スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

眉山の倒木とハチ

IMG_0066_convert_20110918225400.jpg
平成新山ネイチャーセンターのカーキさんから、メールが。
眉山に下見に登ったら、登山道を500m程登った所に倒木が道をふさいでいるのと
ハチが登山道の脇に巣を作っているとの内容だ。
写真中央の坂が登山道の入り口で、左側に見える山が眉山(七面山)の山頂。

IMGP0389_convert_20110918221543.jpg
(ビフォー)
休日で特別予定があるわけではないので、夕方から鋸と脚立を担ぎ登ってみると
急な登りになる手前に倒木があるのを発見、良かった。
風で途中から折れたようで、20cm程の大きさだが、これくらいだったら鋸で
十分切れる大きさだ。
ヨイッヨ、ヨイッショ。

IMGP0393_convert_20110918221641.jpg
(アフター)
これで障害が無くなり、通行可に。
もう一つの、ハチは何処にいるのかわからず、夕方で暗くなるので諦めて
脚立を担いで下山。

IMG_4221_convert_20110918221323.jpg
カーキさんにハチの巣の場所を聞くと、メールが届いた。
眉山の登山道で2つめのベンチの所にハチの巣があるそうだが
中腹あたりまで登るのはちょっとキツイ。

IMG_4223_convert_20110918221751.jpg
カーキさんが眉山登山会でおとなしいミツバチでも参加者が巣の側を通って刺されるような
もしものことがあっては困るとの思いからの駆除依頼だ。
登山道(白い線内)のすぐ側の枯れ木(赤丸)の上部ウロに巣を作っている。

IMG_4226_convert_20110918221724.jpg
ミツバチの巣。
ミツバチをスズメバチと同じように殺虫剤で駆除するのは簡単だが、
世界いや日本でもミツバチが謎の激減状態にあり、駆除以外のいい方法をと
思っていたが、ある人の手配で養蜂業者の方に連絡して引き取っていただくことになった。
良かった。

110906騾オ迚呻スア・ア郢昜ク翫Γ陷・スヲ騾・・IMG_4274_convert_20110918220603
カーキさんから写真提供。
ミツバチが帰ってくる夕方からカーキさんが養蜂業者の方を案内。

110906騾オ迚呻スア・ア郢昜ク翫Γ陷・スヲ騾・・IMG_4276_convert_20110918220818
巣をビニールで覆い、上部をチェーンソーで切断。

110906騾オ迚呻スア・ア郢昜ク翫Γ陷・スヲ騾・・IMG_4280_convert_20110918220855
巣の下部を切断。

110906騾オ迚呻スア・ア郢昜ク翫Γ陷・スヲ騾・・IMG_4284_convert_20110918220937
薄暗い写真だが、カメラのフラッシュでハチが興奮してはいけないとのカーキさんのナイス判断。

無事、ミツバチの引越し作業完了。
ミツバチの種類はセイヨウミツバチの黒品種だったそうです。
ミツバチ君達の今後の働きに期待しよう。


スポンサーサイト

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

花もいいけど実も

IMGP0531_convert_20110920233329_20110920234649.jpg
台風の強風や雨で、雲仙の山々のヤマボウシの赤い実があっちこっちに落ちて散らばっている。
矢岳に宝原園地(ほうばるえんち)側から登山道を中腹まで登ると、登山道に
ヤマボウシの赤い実が落ちてキレイ。
歩いて踏み潰すのは勿体無い。
昨年の紅葉の時期には、この登山道はモミジの赤や黄色の葉っぱが絨毯のようだったが、
四季折々の風景を楽しめる。

IMGP0509-crop-crop_convert_20110920234307.jpg
雲仙ゴルフ場に隣接する池の原園地妙見駐車場のヤマボウシ。
車道に実が散乱している、勿体無い。

