スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちっちゃい花が

IMGP8749_convert_20110425232152.jpg
雲仙の仁田峠からあざみ谷を散策。
暖かくなり、歩道沿いにはあっちこっちから、ちっちゃい花がのぞいている。
思わず立ち止まって見ると「ちっちゃくて可愛い、綺麗」。
でも野草についての知識がなく、もちろん名前は ???

IMGP8727_convert_20110425231432.jpg
変な形の黄色い花、貴方の名前は何?

IMGP8730_convert_20110425231538.jpg
今日見つけた花の中で一番小さい花、貴方の名前は?

IMGP8752_convert_20110425232302.jpg
これはスミレでしょう。
でも何スミレ?
スミレにもいろんな色があって面白い。

IMGP8648_convert_20110425231228.jpg


IMGP8738_convert_20110425231742_20110425234420.jpg


IMGP8747_convert_20110425232049.jpg


IMGP8756_convert_20110425232428.jpg
次のスミレと微妙に色が違うのは?

IMGP8758_convert_20110425232551.jpg


IMGP8760_convert_20110425232741.jpg
白いスミレ

IMGP8772_convert_20110425233445.jpg
???

IMGP8763_convert_20110425232904.jpg
オオイヌノフグリかな?

IMGP8741_convert_20110425231848.jpg
あなたは誰?

IMGP8742_convert_20110425231949.jpg
なんだかとても上品な花、どちら様でしょう?

IMGP8765_convert_20110425233043.jpg
キランソウ?

IMGP8774_convert_20110425233708.jpg
カラスノエンドウかな。
アリさんの頭がちょっぴり写っています。

IMGP8769_convert_20110425233200.jpg
これは、セイヨウタンポポでしょう、当たり。

山野草の図鑑で調べたが、なかなか同定は難しい。
野草に詳しい方、SOSです、名前教えて~。
少し歩いただけでこれだけの花とご対面、貴方もいかがですか。




スポンサーサイト

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

サンショウウオの幼生

IMGP8621_convert_20110423000937.jpg
雲仙岳の山開きに参加し、帰りに田代原キャンプ場に寄り昼食を済ませゆっくりしていると
携帯電話が鳴った。
「タイチですけど、サンショウウオ見つけました」と
「サンショウウオがいたと、いまからそっちに向かうから40分ほど待っていて」と。
タイチくんは、昨年、諏訪の池ビジターセンターで行われた水中生物観察会で出会って
サンショウウオの生息場所を教えてくれた子だ。
当日は、案内してもらったが見つけることはできなかった。
来年、サンショウウオを見つけたら教えてと頼んでいた。
昨年、この場所を訪れたときは判らなかったが、周辺を観察してみると
カスミサンショウウオの生息地として、竹林や湧水、水田、水溜り、湿地など
十分な条件を満たしている。

IMGP8615_convert_20110423000433.jpg
タイチ君に見つけた場所に案内してもらうと、いたいた、こんな所に。

IMGP8617_convert_20110423000730.jpg
底の方に小さなハゼのように見えるのがカスミサンショウウオの幼性だ。

IMGP8619_convert_20110423000832.jpg
でも素早く動くので良く見えない、よし捕まえるしかない。
こっちおいで痛くしないから。

IMGP8635_convert_20110423001042.jpg
小さいのが1cm、大きいので2cmほど。

IMGP8638_convert_20110423001148.jpg
アップして見ると、エラの辺りにビラビラと何かがついている。
まるでウーパールーパーみたい。
いつ、オタマジャクシみたいに足がでてくるのだろう。
6~7月に変態し幼体になるようだが、どのように変態するのか楽しみだ。

SANY0007_convert_20100729233838.jpg
昨年、タイチ君からいただいたカスミサンショウウオの写真。
でもここまでになるのに、エサは何を与えたらいいのだろう。
食性は昆虫類、甲から殻類、クモ、ミミズなど食べ、共食いもありだそうだ。
実際、身近なところで何をつかまえて与えたらいいのだろう。
ウーン、判らない。
そうだ、判らないときは、同じような環境の水辺に行き何がそこにいるか
観察するしかない。
サンショウウオの気持ちになって、何が食べたいかを。

タイチ君、情報ありがとう。
また何かあったら連絡お願いします。
お母さんいつもコーヒーやお菓子など美味しい物いただき、ありがとうございます。
またお願いします。


theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

寒の戻りで、霧氷とヒョウ

IMGP8650_convert_20110419205431.jpg
4月19日、雲仙仁田峠からの普賢岳の霧氷。

新聞で日本海から冷たい空気が押し寄せてきて九州は寒くなるそうだが、
4月も後半にはいろうという日なので大したことはないと思っていた。
朝から車で仁田峠に登ると、普賢岳が霧氷で白い、天気予報当たりだ。
温度計を見に行くと、1.5℃、寒いはずだ。
ロープウェイの広場に行き写真を撮っていると、ロープウェイの顔見知りの方が
降りてこられ、
「今日も登られるんですか?」と
「いえ今日は時間がないんで、でもこの時期に霧氷がつくなんて珍しいですね」と
「今日ぐらいの暖かさの時の霧氷は、白でなく透明になり最高に綺麗ですよ」と
「そうなんだ、今日は霧氷が最高の日ですか、登って見たいけど時間がない」
そこに観光客が5人来られた。
「今日の霧氷は特別に透明で、滅多に見れないですよ、ロープウェイいかがですか?」と
お客さんが弱い「特別」の言葉を使い誘う。
「そうですか、いい日に来た、ロープウェイに乗ります」と
「ありがとうございます、こちらです」と
ついついロープウェイの営業マンになりきり、トークでお客さん5人ゲット。
一緒に登って見たかったが、後ろ髪を引かれながらも車に戻る。

そうだ、霧氷が見れる時は、仁田峠循環道の入り口に「霧氷が見れます 綺麗です」と
掲示板を設置して、みなさんにお知らせしてはどうだろう。
みんなに霧氷をみてもらいたいし、雲仙に来て良かったと言ってほしい。

翌日の新聞で、熊本の阿蘇に積雪があったそうだ。

IMGP8668_convert_20110419205550.jpg
昼頃には、小雨が降ってきたのかとよく見ると、バラバラと音付き?
ヒョウだ。
これも天気予報のとおりでビックリ。
天気予報が当たったから、ヒョウが降ったのか、どっちだろう?

気候が少しづつズレている。
「雲仙 ツツジ開花情報」で検索して、このブログをご覧の方が増えているが
開花時期も例年よりズレ込みそうだ、だぶん、と思う。
今年も、雲仙ツツジ開花情報を発信する予定です。


theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

2011年 雲仙岳山開きとクリーン作戦

IMGP8604_convert_20110418002251.jpg
2011年4月17日(日)は雲仙岳の山開き式とクリーン作戦日だ。
朝起きて新聞を読んでいて、「エッ、今日・・・」、急いで着替えて仁田峠に車を
走らし、皆さんは並ばれているところに、滑りこみセーフ。
雲仙の山々には日頃お世話になっているので、クリーン(ゴミ拾い)作戦は恩返しだ。
雲仙市や環境省、雲仙を美しくする会、パークボランティア、地元警察など多くの参加が
あり、神主さんのお祓いの後は挨拶などが長~く続き、やっと終了、ホッ。

IMGP8597_convert_20110418002056.jpg
3月11日の東日本震災の犠牲者に黙祷。

IMGP8605_convert_20110418002354.jpg
次は、クリーン作戦だ。
ゴミ袋や軍手、ロープウェイの無料券などとお茶を頂き、ロープウェイで登り
妙見神社までの歩道を清掃活動だ。
一昨年参加したときは、妙見岳~国見岳~普賢岳~仁田峠までゴミ袋を片手に
縦走したのだが、今日は天候があまり良くないので神社までで引き返す。

IMGP8610_convert_20110418002624.jpg
ペットボトルや空き缶、空きビンやタバコの吸殻、それに神社のおみくじが
いっぱい散乱していた。

IMGP8690_convert_20110419205144.jpg
今日は普段歩かない車道を歩いてみた。
野草の観察のつもりだったが、何処かしこにゴミの山。
なぜ車から投げ捨てるのだろう、ゴミ箱は車に無いの?

IMGP8691_convert_20110419205319.jpg
此処にもあった、猫のトイレ砂、猫エサの空き缶。
雲仙の園地駐車場や車道沿いなどに頻繁に捨てられている、指名手配のゴミだ。
あっちこっちに捨て場所を変える知能犯の所業だ。
室内で猫を飼いトイレ用の砂を置き、エサに猫専用の缶詰を与えるような裕福な
家庭なのだろうが、心は貧しい人としか思えない。
見つからないよう通勤途中に捨て場所を探しているのだろうが、自分は何てことを
してるんだと思わないのだろうか?
飼い猫が、自分のトイレの砂が不法投棄されていると知ったらどうだろう?
飼い猫が、自分の食べた缶詰の缶が不法投棄されていると知ったらどうだろう?

山開きに行く途中で、コンビニにより弁当を購入して車に乗り込むと、小学生3人が
コンビニから出てきたが、入り口付近で買った物を開封し躊躇なく紙ゴミを捨てるのを
見てしまった。
小中学校や保育園などをよく訪問するが、子供達がよく挨拶してくれて感心しているが
「挨拶運動」のように「ゴミ捨てダメよの運動」もくわえてもらえないだろうか。
子供が「お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん、ゴミ捨てダメよ」と
注意してくれれば、一番効果ありなんだが・・・・。

ついでにもう一つ、喫煙者の皆さんは携帯吸殻入れを持ってますよね、
吸殻を投げ捨てなんかしてませんよね?
私は昨年10月にタバコをやめました、ちょっと太ってしまいましたけど。



theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

ご飯と味噌汁、少々

IMGP8614_convert_20110417204301.jpg
雲仙の田代原キャンプ場へ行くと、入り口はまだ閉鎖されている。
5月1日オープンの予定だ。
入り口の橋から小川を眺めると小さい魚達がスーイスーイと泳いでいる。
以前から訪れるたびに、川おじさんとしては気になっていたが何だろうと。
ハヤには違いないが、橋の上からだと種類が判らないが、体に黒い線がないようなので
カワムツではないようだし、オイカワでもない。
ということは、タカハヤではないか?たぶん。

IMGP8580_convert_20110414224230.jpg
弁当のご飯を少し残した。
友人に声をかけた、「味噌汁、少し残っていない?」。
「食べてしまったけど、底に少しだけ汁が残っているけど」。
「頂戴」
「別にいいけど、何すると?」
「ご飯にかけると」
「ご飯にかけて、何すると?」
「魚を捕まえると」
「魚を?」

IMGP8587_convert_20110414224557.jpg
歩道沿いの草むらを、ガサゴソ、ガサゴソ探したがペットボトルがない。
普段あれだけゴミが散乱しペットボトルのひとつぐらいはあると思ったがない。
ビールの空容器が捨ててあるのを見つけたが、枯葉や泥が入っているし、汚い。
でも、洗えば使える。
空容器をナイフを使い、ボコボコに穴を開ける。
空容器の注ぎ口と取っ手に紐を結び完成。
注ぎ口に紐を結ぶのは引き上げる時に、注ぎ口が上を向き捕獲した魚が逃げない為だ。
魚の種類を確認するには捕獲するしかないということで、急遽捕獲用の仕掛け作りを
行ったのだがこんなので捕まえれるかは、やってみるしかない、挑戦だ。
味噌汁の臭いで、集魚できるのではと思うが、量が少なかったのでどうなることやら。

IMGP1884_convert_20110415224409.jpg
普段、川遊びで使っている、手作りのペットボトルによる魚捕獲用トラップ。
ペットボトルの上部を切り取り逆に差し込み固定し、すぐ沈むように多くの穴を開ける。
中に入れるエサは海釣り用の練り餌を使っている。

IMGP8588_convert_20110414224700.jpg
仕掛ける場所を何処にするかは慣れたものですぐ決まったが、その後がまずかった。
ペットボトルの仕掛けは水が入りすぐ沈むが、ビールの空き容器は穴から水が入っても
沈まない、注ぎ口を上にプカプカ浮いてしまうのだ、困った。
困ったときは、目を閉じ一休さんのように・・・、閃いた。
枯れ枝を拾ってきて容器の注ぎ口の紐を枝に結び、川底に枝を突き刺して
浮き上がらないように固定した、我ながら頭いいと自画自賛。
仕掛けは注ぎ口(魚が入ってくる口)を下流に向けたほうが良い。
後は祈るしかない「味噌汁旨いよ、お出で」と。

IMGP8593_convert_20110414224804.jpg
2時間ほどして帰る身支度をして、小川の仕掛けを見に行き、そおーっと引き上げた。
素早く仕掛けの注ぎ口に小さい容器をあてがい逆さまにして中身を移す。
中を覗き込むとヒレが見える、「ヤッター捕ったぞー」、1匹だが入ってくれた。

IMGP8595_convert_20110414224906.jpg
透明容器に入れて確認、7cmほどのタカハヤでした。
これで島原半島のデータに、田代原の小川 タカハヤ生息と久しぶりに新しいデータを追加。
最近、川に行ってなかったからそろそろ活動開始かな。


theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

ご飯ですよ~

IMGP8505_convert_20110410232957.jpg
暖かくなって、我が家の小さい畑にも草がニョキニョキといっぱい。
休日はラジオ(FMしまばら)を聞きながら草取り。
草取りをしていると、ダンゴムシ君がゴロゴロ出現。
タッパに捕獲、大きなアリ君も2匹。

IMGP8509_convert_20110410233145.jpg
そうなんです、ダンゴムシ君とアリ君は蟻地獄の食事用です。
蟻地獄5匹がすり鉢状の巣の底から、グーグーと腹を鳴らしています。
久しぶりの、「ご飯ですよ~」。

IMGP8512_convert_20110410233247.jpg
アリ君を、穴にポトリ。
駆け上ろうと必死のアリ君に見えない敵、蟻地獄君が土の中から襲いかかる。
捕まった、アリ君万事休す。
良く見えないので、アリ君の足をピンセットで掴みそおーっと引っ張ると
蟻地獄君が姿を現したが、体に泥を纏っていてよく見ないと判らない。
久しぶりの食事で、これぐらいでは離さない、いい根性だ。

IMGP8517_convert_20110410233452.jpg
今度はダンゴムシ君を、穴にポトリ。
落ちた時は丸くなりじっとしているダンゴムシ君に襲いかかるが、鎧のような外観で
大きなアゴで挟むが滑って捕まらない。
しばらく静寂の時間、いつダンゴムシ君が仕掛けるか、見ものだ。
その時がきた、一気に駆け上がろうと全部の足を高速で動かしたが、残念、滑り落ちる。
シメシメと穴の底で微笑んでる蟻地獄君の顔が目に浮かぶ。
駄目だった捕まった。 (自分が投げ込んだくせに、こんな表現は不適切かな)
消化液で溶かされた筋肉や内臓が食べられ、残った鎧のような外側は
巣の外に跳ね飛ばされて、御馳走さまでしたをする。
食べてすぐにこんな事を言ったら叱られそうだが、蟻地獄君は超超便秘で
蟻地獄の間はウンコをしないそうだが、苦しくないのだろうか?
成虫から羽化しウスバカゲロウになると今まで貯めていた宿便をやっと
出すそうだが、何と、その宿便が綺麗だそうだ。
ウンコが綺麗なんて、見てみたい、嗅いでみたい。
よし、私も出すのをやめてお腹が膨らむまで我慢して、綺麗なウ○コになるか
試してみたいがどうだろう。
お腹の中で、石化してダイヤモンドに負けない輝きを放つウ○コを。
その時は、皆さん見てくれるだろうか?
いや、写真をここにアップして良いものだろうか?
見るに耐えれる代物だったらということで・・・・。


theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

スギ花粉は

IMGP8461-crop_convert_20110405225606.jpg
新聞に花粉情報が載っているが、あまりピンとこない。

IMGP7884_convert_20110405224857.jpg
山に行くとスギやヒノキが多く花粉が飛んでるんでしょうね。
でも私にはわからない。
友人は、今日は花粉が多いから車の窓を締めてと言ったり、マスクをして息苦しいようだ。
目がゴロゴロするとも言う。
スギの木が茶色になっているのが目に付くが、花粉をまき散らしてるのがそれだ。

IMGP8003_convert_20110405225106.jpg
スギの枝をポキリと折ると、フワーっと白いものが飛び散った。
スゴイ、これが花粉。
テレビで花粉が飛んでいる映像を見たことがあったが、同じだ。
ポキリ、ポキリ、よく飛ぶ。

IMGP8004_convert_20110405225219.jpg
スギの雄花

IMGP8005_convert_20110405225336.jpg
枝を袋に入れて自宅に持ち帰って実験開始だ。
黒いビニールを広げ、枝をパタパタとシートに打ちつける。
花粉がシートに付いたが、大部分が風にのり飛散しているようで、ダメだ。
花粉症の人にはできない作業だが、こんな時私みたいに鈍いのは花粉を吸っても大丈夫。

IMGP8084-crop_convert_20110405225501.jpg
今度は、半透明の袋に枝を入れて、「花粉よ、出てこい」と揺する。
袋を開けてみると底に花粉が溜まっている。
花粉は飛ぶのを見ると白っぽいと思っていたが、薄黄色なんだ。
花粉を指ですくい取り、鼻の穴から吸引し影響があるのか実験してみたかったが
発病して仕事を休むことになったら困るし、誰か人体実験させてくれませんか?
それに花粉の臭いは?
花粉いっぱいの山中で暮らしているイノシシやウサギ、タヌキなどは花粉症に
ならないのだろうか?
そうそうヘビにも鼻の穴があったはずだがどうだろう。
イノシシが「今日は花粉が多いですね・・・」と会話したり、ヘビが鼻水をダラダラで
息苦しくて口を大きく開けてハアハアしてたら面白そう。

次は、ヒノキの花粉は何色か調べてみたい。


theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

海も面白い

IMGP8346_convert_20110402222718.jpg
今日は天気もいいし、潮の時間も3時頃とちょうどいいので貝掘りに行くことにした。
普段から休日は,いろんなところに出かけてたりしているが、女房からは家のためには
全然ならない、釣りにでも言って魚を釣ってくるとか生活費を稼いできたらと
再三注意を受けていて、肩身の狭い思いをしていたこともあり、貝を沢山掘って
時にはやるよというところを見せるつもりだ。
貝掘りは20年ぶりぐらいで、干潮の時間より1時間30分ほど前から三会地区の浜に
出かけて行ったが、さすがにまだ人影はまばらだし、まだ潮が引いていない。
浜に下りると監視員の腕章をしたおじさんが近づいてきて500円払い、
小さいリボンにピンが付いたものをいただいたが、帰りに返さなくていいそうだ。
明日もこのリボンを付けてくればタダでと思ったが、多分、明日は違う色のリボンに
変わっているのだろう。

IMGP8351_convert_20110402220325.jpg


IMGP8350_convert_20110402220222.jpg
最近、眉山と平成新山にモヤがかかっている日が多い。
島原半島は、海すぐ山で海の幸、山の幸がいっぱい。
とりあえず今日は、海の幸アサリを元(500円)がとれるよう頑張って掘るぞ~。

IMGP8353_convert_20110402220426.jpg
「散歩に連れていってもらえると思ったら、貝掘りとは聞いてないよう、つまらないよ~」と
私に訴えているような眼差しだ。

IMGP8355_convert_20110402220555.jpg
掘っても掘っても、小さい貝ばかりで場所をかえながら他の人のバケツを覗いても
やはり小さいのばかりだ。
川や池だったら魚のいそうなポイントは判るが、貝の住処はわからない。
河口の下流付近を掘ってみたが生活排水の為だろう泥が臭くてここはダメ。
グルグルと場所を変え何とか中粒の貝がいる場所を見つけた、これで帰れる。

IMGP8356_convert_20110402220715.jpg
「タコんおったー」と近くで子供の声が。
貝掘りに飽きて石をひっくり返してタコ探しをしていたのだろう。
私も貝掘りに飽きてきていたこともあり、子供たちの方に駆け寄ると
タコが必死に逃げようとしていた。
女の子3人がワーワーキャーキャー、素手で触れないという。

IMGP8359_convert_20110402220820.jpg
写真を撮るからとタコを掴ませて並んでパチリ。
いい笑顔だ。

IMGP8366_convert_20110402221244.jpg
他にいいものがあったら教えてと言ったら、ヒトデがいるけどと男の子が言う。
持ってきて言うと、「触れない・・」と言うとどこかに走っていったが、
棒に引っ掛けて持ってきてくれた、ありがとう。
でも、タコやヒトデを触れない子供達、普通でないですよね、これは問題だ。
それとも私の普通が、普通でないのだろうか?

IMGP8361_convert_20110402220930.jpg
今度は、魚を捕まえて見せてくれたが、それまでが一苦労だった。
捕まえたと思ったらスルリと滑って逃げ出し、また掴んでは逃げられての連続だったが
見るに見かねて「力を入れて掴むから滑って逃げられるんだよ力を抜いて・・・」と
口を出してしまった。
そうそう、そっと優しく手の中に・・・OK、こっち向いて、パチリ。

IMGP8364_convert_20110402221125.jpg
子供達と別れた後、貝掘りを止めて子供達と同じように石を転がしてタコと魚捕りに熱中。
これは面白いとやってて、「痛い」、石についていた貝で切ってしまった。
口で舐めまわして、消毒、終了。

IMGP8369_convert_20110402221452.jpg
石を転がすと、魚がバチャバチャと暴れる、チチブだ。

IMGP8378_convert_20110402221719.jpg
ナベトオシ(地方名)もいっぱい、20cmぐらいのやつがゴゴゴロいるが、ヌルヌルして
なかなか捕まらない。
子供達には「力を抜いて・・・」と言いながら、自分もムキになり力まかせに追いかけている。
言うのは簡単だが、するのは難しい。

IMGP8367_convert_20110402221350.jpg
タイラギの殻発見。
子供の頃、海の中に入り足でタイラギを探り、よく捕っていたが、今はもういない。
宝の海と言われた有明海が今は・・・・青色吐息。
どうしたら良いか、みんな判っているのに、何故。

IMGP8375_convert_20110402221608.jpg
今日の収穫。
あまり大きくないが家で食べるには十分の量のアサリと、タコ2匹。
タコは早速、サシミで美味しくいただいた。
でも女房に褒めてもらえると思ったが甘かった、何故海水を汲んでこなかったのか、
小さい貝は可哀想だから置いてくれば良かったのにと、ケチョンケチョン。
次は褒めてもらえるように頑張らねば、世のお父さん達、共に頑張ろう。

写真をブログに載せるから見てよ、「自然大好き・島原」だよね判った見るねと
言っていたが見てくれただろうか?
子供達、見たらコメントに「見たよ」と書き込みしてね、また会いましょう。


theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

頭隠して・・・

IMGP8271_convert_20110329221955.jpg
オイオイ、君、君、お尻が丸見えですけど、大きいのが。
久しぶり、今年の干支のウサギさんですよね。
・・・・・・。
ウサギさんですよね?
・・・・・・。
学校で、挨拶するように教わらないの、ウサギの学校では。
・・・・・・。

IMGP8264_convert_20110329221543.jpg
挨拶もできない子は・・・・、捕まえた。
暴れてもダメ、ダメ。
それにしても小さいな、何歳だ?
片手を出しても、何本指を立ててるのか判らないんですけど。

IMGP8268_convert_20110329221846.jpg
そうそう、おとなしくていい子だ、パチリ。

IMGP8273_convert_20110329222109.jpg
手の上で、いろんなポーズをとってくれるのはいいけど、1カットずつ止まってよ、
ブレちゃうから、・・・パチリ。

IMGP8286_convert_20110329222448.jpg
バックも撮るの?
さっき隠れているとき、このデカ尻撮りましたけど。

IMGP8284_convert_20110329222335.jpg
ありがとう、撮影終了です。
ハイ、もう家に帰ってもいいよ。
もうおじさんも帰るから。
「・・・・・・」。
エッ、家に帰りたくない連れてってと言われても・・・、お母さんに叱られたの?
帰らないとお母さん心配しているよ。
それにここは国立公園内でおじさんは自然環境監視員だし、動植物を
持ち出してはいけないことも知っているから君を連れて行けない、判って。
途中まで送っていてあげるから、さあ行こう。

IMGP8288-1_convert_20110330232209.jpg
よしここまで来れば大丈夫。
ちょっと離れると保護色でほとんどわからないが、カラスにはどうだろう。
一昨年、広場で子ウサギがカラスに咥えて連れ去られた経験があり、心配だ。

IMGP8289_convert_20110329222707.jpg
立ててた耳をピッタリと体につけて目を閉じて枯葉に擬態している。
お母さんや兄弟が近くにいるはずだから、もうちょっとの辛抱だからね。
バイバイ。
野うさぎ 子うさぎ野ウサギ 子ウサギ

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

アクセスカウンター
カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

川おじさん

Author:川おじさん
川おじさんのブログへようこそ!
川、山、海、池、田んぼ等でいろんな生き物との出会いを楽しんでいます。
無断リンクOK

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。