スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年は裏年?

IMGP2069.jpg
写真は雲仙の池之原矢岳駐車場のヤマボウシです。
植栽された街路樹のヤマボウシなどは開花していますが、肝心のヤマボウシの
スポットである吹越や九千部周辺で数えるほどしか開花していない。
多くの登山者や観光客などから、
「ヤマボウシはいつ咲くの?」
「花芽がついてないけど?」
「今年はヤマボウシどうしたの?」など
多くの質問が。

IMGP2071.jpg

IMGP0531_convert_20110920233329_20110920234649.jpg
昨年のヤマボウシの記事は下記をクリック

花もいいけど実も

昨年は登山道でヤマボウシの綺麗な実を踏まないように歩くのが
大変だったのを思い出します。
昨年、たくさんの実をつけたことで体力(樹力?)を使い果たし
今年は裏年ということでヤマボウシさんはお休みのようです。
来年は復活してくれるものと思います。

ヤマボウシさんから
「皆さんが楽しみに見に来ていただいたのに、心配かけてごめんなさい」と
コメントをいただいてます。


スポンサーサイト

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

雨に気をつけて

IMG_3727.jpg
リィママさんより、「大雨でお堀の石垣が崩れたようです」とメールをいただきました。
「まさかあのお堀の石垣がどうして・・・」との考えが。
野面積み(石垣積みの技術:自然石をそのまま積んでいき、水はけがよく強固)で積まれていて
いままでの地震や大雨にもビクともしない強固な石垣だと聞いていたからだ。
行ってみると、西堀が幅20メートル、高さ13メートルも崩落している。
お城のくノ一(忍者)から、夜警さんが深夜に「ドオン」と響く音を聞いたそうだ。

IMG_3737.jpg
松の木と石がゴロゴロ。

IMG_3738.jpg
現場を見て「何か変?」。
崩落した場所を中心に草が数十メートルも一方向にキレイに円形にねているではないか。
もしかして、この石垣の場所が他より低くなっていて、昨夜からの大雨がここに
集まり長時間にわたり流れ落ちたから下の草がキレイにねたのではないだろうか?
その後、耐え切れずに石垣が崩壊した。
この推理はどうだろう、コナン君。

IMG_3740.jpg

IMG_3747_convert_20120625235342.jpg
石垣の断面を見れる機会はめったにない。
大きな石の間に、小さい石が組み込まれている。

IMG_3748.jpg
崩落現場を上から撮影したものだが、先ほどの推理の草が円形にねているのが
ハッキリわかる。
いや、それとも、水を吸い込んだ石垣の泥が飽和状態に達し、島原大変(1792年)の
眉山崩壊の時のように水が噴き出し大崩壊したという推理も・・・・。
あくまで素人の推理なので、非難中傷はご勘弁を。

IMG_3768.jpg
もう一箇所の崩落は、同じ西堀端でゲートボールグランドの横の石垣。

IMG_3693_convert_20120625235105.jpg
眉山ロード沿いでもがけ崩れがあり一時通行止めになったそうだ。
数十メートルの高さから滑り台のように崩れ落ちている。

IMG_3700.jpg
北千本木湧水近くの横道も砂防堤を乗り越えた土砂が道にいっぱい。

IMG_3708.jpg
水無川上流の普段は水がない砂防堤の中には流れ込んだ泥水。
左側の山は眉山。

IMG_3718.jpg
水無川が水有川に変身。

IMGP2101.jpg
九千部岳の吹越からの登山道でも、松の大木がバタリと倒れ、登山道を塞いいでいる。
(ビフォー)

IMGP2103.jpg
本日、チエンソーにて撤去作業完了。
(アフター)

まだ梅雨はあけていません、台風もまだ今からです。
地盤が緩んでいる場所があり危険です、崖や川の近くでは十分注意ください。


theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

元気の森

IMG_3386.jpg
島原新聞の今日の行事欄に、わかくさ保育園が「元気の森」でキャンプの文字が目に入った。
以前、園長から1200坪の森を購入したと聞いてはいたが、父兄や園児たちが
頑張って整備したそうで、どんな森ができたのか楽しみだ。
早速、見に行くことにした。
あったあった、ここだ。

IMG_3388.jpg
テントが張られ、面白そうな遊具や寝袋などが見える。

IMG_3334.jpg
テントの横の木々は?
そうです、隠れ家です。
周りを木の枝で囲み中に入れるようになっています。
昔、こんなのを作ったことがありました、秘密基地を。

IMG_3355.jpg
何か面白そうなの、発見。
アレだけ大きな木を持ち上げて木の股に掛けるなんて大変だったろう。
結構高いが、子供達はヘッチャラのようでスルスルと登って行く。

IMG_3356.jpg
丸い木の上を歩くのだから、うまくバランスを取りながらでいい訓練だ。

IMG_3353_convert_20120622232935.jpg
漁業用の浮きもロープでぶら下げてあり、ブランコみたいに遊んでいる。
「兄ちゃん、僕にも乗せてよ・・・」

IMG_3354.jpg
こっちは脚立に登り、ロープを滑り降りる。
「ドサッ」子供が・・・・落ちた。
園長(左の青い服)が振り返り、助けに行く様子もなく「ほーら、泣くぞ~」と声をかける。
子供も泣くにも泣けない状況で、グッと堪えているのがわかる。
わかくさ保育園流のやり方だ。

IMG_3349_convert_20120622232705.jpg
これは、丸太をトラロープで吊るしたものだが、大勢の子供が股がった時
トラロープで強度は大丈夫だろうか?

IMG_3376.jpg
スタッフのお兄ちゃんが照明の点検中だが、興味津々で覗きこむ。

IMG_3385.jpg
キャンプの定番メニューと言えば、そうです皆んなが大好きなカレーです。
「女の子たち、野菜を切ってくださ~い」

IMG_3363.jpg

IMG_3367.jpg
男の子達も働け、働け。

IMG_3374.jpg
働かざる者食うべからずを実践している。

IMG_3377.jpg
中には、抜け出して遊んでいる輩も。
見つかったら「お前たち、飯抜きだぞ~」

IMG_3381.jpg
お風呂担当の二人です。
懐かしい五右衛門風呂、うちわでパタパタ、目をこすりながら頑張っています。
すのこから丸太の階段を登り、風呂に入るはちょっとスリル。

IMG_3362.jpg
私はひょうきんな女です。

IMG_3383.jpg
テントの中を覗くと、女の子が袋をたたみながら男の子に説教している。
保育園の年令でもう女性優位の関係が出来上がっているようだ。
男性諸君、我慢だ、逆らうな。

IMG_3369.jpg
わかくさ保育園はキャンプや田植え、寒中水泳、登山、サトウキビ絞りなどなど
野外活動たっぷりで、わんぱく小僧製造保育園だ。
野外活動を体験させたいがどうしていいか判らない、お父さんお母さん、
入園いかがでしょうか?
子供を鍛えるのは小さい時ですよ、勉強は後でいい。

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

アレッ、まだ!

IMGP2047_convert_20120619232825.jpg
今日は、宝原園地に来てますが台風の影響で雨が降っています。
歩道を歩いていると、「アレッ、まだこんなところに木イチゴが・・・」。
もうとっくに木イチゴは終わったと思っていたのに、まだ頑張っているのを発見だ。

IMGP2044.jpg

IMGP2055.jpg
雨でホコリも綺麗に流され、光っている。
イクラのツブツブにも似ている、迷わずガブリ。

IMGP2040.jpg
「アレッ、今度は珍しい赤い木イチゴが・・・」。

IMGP2041.jpg
コレも、ガブリ。
とにかく何でも食べるのは、五感を鍛える為と言いながら、単に食いしん坊なだけだ。

IMGP2056.jpg
あれだけ雨が降っていたのに、スーッと雨があがり青空がのぞき、対岸の熊本が
くっきりと見える。
真下は、口之津と加津佐辺りでその対岸は天草だろう。
今年最後の木イチゴも食べれたし、あとは台風が去ってくれればいいかな。
でもでも、このあと雨が雨が・・・・。


theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

雨だよ出ておいで!

IMGP2013-crop.jpg
島原半島は大雨警報が発令されている、外は大雨。
休日にこんなに雨が降らなくてもと思うが梅雨だからしょうがない。
だからといって家に閉じこもる気にもなれず、昨日見つけた素晴らしい里山に
合羽と長靴を用意し出かける。
この雨だから誰も居られないと思っていたが、甘かった。
小屋の軒先で、せっせとラッキョを処理されている、雨は関係ないようだ。
ラッキョが入ったザルの縁に、カタツムリが。
カタツムリは雨が好きだが、「この雨の中あんたらも好きだね」と見に来たのだろう。

IMGP2015.jpg
家に帰って、庭をウロウロ。
居ました、カタツムリ君があっちこっちに。

IMGP2017.jpg
殻を作るのに必要なカルシウムをコンクリートをガリガリと噛り補給中です。

IMGP2025.jpg
「アッ、すみません、気がつきませんで、ごゆっくりどうぞ」

IMGP2033.jpg

IMGP2028.jpg
塀瓦にも。

IMGP2027.jpg
庭の水溜りで「泳いでるの?」「溺れているの?」。
口は? 呼吸は?

IMGP2035.jpg
脚(?)が貝みたいで・・・・、なんか美味しそう。
そういえばエスカルゴを食べたことがないが、美味いのだろうか?
カタツムリの殻がないのがナメクジだから、料理するのに塩を使うと
身が無くなるので使えないのだろうか?
砂糖漬けにして、カルシウムを補給するため殻もいっしょにバリバリと・・・・。
エスカルゴを食べた経験がある人、どんな味付けか教えて下さい。
塩は使わないですよね?


theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

野イチゴと蛇イチゴと?

IMGP1968.jpg
焼山の道路沿いで野イチゴ発見です。
その辺をウロウロするとまだまだいっぱいで、美味そう。

IMGP1969.jpg
雨上がりで、ホコリも落ちてツブツブがキラリ、食べて下さいと呼んでいる。
手の平に載るだけ採って、もちろん一口で、ガブリ、喉に・・・・、でも美味い。

IMGP1983.jpg
こんなイチゴもありました。
そうです、蛇イチゴです。
どう見ても、不味そうで食べる気にならない。
でも蛇イチゴは実を焼酎漬けにすると、虫刺されに効果があるそうです。
山中でよくブヨに纏わりつかれたり、蚊や蜂の活発化する時期なので
作っておいたらいいかも。
でも、イチゴを蛇が食べるのだろうか?
蛇に聞かないと判らない。
よし、聞いてみましょう。

      IMGP9379.jpg
(嫌いな方はクリックしないでください、責任もてません)
触るのは久しぶりで、クネクネと横に体を振るし、2匹の頭を片手で
抑えこむ。
あまりイイ気持ちではないし、聞いても何も答えてくれなかった。
諦めて、その場に置いて帰ることしたが、1匹欲しかったなあ。


theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

生物マップ 島原一小校区

IMG_2560.jpg
島原第一小学校に行って来ました。
受付で「図書室を見せて欲しいのですが?」と頼むと、了解していただき
不審者じゃないよという名札を付けて図書室まで案内していただいた。
ちょうど1年生の授業が図書室で行われていて、本の借り方とか説明されていた。
何故、小学校に来たかというと、島原第一小学校の図書ボランティアの方から
小学校の校区内の「生物マップ」を作りたいが協力してと依頼があり、
一番の生物の住処である島原城のお堀にいる生物を教えて欲しいとのことだった。
お堀で小学生達に生物の住処や採取方法を教えるのかと思っていたが、
子供達を野外に連れ出すことにはいろんな問題があり無理だそうで、
図書ボランティアのKさんが、私からお堀に棲む生物を聞き取りして
「生物マップ」を作ることになった。
魚類は、メダカとフナ、ライギョ・・・、水生昆虫はタイコウチとコオイムシ、ミズカマキリ・・・、
等でと、生息場所やコオイムシは絶滅危惧種でウンヌンと説明するのを聞き取りを
何回か行い、それを元に「生物マップ」ができましたと聞き、どんなものができたのか
見に来たのでした。
図書室の窓際に、生物マップと説明のノートが掲示してありました。

IMG_2558-crop.jpg
(クリックで拡大できます)
スゴイです、頑張って書かれています。
よく見るといくつか変なのが?
タガメはタイコウチの間違いでしょう、それにゲンゴロウはいません。

IMG_2562.jpg
(クリックで拡大できます)
ノートには、生物マップを作るようになった経緯やお堀の様子、そこに棲む生物について
手書きで書かれています。

IMG_2563.jpg

IMG_2564.jpg

IMG_2567.jpg

IMG_2565.jpg

IMG_2650.jpg
生物マップを作られたKさんです。
80才を超えてもやる気満々で、何回も聞き取りに来られアレはコレはと質問し
ノートにメモされてました。
今考えれば、写真やデータをパソコンで印刷して渡さなくて良かったのかも。
パソコンで作ったものに比べ、この手描きの生物マップはとても味があり
良い感じに仕上がっていると思います。
Kさんご苦労様でした、バッチリですよ。

でも、コレで終了ではなかったのです。
図書室担当のOさんが4月から島原第五小学校に転勤され、今度はそこ五小校区の
生物マップを作りたいとの話がKさんにあったそうで、Kさんから
「今度は五小校区の生物マップを作ることになりましたから又教えてください」と電話あり。
先日、一回目の聞き取りに来られ、ひょうたん池や新湊川、ホタル池などの生物の
話をした次第で、さあ今度はどんな生物マップができるか楽しみです。
進化した生物マップを期待しています、Kさん頑張れ。


theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

大村花菖蒲園

IMG_3392.jpg
諫早での用事が済ませて、まっすぐ帰るのも勿体無いので、新聞で紹介していた大村の菖蒲園を
訪ねてみた。

IMG_3394.jpg
子供達がエサを投げ与えているので鯉にだろうと思いながら池を覗くと「・・・・・?」。
「ボラ」です。
エサの群がるボラは何とも不思議な絵だ。
池は海と繋がっているのだろうけど、日本庭園にはボラは不釣り合いだと私は思うが・・・。

IMG_3418.jpg
オマケにミシシッピーアカミミガメ(ミドリガメ)も悠々と泳いでいて、エサを
貰えるのではと近づいてくる、これも変。

IMG_3395.jpg
菖蒲の周りには水路が配置されて良い感じだ。
新聞に紹介されていたように、7分咲き程だが十分きれいだ。

IMG_3400.jpg
ムラサキやピンク、シロ、エンジなど色々。

IMG_3399.jpg

IMG_3398.jpg

IMG_3396.jpg

IMG_3408.jpg

IMG_3415.jpg

IMG_3416.jpg
広大な敷地に色とりどりの花が咲き、とても綺麗ですよ。
皆さんも早めに訪れたらいかがでしょう。


theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

アクセスカウンター
カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

川おじさん

Author:川おじさん
川おじさんのブログへようこそ!
川、山、海、池、田んぼ等でいろんな生き物との出会いを楽しんでいます。
無断リンクOK

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。