IMGP0512_convert_20110920233120_20110920234650.jpg
きれいに色づいて、食べごろです。

IMGP0540_convert_20110920233527_20110920235054.jpg
食べたことない方、中身はこんな感じです。
自然の甘みをどうど。

IMGP0514_convert_20110920233229_20110920234649.jpg
左が通常サイズ、右のビッグサイズの実は、宝原園地の外周歩道で見つけたもので
このサイズにはなかなか出会えない。

IMGP1571_convert_20090911225556.jpg
ヤマボウシの花。
今年のヤマボウシはこの数年で一番きれいだったが、その分多くの実をつけ
赤い実がとてもきれいだ。
平地のヤマボウシの木は実をつけないのが多いようです、週末はヤマボウシの実を
見に、食べに雲仙にお出かけされたらいかがでしょう。


theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

やけど?

IMGP0501_convert_20110917210034.jpg
やけどかな?
登山中にリュックに入れていた草刈機用の混合油が、かがんだ拍子に蓋がはずれ
左肩にドバッとかかってしまった。
肩がヒリヒリと痛みだしたが、混合油の主成分はガソリンだからその内に
気化するだろうと我慢していた。
案の定、時間と共に痛みが和らいで、忘れてしまっていた。
帰って風呂に入り身体にかけ湯をしたら、痛い。
肩を振り返りのぞくと茶色っぽく変色している一部が見えた、混合油で・・・。
シャツを脱いで、拭き取っていたら良かったのに、危険物取扱者(ガソリン第4類)の免許を
持っているのに・・・、軽く考えていた。
触らなければ痛みはないが、皮が一部剥げてちょっとヒリヒリだが自業自得だ。
今のところ生活には支障が、茶色の部分の皮が剥げてしまったら、シャツが着れるのだろうか
ちょっと心配、時間はかかりそうだが自然治癒力ガンバレ。
ガソリンは危険物です、皆さんも十分ご注意ください。

IMGP0508_convert_20110919205826.jpg
朝起きると、肩がやけに突っ張っている。
振り向いても首が回らずよく見れないので、デジカメでパチリ。
背中の皮が見事に剥がれて、ピンクでキレイだが、ヒリヒリ。
艶やかな肌が蘇ってきているようだ。
混合油を今度は頭からかぶれば、頭皮と髪、顔がよみがえらないだろうか?
せめて髪だけでも・・・・お願い。


theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

キノコの山

IMG_0180_convert_20110910010753.jpg
ブログを通じて知り合った方から、
「キノコがいっぱいある所がありますけど、行ってみたら・・・」と
情報をいただいた。
早速、休日に行ってみた。

IMG_0112_convert_20110909224614.jpg
鳥居をくぐり登って行くと、両脇にキノコがいろいろ。
小高い丘に奉ってある。

IMG_0162_convert_20110909235517.jpg
歩道の真ん中に、巨大な真っ白いキノコ。
食べられるのだろうか?
名前は?
周りを見渡すと、他にもあっちこっちにキノコがいっぱい。

