緒に拉致されたんですね、まあ北朝鮮でなくて良かったね。
アマモを移植する時、海に放流してあげるけど、家族が心配してるんじゃないかなあ。
お魚さんだったら南有馬まで泳いでいけるけど、君の歩きではたどり着くのは無理だから
島原で彼女を見つけて家族を作ったらどうだろう、島原にはいい娘がいっぱいいるからそうしなさい。

IMGP5531.jpg
ちょっと子供たちは飽きてきたようです、2000本もあるんだから頑張ろう。

IMGP5535.jpg
ラストスパートです、ファイト一発。

IMGP5548.jpg
出来上がった物は10本づつくくられて運搬容器の中に。

IMGP5541.jpg
これで粘土結着作業は終了です。

IMGP5557.jpg
次は、「ハンドスコップで海に移植です、スクイの中に集まってくださーい」。

IMGP5558.jpg
作業の要領はハンドスコップを海底にグサッと突き刺して隙間をつくり、その中に粘土結着したアマモを
落としこんで、最後にスコップを抜いて完了です。

IMGP5576.jpg
さあ、みんなで挑戦です。

IMGP5570.jpg
さあ、大人はこちらのロープを張った範囲に移植してくださ~い。

IMGP5580.jpg
さすがお父さん、おじいちゃんです、間隔も植え方もバッチリです。

IMGP5571.jpg
子供たちは遊ぶのに一生懸命なので、主力グループ頑張りましょう。

IMGP5553-crop.jpg
潮が引くのに逃げ遅れた、超危険生物のアカエイ、発見です。
尻尾の中ほどに毒針を持っているので危険です。
尻尾を切断して一安心、誰か持って帰って今晩のおかずにどうでしょう。

IMGP5555.jpg
この時期にもうクラゲさんが姿を現してます。
いつもだったら盆明けなのに、今年は早すぎ?

IMGP5581-crop.jpg
子供たちは、スクイの中のいろんな生き物を見つけては見せに来てくれます。
さあ何でしょう?

IMGP5573.jpg

IMGP5582.jpg

IMGP5591-crop.jpg

IMGP5594.jpg

IMGP5596.jpg
ハーイ、コレ。

IMGP5585.jpg
2年ほど前に植えたアマモがちゃんと根付いています。

IMGP5550.jpg
移植も終わり、楽しく過ごせてそれにコーラも貰って、子供たちはまだまだ元気一杯。

IMGP5601-crop.jpg
記念撮影だよー、ハーイ、こっち向いてホイでパチリ、終了です、お疲れ様でした。

数年前から、「タツノオトシゴ」を探していたが磯焼けで海草が全滅状態になったりで
探せなかった。
子供の頃、膝くらいまで水に浸かり、水中メガネでアマモにつかまっているタツノオトシゴを
捕まえて遊んでいたけど海草が無くなり、生息が確認できなかった。
島原新聞の記事で、海草アマモの移植作業があることを知り参加したが
アマモが頑張って繁茂してくれればタツノオトシゴが姿を見せてくれるかも知れない。
それとアマモ場は海の牧場といわれ、種々の魚類などや生物が育まれ、
水質浄化にも一役かってくれる貴重な存在なので、みんなで大事に育ててあげたい。









スポンサーサイト

花さんがお出でお出でと呼んでるよ

IMG_6072_convert_20140716224249.jpg
雲仙の原っぱなどにニョキニョキと伸びだしているのが「ネジバナ」さんだ。
らせん状に小さいピンクの花が並んでかわいい。

IMGP5616.jpg
もう花期も終盤を迎えた「シモツケ」さん。

IMGP5716.jpg
山道などアッチコッテで目を楽しませてくれた「シモツケ」さんだが、でもまだ頑張って
咲いてくれている。

IMG_5933.jpg
仁田峠道路の第2展望所から仁田峠までの間に、「ヤマアジサイ」さんが日毎に数が増えている。
駐車して見ると迷惑がかかるので、ご注意ください。

IMGP5859.jpg
「テリハアカショウマ」さんです。
道路や歩道沿いでよく見かける花です。

IMGP5811.jpg
「オカトラノオ」さんの名前は、トラの尾に似ているからついた名前だそうですが、似てますかね。

IMGP5855.jpg
仁田峠周辺に咲き始めました「シシウド」さんです。
名前は、ウドに似ていてイノシシが好みそうなほど大型であるからついたそうです。

IMGP5792.jpg
仁田峠から一方通行の道を下る大きなカーブの舗装の割れ目に咲く、
「ホタルブクロ」さんです。 判りますか?

