39才です

IMG_1671_convert_20120128002629.jpg
実は、私の年齢ですけど告白します、39才なんです。 ヤッター
正月で太った体が気になっていたので、メタボの講座に参加して体組成計で測定して
いただいた。
このタニタの体組成計で県下では1台だけで優れものだと説明を受ける。
靴下を脱ぎ体重計のように乗ると、担当のお姉さんが

  体型選択 1.スタンダード 2.アスリート
  性別選択 1.男性     2.女性
  年令入力
  身長入力
  
ジッジッジッとペーパーが印字されでてきた。

IMG_1672_convert_20120128002943.jpg
担当のお姉さんから「何かされていますか?」と聞かれた。
「クラブ(卓球)を週に2回と、普段から登山などしていますけど・・・」と。
「体内年令が39才と判定されているので・・・・」とお姉さん。
「エッ、39才ですか?」、18才も若い。 スゴイ、パチパチ

体脂肪率は21.4%で標準で、他の筋肉量、基礎代謝レベル、BMIも標準。
体脂肪率と筋肉質による体型判定も、「標準」「かくれ肥満」「肥満型」「かた太り型」
「やせ型」「運動不足型」「細身筋肉質」「筋肉質」の中で、「標準」の判定だ。

家に飛んで帰り財務相にペーパーを見せ「いつも太っていると言っているけど普通だって、
それと体内年令は39才だって・・・」と反撃、どうだ。
でも財務相から腹周りの脂肪を指摘されると、内蔵脂肪レベルが「やや過剰」となっているのと
体内年令が若くても腹回りがたるんでいるのを見られたら反撃される、マズイ。
腹回りの脂肪をとるにはどうしたら良いのだろう・・・、誰か教えて。




スポンサーサイト

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

さようなら原発

IMG_1643.jpg
今日21日は島原地区労による「さよなら原発1000万人署名」の街頭署名が
島原駅であるそうで、署名に出かけた。

IMG_1644.jpg
原発は必要ないですよネ、署名されました?

IMG_0003_convert_20120122224133.jpg
午後からは、「脱原発市民講演会」が島原文化会館であるそうで、参加。
藤田祐幸さんの風貌、どんな人か興味津々だ。

IMG_1649-crop.jpg
藤田祐幸は長年チェルノブイリ事故現場を訪れ調査研究されていた方で
福島原発の放射能汚染について研究されている。

IMG_1651-crop.jpg
田中正造の言葉。
日本の文明は・・・・・。

IMG_1652-crop.jpg

IMG_1653-crop.jpg
チェルノブイリ事故の際使われた放射能汚染されたヘリコプターや車などは集められ放置されている。

IMG_1654-crop.jpg
放射能汚染は世界中に・・・。
日本では公表されず、海外から。

IMG_1655-crop.jpg

IMG_1656-crop.jpg
震災後に九州に関東から多くの人が転入されている。

IMG_1657-crop.jpg
30代のお母さんが子供を連れて九州に。

IMG_1658-crop.jpg
子供達が被曝しているのに、国は何が問題ないのだろう?

IMG_1660-crop.jpg
原発が無くても電力は大丈夫。
昨年、木善之さんの講演でも電力について同じ意見だった。

IMG_1662-crop.jpg
人が生きることに必要なものは、水と空気と大地
原発の放射能が今、日本の水、空気、大地を汚染している。

講演を聞いて
  ・300km圏内は要注意
  ・全体が汚染されている中での、除染は無意味
  ・汚染されたものはそこから移動しない
  ・ガレキを引き受けるのではなく、人を九州に引き受けるべき
  ・政府の対応のまずさ・・・
  ・
     
   などなどとても素晴らしい講演でした、先生ありがとうございました。


IMG_0001_convert_20120122223904.jpg

原発は必要ですか?



theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

カモ君の婚活

IMGP1291.jpg
雲仙の絹笠山に登るのに登山口のある白雲の池に行くと、池の端っこにいたカモ君が
水面を走るようにパタパタとこちらに向かって一直線に飛んできた。
いつも人間の姿を見かけると近寄ってくる。
以前は何羽か居たそうだが、今は1羽で寂しそう。

IMGP1288.jpg
私    : 「今日は寒いし、寂しいよね」
カモ君 : 「そうですね、今年も一人で正月を過ごしたんですよ」
私    : 「・・・・・・、彼女欲しいよね」
カモ君 : 「・・・・・・、欲しいけど、欲しいけど、無理・・・・」
     ウ~ン困った。
私    : 「よし、おじさんはブログやっているから、お嫁さん募集してみるね」
カモ君 : 「よろしくお願いします」

IMGP0888.jpg
君のプロフィールはこれでいいね。
  名前:龍馬 (名前はついていないそうなので、干支と昨年の流行からこれに)
  年齢:不明 (指がないから数えれなかったそうだ) ですが子作り大丈夫です。
  住所:長崎県雲仙市小浜町雲仙 白雲の池内
  PR:日本で最初に指定された国立公園内にあり自然に恵まれた綺麗な池で、
     キャンプ場もあるし避暑地で夏は涼しく、いい所です。
     
IMGP1293.jpg
忘れていた。
冬には雪が降って寒いし、見ての通り、池が凍り始めています。
寒さに強い体脂肪の多めのグラマーな彼女を募集します。

IMGP1295.jpg
ブログをご覧いただいている皆さん、何処かにいい子が居たら紹介ください。

IMGP1296.jpg
このとおり、よろしくお願いします。(そこまで頭を下げなくても)

でも、でも一つ問題が。
この池は国立公園内で、動植物を移入禁止では?
もしいい子が見つかっても、他所からお嫁さんを迎え入れることは出来ないのでは?
管轄の環境省のレンジャー(自然保護官)に嫁入りOKか確認してみる必要がある。
お嫁さんが勝手に飛んでくるのは許されるのカモ。

お嫁さんが見つかり龍馬が幸せになりますように。


theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

素晴らしい子供達

IMG_1597-crop.jpg
1月14日(土)は南島原市の口之津公民館で、南島原市主催 環境リーダー養成講座 
「南島原のいきもの学習会」に参加した。
参加者は100名ほどで、そのうち40名ほどが小学生。
  内容は
    特別講演 「島原半島の貴重な動植物」
          講師:長崎県生物学会 副会長 松尾公則先生

    事例発表  1. 「与茂作川~ほたるの小径~」 口之津町前方自治会
            2. 「めざせ!環境博士」       市立西有家小学校
            3. 「田んぼのいきもの調べ」    長崎有機農業研究会

松尾先生の講演は、長崎県の一般的な動植物や絶滅危惧種などと、島原半島の動物の説明だった。

IMG_1601.jpg
松尾先生の専門はカエルやヘビ、サンショウウオなどの爬虫類、両生類だそうで
ヤモリやアカハライモリ、カスミサンショウウオ、ニホンヒキガエルをサンプルとして
持参され、みんな興味津々だ。

IMG_1602-crop.jpg
アカハライモリ
水中でも生活するので両生類だ。

IMG_1606-crop.jpg
ヤモリ
ヤモリは人家の外壁などに張り付いいるのを見かけるが水中に入ることがなく爬虫類だ。

IMG_1603.jpg
カスミサンショウウオと卵塊

IMG_1605.jpg
ニホンヒキガエル
このカエルは毒を持っていて普通のヘビは食べないが、ヤマカガシだけはこのカエルを
食べることで体内に毒を持つそうで、ニホンヒキガエルの生息していない所にいる
ヤマカガシには毒がないそうだ。

IMG_1608-crop.jpg
次は事例発表で、「与茂作川~ほたるの小径~」口之津町前方自治会の山本さんの発表。

IMG_1611.jpg
口之津町の与茂作川にホタルの再生活動報告だった。

IMG_1612.jpg
だが昨年、川の多数の魚達が死ぬ事態が発生したそうだが、ウナギを捕るため毒を流した人が
いたそうで、ホタルの生息に影響しないか心配されていた。
植物の毒を流して魚を捕る方法は昔はよく行われていたが、自治体で川の清掃活動や
ホタルの再生に取り組んでいる川で、ひどい事をする人がいるものだ。

IMG_1614.jpg
次は、「めざせ!環境博士」、市立西有家小学校5年1組の発表だ。
それはテレビの番組の出だしみたいに始まった。
地元の川の環境についての活動内容だ。

IMG_1616.jpg
担当の子供達が前に出て説明。
まず昔の川環境を知るため、お年寄りに昔の状況を聞き取りするのを
実演してくれた。
おじいちゃん、おばあちゃんに子供が扮してのやり取りが面白い。

IMG_1617.jpg
次のグループは川の水質についての説明。
川に棲む水生生物を採取してキレイな川、汚い川の判定する方法だ。
例えば、サワガニがいればキレイな川だとか、スジエビやカワニナなどが棲む川は
少し汚い川だと、棲む生き物で判定するが、子供達の調査では少し汚い川だそうだ。

IMG_1618.jpg
次は、川掃除の説明。
6袋もゴミを回収したそうだ。

IMG_1619.jpg
次は、川の環境を守るためのPR活動の説明。
川にゴミを捨てるのをやめましょうと呼びかけるのと、ゴミが風で飛び川を汚すのも
頭に置き活動したのは、エライ。

IMG_1620.jpg
次は、川の汚染に一番影響大の洗剤についての、石けんレンジャーの説明。
家庭での生活排水が、川の富栄養化となり汚染している。

IMG_1621.jpg
次は、廃油石けん作りグループの説明。
EM菌を使った石けんで環境にやさしいものをとの提言だ。

IMG_1622.jpg
次は、EM菌団子作りの説明だ。
EM菌を泥に混ぜて白く発酵させ川に投げ込み、水質浄化する活動だ。
そうか、ここでもEM菌が水質浄化すると考えが浸透しているのか・・・・。

IMG_1625.jpg
最後に子供達全員で、「わたしたちにできること」の発表して終了。
 ・川にゴミ捨てません。
 ・合成洗剤はなるべく使わず、環境にいいものを使います。
 ・
   など

今までもいろんな事例発表を見てきたが、こんなに素晴らしい発表は初めてだった。
クラスの子供達が各グループに別れ、代表者が説明するのではなく全ての子供が発表をし
動作もキビキビとして内容も素晴らしいものだった。
最初は最後列に座り説明を聞いていたが思わず前に出てシャッターを押しまくっていた。
地元の有線テレビがビデオ撮影されていたので、「すみません、今の撮影データを
わけていただけないでしょうか?」と聞くと、番組で放送用にある部分しか撮っていない
そうで駄目だ。
この発表は他の皆さんにも見ていただきたい内容だったのに残念だ。
子供達の頑張りと共に、指導された先生の内容や演出など大変な苦労の賜だと思う。

西有家小学校5年1組の子供達、先生、いいものを見せていただきました、感謝です。

IMG_1627.jpg
最後の発表は、「田んぼのいきもの調べ」で長崎有機農業研究会です。
南有馬町白木野地区で無農薬の田んぼでのいきもの調査をされていて
子供達との活動などの発表でした。

島原半島各地でこのような活動がされていることは素晴らしいことで
もっと多くの人にこのような発表を見てみていただき、環境や自然について
考えていただければと思う。
皆さん本当にありがとうございました。
子供達、先生、最高の事例発表でした。
今年5月に行われる世界ジオパークでの発表にこの子達が出てくれればと
思うのは私一人でしょうか。




theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

魚も温泉で元気

IMG_1198.jpg
島原病院の隣に元池がある。
眉山の撮影に島原病院の屋上に登るのと、最近は駐車場から元池の野鳥を観察するのと
魚類と水生昆虫を採取しに行く池だ。
(島原病院屋上の金網の上に手を伸ばして撮影)

IMG_0756.jpg

IMG_1291_convert_20120110230620.jpg
元池からの排水路。

IMG_1312.jpg
実は写真中央上の所に、隣の島原温泉の源泉から排湯されていてこの寒い時期でも
この場所だけは魚が活発に泳いでいるのが見ることができる。
今日もやっぱり小魚がスイスイと泳いでいる、魚も温泉好きみたいだ。
でもあの魚影は・・・・。

IMG_1297-crop.jpg
車に装備しているタモ網で掬ってみると、やっぱり外来種のカダヤシだ。
この池もカダヤシが生息しているとは、誰が放流したのだろう、メダカが駆逐されてしまう。

IMG_1305-crop.jpg
カダヤシに混じって何匹かメダカを発見。
左のがメダカで右のはカダヤシのメスだ。
違いがわからない方は、お宅のはメダカ?をご覧ください。

IMG_1306-crop.jpg
何回もタモ網で掬っていると、モツゴ(別名:クチボソ)とヨシノボリをゲット。

IMGP1140.jpg
モッゴは私の調査では島原半島でこの元池だけしか生息確認できていない希少種だ。

IMG_1310-crop.jpg
ヨシノボリ

IMG_0750.jpg
元池には1m級の大魚が群れをなして泳いでいるのを見かけるが、多分ソウギョでは
ないかと思われるが、これも外来種だ。
戦後の食糧難で中国から輸入したものの生き残りだろうか?
この池には他にもいろいろ生息しているようだが、私有地で立入禁止の立て札があるのと
夏場には草が生い茂り、マムシなども多く調査したいが出来ずにいる。
本当は、一度池の水を抜き調査できれば良いのだが、所有者の方いかがでしょうか?



theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

島原市消防出初式

IMG_1379.jpg
今日は、島原市の消防出初式を見に白土湖に行ってみた。
そういえば出初式を見るのは初体験だ。
島原文化会館での式典が終わりそろそろ来る頃だが、池の周辺には市民が
集まり始めている。

IMG_1396.jpg
消防車が列を作って押し寄せるカッコイイ。

IMG_1399.jpg
次は、市民の安全、財産を守る消防団の分列行進だ。

IMG_1418.jpg
各保育園のちびっ子消防団のみんなは「私たちは火遊びはしません」、「火事を見つけたら
大人に教えます」と、消防団長に宣誓していた。

IMG_1404.jpg
ポンプにホース接続完了、ホースを池に・・・、準備完了。

IMG_1405.jpg
合図で、放水開始。
虹が2本発生。

IMG_1408.jpg
他の分団に負けないよう高く水を・・・、頑張れ。

IMG_1411.jpg
青空に白い水柱が飛び交う。

IMG_1409.jpg
これを見たら、ちびっ子消防団の七夕飾りには「消防団員になりたい」があるはずだ。
眉山が隠れるくらいの噴射。

IMG_1414.jpg
クレーンの上の市長と団長からの言葉で終了。

これでこの1年、火災などの災害は起こりません、きっと、たぶん・・・・。


theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

氷点下7.5℃

IMGP1210-crop_convert_20120104223623.jpg
今日は2012年1月4日、雲仙岳が雪で真っ白。ウズウズ
仁田峠循環道路から仁田峠に登ろうと思ったが、雪のため通行止めで池の原園地の
妙見駐車場に車を止め、登山道を登る。
ここからだと仁田峠まで25~30分ほどで登れる。
他にも5台ほど駐車してあるが、みんな空っぽで登山者の車だろう。

IMGP1198_convert_20120104222701.jpg
仁田峠に着き、インフォメーション(売店)の温度計を見ると、氷点下7.5℃、寒い。

IMGP1207_convert_20120104223536.jpg
登山者が6人ほどが仁田峠で登って来られている。
雪が吹きつけてきて山頂は見えない。

IMGP1202_convert_20120104222858.jpg
もちろんロープウェイは動いていない。

IMGP1203_convert_20120104223228.jpg

IMGP1204_convert_20120104223324.jpg
仁田峠から妙見岳への登山道の途中に水タンクが設置されているが、
ゴルフ場辺りからポンプでここまで揚水して各施設に送っている。
蓋を開けて凍結していないか確認、大丈夫だ。

IMGP1206-crop_convert_20120104223438.jpg
下りは滑りそうで恐る恐る足場を選びながら下る。
無事に池の原に到着。

IMGP1216_convert_20120104223722.jpg
雲仙へのアクセスは島原(57号線)からの除雪作業は進んでいるけど、
国見町(389号線)からの道路は凍りやすく軽自動車やスタッドレスタイヤを
履いていない車はご注意ください。
特に吹越付近は雪が多くアイスバーンになりやすので、スピードを出しすぎないよう
またブレーキングにも注意です。
タイヤの空気を抜くのもひとつの方法です。

さあ今からが霧氷の季節です、氷点下を体験しに雲仙においでください。



theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

2012年は

IMGP1193-crop_convert_20120102233930.jpg

ご覧いただきありがとうございます。
昨年は生物だけでなく多くの方々と知り会え有意義な1年でした。
本年もいろんな出会いや自然や環境について紹介出来ればと思っています。
みなさんもいろんな所に出掛けてみませんか?


theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

アクセスカウンター
カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

川おじさん

Author:川おじさん
川おじさんのブログへようこそ!
川、山、海、池、田んぼ等でいろんな生き物との出会いを楽しんでいます。
無断リンクOK

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク