スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初Vで~す

IMG_4354.jpg
イギリスでのオリンピックは終わったが、連日メダリストがパレードやテレビに出演したりで
まだ余韻が残っている。
個人的には、卓球競技を応援し寝不足の日々だった。
特に愛ちゃん率いる女子の団体戦の粘りには感動した。
今日、26日はアリーナで島原市の卓球大会で、11月に行われる県体への出場選手の
選考大会でもある。
シングルスはベテラン(50才以上)の部と男子ダブルスに出場。

IMG_4350.jpg
シングルスは今まで数回対戦して勝てない苦手な方との決勝戦となり、
フルセットの末、何を間違ったのか、勝ってしまいました、初Vです。
ダブルスも予選リーグを2位で決勝リーグに進出し、格上の若手チームに
これもフルセットで、何を間違ったのか粘り勝ちし、3位に。
クラブの練習は運動不足と体力維持の目的で、普段はあまり大会に出ないのだが
今回はオリンピックの愛ちゃん達の女子卓球に感化され、大会に出る気になった次第で
好結果を出せたのは女子卓球のおかげだ。
片田舎の島原市の大会で、殆んどが顔見知りの大会なので大したことはないが
今後も健康のため続けていこうと思う。

IMG_4352.jpg
ホテル南風樓の入浴券と4色ボールペンをいただきました。
ありがとうございます。


スポンサーサイト

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

孫をワイルドに

IMG_4250-crop.jpg
お盆に長男坊が帰省してきた、玄関から「ちょっと手伝って・・・・」と。
出ていくと、ハイこれと渡されたのが・・・・子猫だった。
飼育用のハウスなどが次々に車から家の中に運び込まれる。
男の子で名前は「レオ」、生後2ヶ月で2週間ほど前にペットショップで
買ったそうで、スコティッシュフォールドというスコットランドの猫だそうだが
家は代々犬を飼ってきたので「エッ、猫・・・」という感じだ。
レオは初めての場所でも警戒することもなく、興味津々で各部屋を探検したりで走り回っている。
チラシをガサゴソと音を立ててやると、獲物を狙う低い体勢でこちらを注視していたが、
突然こちらに突進してジャレる、カワイイ。
扇風機のコードをブラブラすると、また飛びついてくる、カワイイ。
手にジャレてくる、カワイイ。
ダメだ、犬派だったのにどうしよう。
女房も「レオ、レオ」と猫なで声で呼び機嫌をとっている。
でも、あの長男坊が猫を飼うなんてて考えられない、自分の生活にアップアップしている
はずだが?
早く結婚して孫の顔でも見せてくれたらいいなあという期待があったが、猫を飼うことで
全く女っ気がないことがハッキリした、孫を見たかったのに、いつになるやら。
しょうがない、結婚して孫ができるまで、当分は「レオ」を孫にして可愛がろう。

IMGP2519.jpg
男の子の初孫かー、急なことでどんな対応をしたらいいんだろ。
そうだ、孫をワイルドに育てよう。
よし、孫の能力を高める教育を実行しよう。
草むらでコメツキバッタを捕まえてきた、準備万端だ。

IMG_4254-crop.jpg
ワイルド講座開始だ。
コメツキバッタをホラホラとちらつかせると、本能的に判るのか舌舐め釣りして
やる気満々のようだ。

IMGP2524.jpg
よーし、いい構えだ、GO。

IMGP2539.jpg
軽く猫パンチの左ジャブで様子を見る。
そうだ、まず相手の身体能力(ジャンプ力)をみるのはいいことだ。

IMGP2533.jpg
ダメだ、猫パンチの連打はまだ早い。
やはり子猫だ、経験不足でついついムキになっている。

IMGP2520.jpg
そうそう、相手の動きを封じるんだ、いい子だ。

IMGP2529-crop.jpg
「いただきます」じゃない、ストップ、ストップ、食べちゃダメ。

IMGP2531-crop.jpg
そうそう、パイプに頭を打ち付けるのもいい方法だ。
でも今は教育中だから、軽~く、軽~くね。

IMGP2535.jpg
そうそう、傷口を舐めて治してあげなさい。

IMGP2547.jpg
こっちに頂戴。
ダメだ、コメツキバッタ君も頑張って逃げたが、もう動けそうにない。
しかしレオの運動能力はスゴイ、さすが我が孫だ。
これにて、ワイルド講座終了。
こんなことをしているのを長男坊に見られたら怒られるとこだった、秘密です。

IMGP2578.jpg
数日後、犠牲者発見。
クモが死んでいました、レオの仕業でしょう。
食べなかったんで、OKです。
網戸越しにヤモリやセミも狙われていたんですが、大丈夫だったようです。

IMG_4281.jpg
暇を持て余しているようで、ギフトの中で遊んでいる。

IMG_4249-crop.jpg
帰省中の1週間、いっぱい楽しませてくれてありがとう、レオ。
孫がこんなにカワイイと思わなかった。
次は正月にまたおいで、首を長くして待ってます。

おじいちゃん、おばあちゃん、孫を甘やかしていませんか?
今の時代は、ワイルドですよ。


theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

雨柱にお願い

IMGP2620-crop.jpg
(写真はクリックで拡大できます)
8月22日、午後3時30分頃、雲仙の仁田峠第2展望所での写真です。
仁田峠第2展望所に立ち寄ると、10人ほどの観光客が来られていて
記念撮影のカメラマンになったり、ちょこっとガイドをしていると
熊本方面を眺めると有明海に白い柱が・・・・。

IMGP2615.jpg
(写真はクリックで拡大できます)
雨が局所的に降っているようだ。
平地で雨が降っている境界は見たことがあったが、標高1000m程のこの展望所から
有明海を望む形で雨柱をこんなにハッキリと見れるなんて、超ラッキーだ。
居合わせた観光客の人達もビックリで「いいものを見れた」と皆んなは
デジカメや携帯での撮影会に。
20分もすると、黒い雲が空を覆って4時だというのに暗くなり
そして、雨がポッポッと落ちてきたがしばらくしたら止んでしまった。

海にアレだけ局所的に雨を降らすんだったら、家の庭の植木や花と、雨が降らないので
枯れそうなキュウリとミニトマトに、帰ってから散水しないで済むように、
適量を降らしてくれないかな、お願いします。


theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

今度は川釣りに

IMG_4264.jpg
帰省中の長男坊が、海釣りの次は「川釣りに行く」と。
知らん顔して様子を伺っていると、行こうと言えずにグズグズしている。
埒があかないので「エサは? 仕掛けは? どこの川に行く?」と口出ししてしまう。
「? ? ?」
しょうがない
「ミミズは途中で調達、仕掛けは釣具屋さんでウキとクチゴムと・・、川は栗谷川」と、
決めて一緒に出発。
栗谷川の手前で日陰になっている道端を掘るとミミズがウヨウヨでいっぱい確保。
栗谷川にしたのは、子供達を小さい頃良く釣りに連れてきた川で、長男坊が大きな鯉や
スッポンを釣ったいい記憶のある川だから。
川を覗くと、金色の40cm程の鯉やフナ、ハヤ(正式名称:カワムツ)の姿が確認できた。
大きな鯉に長男坊が釣る気満々。
釣ろうと追い掛け回しているがダメ、見えてる魚を釣るのは難しい。
こちらから見えているということは魚達からも見えていることになるし、天気が良くて
人影が水面に映って魚達は警戒していて、これでは無理。
上流の深みのある場所に移動。

IMG_4273.jpg
長男坊がハヤの大きいのを釣った、私の釣ったハヤより大きくて今日はいい調子だ。
だが後が続かず、なかなか引きがないので再度ポイントを移動する。

IMG_4263.jpg
昔からフナが多くいる下流のポイントに移動する。
それにスッポンも多く確認しているポイントでもある。

IMG_4266.jpg
水面も日陰になっていていい条件だ。
さあ釣り再会だ。
投げ込むと、すぐ引きがあり次々とフナが釣れる、いいポイントだ。
多くの魚達が口を開けて待ってるようだ。

IMG_4269-crop.jpg
フナの場合、ウキを持ち上げたり横にスーッと引いたりするので、ウキの動きで
何が今ミミズを食べてるのか判る。
ミミズを1匹まるまる付けると、端っこを咥えて引っ張るのでなかなか釣れないので
ミミズを半分に切って付けだすと面白いように釣れる。

IMG_4276.jpg
今日一のフナを釣ってしまった、また長男坊に勝ってしまった。

IMG_4280.jpg
エアーポンプを忘れてしまい、酸欠に弱いハヤはひっくり返っているし、晴天で水温が上がり
フナも浮きだした、失敗だ。
持ち帰るつもりはないので、釣った度に川に戻してやれば良かった、ごめんなさい。

IMG_4267.jpg
もう少し下流にもフナのポイントがある。
この川には、昔、タモ網とバケツを持ち何十回も川の中を歩き回ってたので
多くの魚達やスッポンなどと出会ったし、絶滅危惧種の水生昆虫のコオイムシと
初めて出会ったのもこの川だ。
コオイムシを持ち帰って飼育し繁殖に成功し、数百匹放流したこともあったがいい思い出だ。

川遊びが初めての方や子供に川釣りを体験させるのにはいい川ですよ、いかがですか。
川遊びの会を主催してるのに、久しぶりの川の記事です、反省。




theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

ちょっと海釣りに

IMGP2561.jpg
お盆に長男坊が帰省してきた。
何もすることが無いと退屈そうだったが出し抜けに「釣りに行きたい」と言い出した。
子供の頃、良く海釣りや川釣りに連れて行っていたが、いままでも帰省してくると
時々、釣りに行きたと言っていたのを思い出した。
もう10年ほど釣りをしていないが、倉庫に置いてあった竿を取り出して、後は
釣具屋さんで仕掛けとエサを購入し準備完了。
さて何処に行こう?
外港に行こうか、それとも大手浜に行こうか、新港か?
結局、カレイやキスが釣れるポイントの新港に決定。
糸を垂れる長男坊。

IMGP2554.jpg
ゴカイを500円分購入したが元は取れるだろうか。
さあ釣ろうと針にゴカイをつけて釣り開始なのだが、「ゴカイを触れないので
付けてよ」と長男坊が。
「エッ、ウソだろう」
「こうやって自分で付けなさい」
ゴカイに針を刺す時、「ゴカイから噛まれることがあるので注意しなさい」と
言いながら見てると、恐る恐ると針を・・・・。
小学校の時は、自分でミミズを針に刺してたはずだが、ミミズが怖いの・・・・・?

IMGP2560-crop.jpg
釣り始めて意外に早く当たりがありキスをゲット。
いいペースでキスが。

IMGP2552.jpg
時々、エサ取りのフグが釣れる。
そんなに怒らなくても、プンプン。

IMGP2551.jpg
なかなか釣れない長男坊だが、キターと思ったらビニール袋。
海の清掃に貢献だ。

IMGP2556.jpg
糸を巻き上げると何か変?
天秤のオモリと魚が引っ掛かってきた。
長男坊が先ほど、投げ込む時テグスが切れオモリがドボンと飛んでいってしまったが
たまたま私の針にオモリがかかり、オマケに魚も一緒に釣れてきたようだ、ラッキー。

IMGP2557.jpg
釣れたのは、メゴチでした。
小骨がなく食べやすくて大好きな魚だ。

IMGP2558.jpg
「釣りに行きたい」でバタバタして出かけた割に、夕食のおかずになる食材が
釣れて、良かった。
キス、メゴチは全て私の釣果で、長男坊は小さいハゼやフグしか釣れずに
釣れるようポイントを変わったり指導をしたがダメで、ちょっと気落ちしてたのが、
ちょっと困った。
小さい時から私に対してライバル視していて、スポーツや釣りなども負けたくないようで
一生懸命やる子だったが、大人になった今でも変わっていないようだが、
私もまだまだ子供には負けない気でいるのでついつい張り切ってしまう。
まだ修行が足りないようだ。
今度は、長男坊に多く釣れますように。

夕食には、キスの塩焼きを美味しくいただきました。
次はカレイかヒラメを釣り、刺身にして食べたいなあ~。



theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

転居してくれないかな?

IMGP2508.jpg
ここがお家です。

IMGP1908-crop.jpg
ここが玄関です。
そうなんです、ニホンミツバチ君のお家です。

IMGP2506.jpg
中を見せてね、ちょっと失礼します。
スゴ~イ、大家族です。
1.2.3.・・・数えきれません、いっぱいです。
そこに見えるのは、何か美味しそうな・・・・・、ヨダレが。
トーストにいっぱい塗って・・・・・、ガブリ、いいな。

本題に入ろう。
すみませんけど、お宅を引越ししてもらえませんか?
この場所は、人間様が立ち寄る場所でミツバチさんがブンブン飛んでいると
もしも刺されたら困る、駆除しようとなってしまうんですよ。
引っ越してもらえませんかでなく、本当は退居命令なんです。
急に言われても簡単に住まいが見つけれないですよね。
もし良かったら私の家に来ませんか?
君たちが満足してもらえるような巣箱を作って提供しますから
皆んなで来てもらえたら嬉しいな。
でも時々、ハチミツを分けてくれるかな?
時間はあるので自分達で家を探すか、私の所にくるか、ゆっくりと
考えて返事を頂戴。
良い返事を待ってます。



theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

夏休みの自由研究にいかが

夏休みの自由研究は何に決めましたか?
図書館に行ったら、お母さんと子供が自由研究を何にするか参考になる本選びに
来られている。
何をされるのか見ているとプリントを見ながら検討されているが、何のプリントだろうと
見せてもらうと、小学校から配られたプリントでいろんな自由研究の項目が書かれていた。
この頃は、このような自由研究はいかがですか?と学校から配られるとは、
いいんでしょうか?
毎年、夏休みの後の作品展を楽しみに見に行っているが、殆んど代わり映えしない作品ばかり、
プリントに紹介してある作品がいっぱいで、面白くない、これでいいの・・・・。

私がやるとしたらこんな自由研究になりそうだ。
いくつか紹介してみます。

IMGP2317.jpg
(自由研究1 ツマグロヒョウモンのサナギ観察)
 
今年も、蝶のサナギを発見。
毎年ここの壁にはサナギを発見できる。

IMGP2319_convert_20120802232834.jpg
茶色の身体に金色に輝く突起物が何とも言えずカッコイイ。
触ると生きてますよとピクピクと動く。
昨年は小学生の子供を持つ二人のお母さんにサナギを1匹ずつ観察用にあげたのだが
1匹は孵化せず、もう1匹はハチが寄生したようでハチが生まれましたと、聞いている。
サナギを産み付ける環境やサナギの形状、動き、孵化の様子や、蝶に変身する過程などを
記録すれば、いい自由研究になるのでは。
でも孵化は深夜や明け方になるかも知れないので、家族で観察するのはどうだろう。
ブログの記事は、下記をクリック。
輝く突起
輝く突起と再会のその後

IMGP2417.jpg
(自由研究2 何が出てくるでしょうか?)
 
これは何でしょう?
葉っぱを丸く巻いて、何か中にいるのか重い。(緑のもの)
左のやつは、スケルトンになっている。
さあ、何が生まれるか観察してみたらどうでしょう。

IMGP2380.jpg
(自由研究3 コウガイビルの観察) 

ブログでも何回か紹介している、コウガイビルです。
この子はたまたま家の風呂場に侵入してきたのを捕獲したものです。
雨降りなどの時、庭先でも見つけることができますよ。
ミミズやナメクジなどを与え、食べる様子や胴体をカットして再生の様子を
観察するのはどうでしょうか。
ブログの記事は、下記をクリック。
夏休みの自由研究

IMGP2422.jpg
(自由研究4 ドロバチの観察) 

径が15~20ミリ程度の竹で節が1個あるように20センチ程度に切って
カーポートのように雨が当らない所に、竹筒を放置していました。
ドロバチが巣を作るのを期待して竹筒を作ったものです。

IMGP0677.jpg
何もPRしているわけでもないのに、早速、ドロバチが幼虫を咥えてきて、
竹筒の中に入って行きました。
幼虫を奥におき、筒の中に泥で壁を作り、その後エサのアオムシを持ってきて
エサを置く部屋を作って、幼虫がいつでも食べれるようにする仕掛けです。

IMGP0496.jpg
竹筒の入り口が泥で塞がれています。
今になって考えると、竹を切った時に真ん中から縦に半分に切って、あとヒモで
絞っておけば良かったと思った。
竹筒の中を観察するのにヒモをほといてパカッと開けば、幼虫とエサのアオムシの
部屋割りが簡単に見えるからだ。
竹があればやれる自由研究です、やってみたらいかがですか。
参考図書、「ドロバチのアオムシがり」が有明図書館にあるのでどうぞ。

IMGP2462.jpg
(自由研究5 ミオノムシの観察) 

草原で、ミノムシ君を発見。

IMGP2454.jpg
地上を無防備に歩いているのを見つけました。
指でちょっと触ると頭を引っ込めてしまいました。

IMGP2473.jpg
そこら辺にいっぱいいました。
40~50匹集めて、手の平に載せ写真撮影をする間に、ゴソゴソと頭を出して
動き始めました。
ミノムシ君は何に変身するのか知っていますか?
私は知りません。
飼って何に変身するのか見てみたいと思います。
こんなにいっぱいはいらないので、誰か私も変身するのを見てみたいと思う方は
連絡ください、差し上げます。 (近郊の方に限ります)

自由研究の参考になったでしょうか?
変なのばっかりとの声が聞こえてきそうですね。
変なのがちょうどいいんですよ、変な自由研究やりましょうよ。



theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

眉山に水色の絵の具を

IMG_4178.jpg
眉山を観察するには、いつも島原病院の屋上に登る。
午前中でないと太陽が逆光になるので注意だ。
今日の目的は、眉山の天狗岳下方の崩落現場の写真撮影と水色の正体調査だ。
先月の大雨後、崩落して赤茶色の地肌が見えていたが、いつの間にか水色の絵の具を
流したようになっている。

IMG_4172.jpg
ちょっと遠いのでズーム。
まだダメだ。

IMG_4168_convert_20120803232006.jpg
300ミリのレンズに交換。
これでバッチリ見えるが、あの水色は何だろう。
市役所に聞くが判らないそうで、県の林務課に確認したが違うそうで
次は長崎森林管理署に電話してくださった。
やっと判明。
航空実播工という施工方法で、眉山の崩壊地にヘリコプターで種子を散布し
山腹面の安定を図るべく行われたものだった。
処理場所が判るように水色に着色されたようだ。

これで疑問が1件落着です。
でも、この眉山は日本三大難山で崩れやすく治山の難しい山なので
崩落現場のあの水色がいつまで保つのか疑問だ。



アクセスカウンター
カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

川おじさん

Author:川おじさん
川おじさんのブログへようこそ!
川、山、海、池、田んぼ等でいろんな生き物との出会いを楽しんでいます。
無断リンクOK

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。