IMGP5791.jpg
根性ありますよね。 それにこんなにいっぱい花を咲かせるなんて。

IMGP5863.jpg

IMGP5865.jpg
紫の「ホタルブクロ」さん。

IMG_6057-crop_convert_20140716224123.jpg
道路や歩道脇に咲いていて、花弁が小さく紫系で目立たないのですが、
近寄ってみるとすごく綺麗ですよ。
是非、立ち止まってみてください。
ちょっとズームアップしますので御覧ください。

IMG_6052-crop_convert_20140716224015.jpg

IMG_6065-crop-crop_convert_20140716224201.jpg

IMG_6064-crop.jpg
どうですか、「ヤマホトトギスさん」、近づいてみると気品がありいい感じでしょう。

IMGP5870.jpg
池ノ原園地の妙見駐車場と野岳駐車場に植栽された「ナツツバキ」さんです。
梅雨の雨で花が散り始めています、お急ぎください。

IMG_5923_2014071622481617a.jpg
「ノリウツギ」さんです。

IMG_5918.jpg
「ニシキウツギ」さんは普賢岳新登山道を行くと立岩の峰周辺にいっぱいです。

IMG_6026-crop.jpg
クマバチさんも花から花へと大忙しです。

IMG_5888.jpg
長崎県内には普賢岳に数本しかない「オオヤマレンゲ」です。
普賢岳の噴火で全滅したと思われていたのが頑張って生き延びてくれていました。

IMG_5884.jpg
この写真は7月2日に普賢岳に登った時に出会ったオオヤマレンゲさんで、
花期は終っていたので見れないかと思っていたのが、最後の1輪に出会えたもので
超ラッキーでした。
でも誰かが枝を折った後がありとても残念です。
来年もきれいな花を見せてくれることを祈ります。

いろんな花が今、雲仙には咲いています、梅雨も明けたようですから、
是非、花さんたちに癒されにお出で下さい。

これらの花さん達はこの標高でこの環境でしか花を咲かせません、
綺麗だからと持ち帰るなどないようお願いします




ホタルブクロがいっぱい

IMGP5720.jpg
雨がシトシトですが、合羽を着ていつものように雲仙のお山を散策です。
そこに「雨の日にご苦労さん・・・・・」と、白い花さんが歩道脇で声をかけてくれた。
そこには白いホタルブクロさん達がいっぱい並んで。

IMGP5719_convert_20140706202143.jpg
ホタルブクロと出会うのは今年初めてで、それもこんなに群生してるのを見るのも初めてだ。
釣鐘形で色は白と赤紫の2種類があるが、うつむいて咲いている風情は控えめで上品、好きな花だ。
まだこれから各地で咲いてみんなの目を楽しませてくれるはずだ、今日は出会えてありがとう。





theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

九千部岳からのヤマボウシ

IMG_5774_20140701220219a7e.jpg
職場の登山初心者達を5月末に普賢岳に案内して以来、今度は九千部岳のヤマボウシを
見たいと・・・・、登山熱が一気に。
梅雨で天候が悪く延び延びになっていた九千部登山を5月29日(日)に決定。
吹越登山口から山頂を目指します。

前回の登山はこちら、「お山が呼んでるよ」。

IMG_5775.jpg
登り始めて最初の休憩ポイントには、可愛いシモツケさんが迎えてくれました。

IMG_5777.jpg
緩やかな起伏を登ると「九千部分岐」に到着です。
さあここからが本番、山頂までは狭い登山道を頑張りましよう。

IMG_5780_convert_20140701214332.jpg
狭いし砂利で滑るし登りで息があがります、試練です。

IMG_5783_convert_20140701214545.jpg
山頂が望める場所まで来ましたが、その前にこの展望岩に登り一休みです。
さあ登って、登って。

IMG_5785_convert_20140701214724.jpg
そうそう両手を使って・・・・・。

IMG_5787.jpg
展望岩からの眺めイイですよ。
田代原の牛の放牧場が見えますし、その上には鳥甲山、そして右上の方に見えるのが舞岳です。

IMG_5789.jpg
南側には雲の間にちょこっと平成新山(1483m)が見えます。

IMG_5796_convert_20140701214901.jpg

IMG_5798_convert_20140701215358.jpg
付き出した岩から眺めがいいのに「高所恐怖症」からと崖っぷちに立てないのは
三人のうち、さて誰でしょう?

IMG_5800.jpg
さあ山頂は見えてます、行きますよ。

IMG_5805.jpg
山頂で記念撮影です、頑張りましたね。

IMG_5831.jpg
眼下には雲もなく、何処を見てもヤマボウシが点在してます、そうなんですこれを見に来たんです。

IMG_5833.jpg

IMG_5834.jpg

IMG_5835.jpg

IMG_5830.jpg
九千部岳山頂(1,062m)を制覇したので下山していいのだが、このままだと楽しくない。
本当は田代原の方に縦走したいのだがそれはできないが、10分ほど北側の尾根を
歩き一枚岩までの急な岩場をロープを使い降りたりと難所のコースを体験してもらうこと、
それに九千部観音の洞窟を案内することにした。

IMG_5809.jpg
まずは九千部観音を案内するのだが、九千部観音に行くとの話を聞かれた
山頂におられた福岡からのご夫婦がそれって何処でしょうと聞かれたので、
一緒に九千部観音に案内です。
巨石の隙間を下って、上を見ると洞穴が確認できる。

IMG_5806.jpg
洞窟は5畳程の広さでヒンヤリと涼しく、天井からポタリ、ポタリと水が落ち
ポリバケツ貯めてある。
お参りして、次に向かう。
注※ 九千部観音の洞窟は暗いので、ライトを持参ください。

IMG_5814_convert_20140701215556.jpg
北側尾根の難所ですが変化にとんでいるコースで、岩場の登山技術を習得しましょう。

IMG_5825.jpg
転びながらも無事に一枚岩に到着したのが11時30分、展望もよくちょっと早いけど
昼食タイムです。

IMG_5845.jpg
1枚岩から山頂に戻り、吹越へと下山開始ですが、九千部分岐を過ぎるとなだらかな下りで
みんなに余裕の笑みもでて、いい歩きだ。

IMG_5844.jpg
登山道の脇には、チラホラとヤマアジサイが花を見せてくれた。

IMG_5847.jpg

IMG_5849_convert_20140701215715.jpg
雨で湿気ているので、キクラゲさんもキレイに開いてみせてくれている。
まだまだ大きくなってみんなの目を楽しませて欲しいものだが、晴天になると萎んじゃうんで
見つけられるかなあ?

IMG_5852.jpg
無事に第2吹越の駐車場に到着です、お疲れ様でした。

IMG_5857.jpg
少し時間があったので、トイレ休憩も兼ねて田代原に寄ってみました。
福岡からの登山者を乗せたバスや他県ナンバーの乗用車などたくさんです。

IMG_5858.jpg
「腹の足しにもならないのにキツイ思いをしてまで山に登らなくてもいいだろうに、人間て変、
横になってゴロゴロしてるのが最高さ」と牛さんからの弁です。

IMG_5859.jpg
もう一つオマケ、蟻地獄の観察です。
蟻さんを1匹捕まえてきて、蟻地獄のすり鉢状の穴にポトリと落とすと、穴の底で暴れていた
蟻さんが動かなくなったのを確認し、棒で蟻さんを掻き出すと、立派なハサミを持った蟻地獄さんが
姿を表し、蟻さんを殺害容疑で逮捕です。
女性二人共、蟻地獄さんとは初対面だそうで、面識ができて良かった。
夏休みの宿題に「蟻地獄の飼育と生態」などいいのでは、楽しいですよ。

1週間前には登山者が殺到し山頂に100人程のがいて身動きできなかったそうだが
今回の九千部岳はヤマボウシもいっぱい見れたし、4時間ほどのゆっくりとした行程で
花やキノコ、いろんな虫さん(大きいヤスデやザトウムシ)とも出会えたので
満足できる登山でした、みなさんはどうだったでしょう。
さあ次は何処に登ろうかなーあ。



theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

アクセスカウンター
カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

川おじさん

Author:川おじさん
川おじさんのブログへようこそ!
川、山、海、池、田んぼ等でいろんな生き物との出会いを楽しんでいます。
無断リンクOK

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク