仁田峠 通行止め現況

IMGP0130_convert_20110728235634.jpg
雲仙の仁田峠への循環道はまだ通行止めです。

IMGP0129_convert_20110728235422.jpg
夏休みになり多くの観光客が雲仙を訪れ、仁田峠循環道入り口でこの看板を
見て、引き返すことになる。

IMGP0129-crop_convert_20110729003813.jpg
登山者は、池の原妙見駐車場から30分ほどで仁田峠へ登山できます。

IMGP0075-crop_convert_20110728235839.jpg
7月25日現在の現場。
仁田第2展望所の手前の道路が大きくヒビ割れて崩壊寸前。
崩壊しないように、既存のガードレールにワイヤーで引っ張ってある。
路肩の工事と道路の地下の空洞箇所に充填が必要だ。

IMGP0132_convert_20110728235735.jpg
7月28日の現場。 (仁田第2展望所より)
道路のアスファルトは撤去され、数日で路面の補修が順調に進んでいるようだ。
1日も早い復旧をみんなが期待しています。
工事関係者のみなさん頑張ってください。 フレーフレー

IMGP0115-crop_convert_20110729233142.jpg
仁田峠駐車場からロープウェイ乗り場までの歩道沿いには、今はシシウドが咲いています。

IMGP0111_convert_20110729233000.jpg
シシウド

IMGP9947_convert_20110729233407.jpg
他にも、ホタルブクロがいっぱいです。
真っ白なのもありますよ。

IMGP0104_convert_20110729232753.jpg
ヤマアジサイ

IMGP0106_convert_20110729232856.jpg
テリハアカショウマ

IMGP0117_convert_20110729233253.jpg
ヤマホトトギス

仁田循環道が早く復旧すれば、これらの花が見れますよ。
復旧まで待てない方は、池の原妙見駐車場から登りましょう。
しばらくは天気が良さそうなので、明日あたりはどうでしょう。

道路の開通情報が判り次第紹介しますので、今しばらくお待ちください。


スポンサーサイト

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

クヌギの住人

IMGP9921_convert_20110719230010.jpg
島原市街地を山手に登って行くと、焼山がある。
焼山溶岩観察広場のクヌギの木にはいろんな生物が集まってくる。
クヌギの根元には掘った跡があるので、夜にカブトムシなど捕りに
人間(どこかのお父さん)も集まってきているようだ。

IMGP9945_convert_20110719230837.jpg
集まってきたみんなを紹介しよう。
まず敬意を払って一番恐いスズメバチ君、でも樹液の場所を先客の
ノコギリクワガタは身を低くして臨戦態勢をとっている。

IMGP9935_convert_20110719230455.jpg
次は2匹の蝶さんと、カナブン君たち。

IMGP9916_convert_20110719225700.jpg
またノコギリクワガタ君と恥ずかしいと穴に頭をつっこんで隠れている
クワガタさん(メス)。

IMGP9917_convert_20110719225807.jpg
カナブン君に混ざってハエ君も集まっている。

IMGP9922_convert_20110719230121.jpg
大型のパッチンムシ君(コメツキムシ)。

IMGP9923_convert_20110719230235.jpg
擬態している蝶さん。

IMGP9913_convert_20110719225513.jpg
次は、あまりご存知でない、ザトウムシ君 (英名:アシナガオジサン)。
座頭市のように目が見えないが、触覚で探り素早く動ける。

IMGP9934_convert_20110719230344.jpg
皆さんご存知のナメクジ君です。

IMGP9939_convert_20110719230609.jpg
木の割れ目には泥蜂の巣が。

IMGP9918_convert_20110719225908.jpg
セミさんの落し物も。
他には、アリさんも。
1本のクヌギに多くの生物が樹液をめぐり喧嘩しながらも生活している。



theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

きのこコレクション

IMGP9689_convert_20110715234908.jpg
今年の梅雨は大量の雨をもたらした。
でも梅雨だから当たり前で、雨が降らないと困るのは誰・・・・私。
何故って、毎年楽しみにしているいろんなきのこが見れないから。
楽しみにしている割には、きのこの知識は殆ど無く、単に見るだけよという感じ。
だから写真を撮って一応図鑑を調べるが同定するのは難しく名前の記載はなし。

IMGP9794_convert_20110715235401.jpg
島原の焼山園地に行った際見つけたきのこ。
木柵にニョキニョキと。

IMGP9649_convert_20110715234058.jpg
雲仙の宝原園地の外周歩道沿いで、いっぱい発見。

IMGP9672_convert_20110715234314.jpg
ふわふわで可愛い。

IMGP9578_convert_20110715233843.jpg

IMGP9579_convert_20110715233952.jpg
これは、きのこ?

IMGP9524_convert_20110715233410.jpg
フニャフニャきのこ。
キクラゲみたいに天日干しして、ラーメンに入れたら食べれる?

IMGP9572_convert_20110715233732.jpg
おっぱいきのこで、Aカップてとこでしょうか?
名前が判らないので、こんな発想しか浮かばずゴメンなさい。

IMGP9532_convert_20110715233620.jpg

IMGP9531_convert_20110715233516.jpg
雲仙の宝原園地の歩道沿いで発見。
昨年はここには生えてなかったはずだが・・・。

IMGP9504_convert_20110715233126.jpg
寄り添う二人。

IMGP9722_convert_20110715235244.jpg


IMGP9674_convert_20110715234426.jpg
ホットケーキ一丁。

IMGP9818_convert_20110715235513.jpg


IMGP9679_convert_20110715234647.jpg
雲仙の白雲の池の管理棟のそばで発見。

IMGP9819_convert_20110715235622.jpg
木に生えるのと、土に生えるのと、何が違うのだろう?

IMGP9693_convert_20110715235017.jpg
薄くペラペラで年輪みたいなきのこ。

IMGP9695_convert_20110715235130.jpg
鮮やかない黄色いのは、きのこ?
雨は上がったけど、登山道沿いの日陰には枯葉がいっぱいで、まだまだニョキニョキと
出てくるきのこがありますよ。
そうそう、カタツムリや巨大ヤマナメクジ、コウガイビルも雨が好きだった。
雨もなかなかいいですね。



theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

定点観察 豊年エビ

IMGP9836_convert_20110713000236.jpg
梅雨明けて最初の休日。
午前中予定が空いているが、行きたいところがいっぱいでさて何処からにしよう。
まず、期間限定で毎年恒例の田んぼの豊年エビの定点観測に出かける。
田んぼに着くと、田んぼの所有者であろう方が何か袋のような物を投げ込んでいる。
聞いてみると、除草剤だそうだ。
毎年、豊年エビの観察に来ていることを告げると、何かチョロチョロしているのは
見たけど、何かは知らなかったそうだ。
豊年エビより、この田んぼの下側までジャンボタニシが侵攻して来てるそうで
そのことを心配されていたが、そういえばここではジャンボタニシは見たことがなかった。
ジャンボタニシ、あっち行け。

IMGP9834_convert_20110713000015.jpg
畦に座り込み水中を覗くと、豊年エビがいっぱい。
今年もよくぞ生まれてくれた。

IMGP9902_convert_20110713000701.jpg
観察用にタモ網で掬おうとするが、すばしっこくなかなか難しい。
間違って泥を掬うと濁ってしまので、要注意だ。

IMGP9884-crop-crop_convert_20110713000443.jpg
動きまわって良く観察出来ないので、手の平に1匹ご足労いただきました。
スケルトン仕様の体で、袋のようなものに卵がいっぱいだが、触ったことで
卵が6個飛び出てしまった、ゴメン。
他に内蔵など見あたらないということは、孵化したあとは何も食べずに大きくなり
いい男(強い男)を見つけ、卵を泥に産み付け数週間の人生(?)が終わるのか。
収穫が終わった後、干乾びた泥の中で卵は1年後に田んぼに水が張られるのを
待つなんて、何だか可哀想。
神様は豊年エビにどのような役割を与えたのだろう。

IMGP9909_convert_20110713001532.jpg
グリーンの体にオレンジ色のシッポ、真っ黒い点々の目、どれもいい。
でも何故逆さまに泳ぐのだろう?
また、来年会いましょう。


theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

待ってる

IMGP9802_convert_20110709222727.jpg
久しぶりに平成新山観察広場に行くと、下の水路で何かが動いた。

IMGP9798_convert_20110709222625.jpg
覗き込むと、犬だ。
でもこんな深い水路にどうしたのだろう?
捨てられたのか? 落ちたのか?
声をかけると、シッポを振ってくれたが、日差しが強いせいか日陰の草むらに
横たわって反応しなくなった。

IMGP9797_convert_20110709222432.jpg
愛妻弁当のおかずを、分けてあげることにした。
母ちゃんゴメン。
さすがに犬の嗅覚はスゴイ。
声をかけても振り向きもしなくなったくせに、美味しいおかずの臭いに反応して
真下にきて、私を見上げる。
何かくれるのが解っているようだ。
投げて与えたが、口でキャッチすることもなく、落ちたのを拾って食べるのだが
ペロリと平らげてまだ欲しそう表情だ。
ビーグル犬は投げてもキャッチしないの?
今まで何匹か犬を飼ったことがあるが、みんなキャッチが上手で、ちょっと拍子抜け。
そうそう、明日はまた大雨だそうだ。
そうなると山からの水が側溝から、この水路に集まってくることになる。
底に降りて、犬を担ぎ上げ助けるしかない。
キャッチが下手くそだからそのまま・・・・。
草むらから斜面を降りていいるところに、上から声がした。
「何しているんですか?」と、通りがかりの二人が。
「犬がいるんで・・・」
底に降りて犬に近づくと警戒する様子もなく、一安心。
犬を抱えて土手の草むらに放り投げた、ギリギリセーフ。
草むらに上がって先導して歩くと、「犬が戻りそうですよ」と上から声が。
振り返ると犬がさっきまでいた水路に飛び降りそうな姿勢。
「行くよ」と声をかける歩き出すと、振り返り後ろを付いて来た。

IMGP9805_convert_20110709222826.jpg
無事に到着。
疲れたのか、空腹が満たされたからか?日陰で休憩。
お前何日風呂に入ってないんだ?
「抱っこした時、鼻が曲がりそうだった」と言っても、知らんぷり。
もういいねと、バイバイした。

IMGP9811_convert_20110709223140.jpg
翌日は天気予報が当たり、雨。
平成新山観察広場に行くと、水路はザーザー状態。

IMGP9814_convert_20110709223239.jpg
車の音を聞いて、昨日の犬がシッポを振りながら近づいてきた。
お前、ビッショリじゃないか。
「水路の中を見たか?」
「昨日助けなかったら、水路の先が滝のようになっていて落ちたら一巻の終わり
だったんだからな」、少しは感謝しろよと。
浦島太郎の竜宮城や鶴の恩返し、花咲じいさんなどのお礼の話をしてあげたが、
おじさんは花咲じいさんのように、お前が訪ねてきて、お宝の場所を
「ここ掘れワンワン」と教えてくれるのが希望だと、一応言っといたが
どうなるものやら。

毎日、長崎県動物愛護情報ネットワーク(リンクに登録)を見ているが
まさか、捕まったのはお前じゃないよね。
でも、ビーグル犬でオス、首輪も青で、写真を見てもとても似ている。
間違いであってくれ、そして宝探しに訪ねて来てくれ、待ってる。

下記をクリック。
収容犬情報



theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

もう3周年

IMGP9733-crop_convert_20110706223450.jpg
3年前の今日、7月7日七夕さまの日にブログを始めました。
長崎県の島原半島という狭い地域の話題でどれだけの方から見ていただけるか、
不安の船出でしたが、年々アクセス数も増え、コメントをいただきありがとうございます。
最初から読み返してみると、当初の記事は写真数枚で記事を少しだったのが、
最近は一つの記事で写真10数枚あったりで内容が増え、書きたい記事があるけど
なかなか筆が進まず状態で、更新回数が減ってしまったのは、ちょっと反省。
簡潔に解りやすく書く能力がないので、ついつい長々とダラダラと、また横道に
脱線したりでまとまりのない記事になってしまっているのも、反省。
でも、このブログは私の日記なのでまあこんなものでいいかと、一人納得。
まあこんなものですけど、よろしかったら今後もお付き合い下されば、幸いです。

所用で島原駅の前を通ると、大勢の子供達が並んでいる、なんだろうと引き返す。
愛児保育園とわかくさ保育園が合同で、島原駅に七夕の飾りを終え、記念撮影を
しているところだった。
ブログの3周年の記事に使えそうだ、ナイスタイミングだ。
(そういえば昨年もここの記事だった・・・)

IMGP9748_convert_20110706224807.jpg
さあ、今年のお願いはどんなんだろう?