IMG_0164_convert_20110909235820.jpg

IMG_0168_convert_20110910000117.jpg

IMG_0158_convert_20110909235227.jpg

IMG_0152_convert_20110909234838.jpg

IMG_0171_convert_20110910000811.jpg

IMG_0172_convert_20110910002313.jpg

IMG_0169_convert_20110910000419.jpg

IMG_0124_convert_20110909230249.jpg

IMG_0126_convert_20110909230539.jpg

IMG_0129_convert_20110909231117.jpg

IMG_0128_convert_20110909230833.jpg

IMG_0130_convert_20110909231414.jpg

IMG_0113_convert_20110909225023.jpg

IMG_0118_convert_20110909225349.jpg

IMG_0119_convert_20110909225646.jpg

IMG_0122_convert_20110909230015.jpg
トトロの世界に出てきそうな可愛いキノコ。

IMG_0151_convert_20110909234454.jpg

IMG_0145_convert_20110909233222.jpg

IMG_0147_convert_20110909233506.jpg

IMG_0148_convert_20110909233835.jpg

IMG_0150_convert_20110909234146.jpg

IMG_0131_convert_20110909231707.jpg

IMG_0134_convert_20110909231942.jpg

IMG_0135_convert_20110909232246.jpg
ハンバーガーのよう。

IMG_0136_convert_20110909232537.jpg

IMG_0137_convert_20110909232925.jpg

IMGP0451_convert_20110910010950.jpg
このキノコは吾妻岳の登山道で見つけた、可愛いキノコ。

鳥居から1~2分の、この小山の狭い範囲に、こんなに多くのキノコが見れるなんて、スゴイ。
キノコの山、いやキノコの楽園だ。
情報ありがとうございました。

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

土に還って

IMGP0284_convert_20110906220306.jpg
葬儀屋のアリさんが忙しく動き回っている、アブラゼミさんの葬儀だ。
何年もの長い期間を土の中で過ごし、陽の目を浴びて2週間ほどで
人生いやセミ生を終わる。
木に止まったままで絶命しているものや、地面に落ちてひっくり返って
いるものなど目につく。

IMGP0386_convert_20110906220450.jpg
トンボの大群が飛んでいたのが最近めっきり少なくなったが、
セミと同じように絶命した亡骸があっちこっちで見かけ、
何匹か拾い標本にしたが、アリさんは忙しいでしょうけど頑張って。

車道に落ちている大型のアゲハチョウなどが多く見られが、交通事故なのだろうか。

寿命を全うして、土に還っていく虫さん達、ありがとう。



theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

輝く突起と再会のその後

IMGP0287_convert_20110903222219.jpg
8月13日に書いた「輝く突起に再会」のさなぎのその後です。
下記をクリックで記事にジャンプ。
輝く突起と再会

ツマグロヒョウモンのさなぎを採取したのは4匹で、職場の女性二人に1匹ずつ
あげて、家庭でチョウに孵化するのを観察してもらった。
2匹を持ち帰り、小さいプラケースに入れて自室で観察することにした。
昨年はコンビニの袋に入れたままで忘れていたら、深夜にパタパタとする音で
起きだして袋を覗くとチョウに変身した後だった。
今回はチョウに変身過程を見れないかと透明のプラケースに入れてすぐ見えるよう
ベットの横に置いておいた。
毎日、暇があれば眺めていたが1週間もするとすっかり忘れてしまっていた。
2週間ほどして偶然覗いてみるとチョウに変身したばかりの状態に遭遇した。
赤い血みたいなのが一面にあり、狭いプラケースの中でチョウは窮屈そう。

IMGP0288_convert_20110903222422.jpg
蓋を開けてやり指を差し出すと、指につかまって出てきたが、何だか羽が歪だ。
狭いプラケースのため羽を広げれなかったのかもしれない、ゴメンなさい。

IMGP0439_convert_20110903222753.jpg
数日して、・・・・・可哀想なことをした。

IMGP0436_convert_20110903222645.jpg
2匹のさなぎの残る1匹は、その後突起の輝きが薄れていき、ダメだった。

職場のさなぎをあげた女性より、飛びっ切りの情報が。
もらったさなぎを飼育ケースに入れてチョウに変身するのを楽しみに
ご主人と観察していたそうだが、朝から見るとケースの中に
チョウでなくハチがいたそうで、何故?
もしかして、さなぎにハチが卵を産み付け、さなぎの中身を食べつくし
出てきたのでは?
そんなハチはいるのだろうか?
何ハチか見たかったが、ご主人が屋外に離したそうで・・・闇の中。
来年また観察してみよう。


theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

アクセスカウンター
カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

川おじさん

Author:川おじさん
川おじさんのブログへようこそ!
川、山、海、池、田んぼ等でいろんな生き物との出会いを楽しんでいます。
無断リンクOK

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。