IMGP9737_convert_20110706223728.jpg
男の子の定番「仮面ライダーになりたい」。

IMGP9738_convert_20110706223833.jpg
女の子の定番「ケーキ屋さんになりたい」。

IMGP9740_convert_20110706223942.jpg
最近は不景気でなかなか家が建たず、大工さんは困っているだよ、
でも君が大人になった頃は大丈夫、好景気でどんどん家が建つから。
それに名前がいい、たくみ(匠)くんとは、大工さん決まり。

IMGP9741_convert_20110706224053.jpg
鳥さんか、チョウチョ、トンボになりたいの?
そうか、パイロットでしょう? 
(私もパイロットになりたかったんですが、今は地べたを歩きまわっています)

IMGP9725_convert_20110706222713.jpg

IMGP9727_convert_20110706223007_20110707220031.jpg IMGP9728_convert_20110706223109_20110707220030.jpg
あんちゃん、3枚もお願いするなんて、欲張りすぎ。
きれいになって、やさしい人と結婚して、それにお金持ちだなんて、一つにしなさい。
「きれいな私は、お金持ちでやさしい人と結婚したい」でどうでしょう。

IMGP9742_convert_20110706224514.jpg
「AKBになりたい」とは、まだまだ子供ですね。
おじさんは「少女時代かKARA」で決まりですけどね。

IMGP9729_convert_20110706223228.jpg
これは、たぶんお父さんのでしょう。
あなただけではありません、一緒に耐えましょう。


theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

生きてたー

IMGP9774_convert_20110703225737.jpg
昨晩は気の合う仲間達と楽しい会話、美味しい料理と飲み物をたらふく頂いた。
その際、「タナゴを飼っているが繁殖させたいのだが・・」と相談を受け、
タナゴの繁殖には卵を産み付ける二枚貝が必要だがドブガイを探してあげないと
いけないが、最近の雨で池の水位が上がっていて採取はちょっと無理。
でも21年3月にドブガイをある池に網に入れて放流したことがあるが
3年ほど全く観察に行ってなく生きているか否か不明だが、これに賭けてみるしかない。
行ってみると道が草で覆われていて鎌で切り開くしかない。
この池には誰も寄りつかないのでこんなになってしまったのだろう。

21年3月の記事「ドブガイ放流」は下記をクリック。
ドブガイ放流

IMGP9789_convert_20110703230625.jpg
とりあえず今日は人一人通れるように草を刈り取る。

IMGP9778_convert_20110703230156.jpg
池の水際を歩きまわり、やっとロープを見つけた。

IMGP9781_convert_20110703230300.jpg
ロープを手繰り寄せると網が。

IMGP9782_convert_20110703230403.jpg
さあどうだろう。
1個づつ、手に取り生きているか確認する。
4個は死んでいて、9個は無事だった、ヨシヨシ。
全部で14個放流したはずが、13個しかいない、1個は網の隙間から
逃亡したのだろうか?
「ドブガイいました、生きてました、何個いりますか?」と電話で確認。
「4個もらえますか」
「ハイ、いまからそちらに持って行きますから」
残りのドブガイは再び、池にドボン。

IMGP9791_convert_20110703230728.jpg
タナゴはながーい産卵管をドブガイの給水管につっこみ産卵し、常に新鮮な水が
卵に供給され孵化したら排水管から、誕生です。
ドブガイも近づく魚のヒレに自分の卵をくっつけて遠くに運んでもらうなど、
共生関係にある。
福岡にもらわれて行くけど、頑張ってタナゴの卵を育ててほしい。

IMGP9775_convert_20110703225920.jpg
さあ、目的達成し帰りを急いでいると、カメ発見。

IMGP9776_convert_20110703230020.jpg
首を引っ込めても体はそのままだし足も出てますけど。
お尻の方に白いものが見えるが、卵では?
手に取ってみるとやっぱり卵でしたが、中身は空っぽ。

IMGP9784_convert_20110703230519.jpg
「オイ君、君、見かけたことがないけど、日本国籍ですか?」
「・・・・・」
「君には黙秘権があるけど・・・・」
「すまないが、不法入国で逮捕します」
家に連れて帰り、牢獄(水槽)に入ってもらい、明日から厳しい尋問にあうけど、
国籍(北米?)やいつ入国したか、捨てたご主人の名前など素直に吐いたほうがいいよ。
君に罪が及ぶことはないから安心して、ご主人(人間)が悪いのだから。
それともう一つ聞きたいけど、あの卵のお父さんは誰?
もしかしてお父さんは日本国籍?、それとも・・・・。
カメさんもハーフは可愛いんでしょうね?



theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

アクセスカウンター
カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

川おじさん

Author:川おじさん
川おじさんのブログへようこそ!
川、山、海、池、田んぼ等でいろんな生き物との出会いを楽しんでいます。
無断リンクOK

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク