ウメ~、ウメ~

IMGP7954_convert_20110310224954.jpg
雲仙の宝原園地でヤギとヒツジを使いミヤマキリシマ保全の実証実験を見に行った。
看板が立てられ、トラロープが張られヤギ君とヒツジ君がつながれていた。

IMGP7968_convert_20110310231159.jpg
宝原園地はミヤマキリシマの名所で、普通は10月頃からツツジ周りのススキを草刈機で
刈り取り、その後、鎌でカズラなどを手刈りしてツツジの保全するのに多くの労力を
かけているが、労力を減らすのにヤギ君とヒツジ君が頑張って食べてくれるかの実験だ。
島原農業高校で飼育されているヤギ君1匹とヒツジ君2匹が駆りだされた。

IMGP7956_convert_20110310230848.jpg
ヤギ君は近づき触っても全く気にせず、青い草を探して「ウメ~」と。
ヤギ君は中々の仕事人だ。
でもこの子は左後ろ足が不自由で3本足で頑張っているが、飼育員さんに聞いてみると
ヤギ君ではよくみられるそうだ。

IMGP7957_convert_20110315234011.jpg
ヒツジ君は2匹で頑張っているかなと見に行くと・・・固まっている。
飼育員さんに聞くと、ヒツジ君は神経質で人が近づくと仕事(食べること)をSTOPし
仕事が進まないするそうだ。
2匹でこちらをガン見しているので、顔には笑顔をつくりながら、早く仕事しないと
ジンギスカンにして・・・・と、頭をよぎる。
まだ固まっている、気持ちを読まれたのかやっぱいダメだ、修行が足りない。

IMGP7956-crop_convert_20110325231443.jpg CA3XFKPZ-crop_convert_20110325231408.jpg IMGP7969-crop_convert_20110325231954.jpg
       ヤギ君                   ヒツジ君            ヒツジさん
この実験が成功するか否かは3匹の働きによるので、集まってもらい意見を聞くことにした。
その為に秘密兵器を調達してきた、「ドラえもんの動物語ヘッドホン」を。
                     (動物の話す言葉を理解できる道具)

私   :忙しいところ、集まっていただきありがとう。
     この実験について当事者である君達の意見を聞かせてくれませんか。
ヤギ君 :何でもいいの?
私   :いいですよ。
ヤギ君 :ヒツジ君は彼女と二人なのに、何故私は一人。
     私も彼女と一緒に仕事をしたかったんですけど。
私   :農業高校の先生から、あいつは彼女いないからと聞いてたんですけどね。
ヤギ君 :人前でベタベタするのが好きでないだけで、いつも夕暮れデートだから。
私   :情報ミスでした、すみません。
ヒツジ君:ちょっと、ちょっと待ってよ、違うんだって。
     彼女じゃないって。
     あいつはヒツジ界の「はるな愛」でして、そんな趣味ないですから。
私   :エッ、またまた先生、でも間違えるのもしかたないかな。
     あいつが歩くときの尻の揺れ具合はどうみても女・・・。
ヒツジさん:ゆうよね~。
私    :すみません、仕事についての意見をお願いします。
ヤギ君  :俺は頑張って仕事して、早く彼女の待っている学校に戻りたいだけだから。
ヒツジ君 :今は二人同じ柵内で仕事してるけど、別々にしてもらえないかな?
      ヒツジさん(はるな愛)が擦り寄ってきて仕事がしにくいんだけど。
ヒツジさん:何よよく言うわね、お尻ばかり見ているくせに、知っているのよ。
ヒツジ君 :ウッ・・・・・。
私    :もういいです。 人選ミスでした。
      先生と相談してみますので、これをもちまして終了とします。

かって雲仙ではヒツジの放牧が盛んで雑草を食べてくれてたそうだが、
放牧するのに広い園地を柵で囲むことはできず、監視役にボーダーコリーなどの
犬を使うのもいいかも。
また実験があるそうだが、どのような結果になるのか楽しみだ。
でも、ヤギ君とヒツジ君達の身辺調査を再度行なう必要がありそうだ。


スポンサーサイト

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

春がモコモコと

IMGP8100_convert_20110324002342.jpg
土の中から、モコモコとツクシ君が。

IMGP8106_convert_20110324002543.jpg
昨年はこの場所で、福岡からの観光客のおばさま達とツクシ採りで盛り上がり
「来年も来ます」と言っていたが、来てくれるだろうか。

IMGP8090_convert_20110324001946.jpg
土の中から、モコモコとフキノトウが。
二日前に通ったときは無かったのに、今日は道路沿いにいっぱい。

IMGP8092_convert_20110324002135.jpg
昨年も同じ場所で沢山収穫したが、持ち帰った友人が「もう持ってこなくていいから」と
奥さんから言われたそうだ。
フキノトウの苦味を旨いとは中々理解されないからだ。
実は私は食べたことがない、苦いのは苦手だ、ゴウヤも。
採っては、ほしい人に配るだけ。
つぼみで開いていないのが苦味が強く、開いているのが苦味が少ないと
聞いたが、真意のほどはわからない。

IMGP8109_convert_20110324002646.jpg
たくさん採れたので、さあ何処に配ろう。
1件は、昨年からフキノトウの苦味が好きだから採ってきてと頼まれていた
喫茶店のママの所で決まり。
他にも、苦味が好きという変な人いませんか。


theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

ようこそ島原へ

IMGP8111-crop_convert_20110322221632.jpg
東日本大震災で被災された福島県南相馬市在住で島原出身の山本さん夫婦とその子供など
3家族10人が島原に避難して来られた。
ようこそ島原へ
福島第一原発から20キロ以上30キロ以内の屋内退避地域から来られたそうだが、
小さい子供3人と、それに妊娠8ヶ月だそうで、原発が沈静化しないことから
県外脱出を決断されたそうだ。

長崎県では、538世帯の受け入れ方針を、今日発表した。
  ハウステンボス           190世帯
  長崎市内のホテル、旅館      45世帯
  雲仙温泉ホテル、旅館        66世帯
  集合避難施設5施設(島原市)  137世帯
  小浜保養所白雲荘(雲仙市)    16世帯
  その他                  84世帯

前回の記事で紹介した、雲仙・普賢岳噴火災害時の避難施設も受け入れ施設となっている。
島原や雲仙など島原半島で約200世帯の受け入れが可能で、水や自然に恵まれていて
島原、雲仙、小浜の3種類の異なった温泉にはいれて、お勧めです。
もし避難を考えておられるのなら、是非、長崎県の島原半島もご検討ください。

詳しいことは下記をクリック。

長崎県の被災者受け入れ



theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

ほんの少しだけ、冷静に、優しくなって

IMGP8081_convert_20110319224121.jpg
東日本大震災で被災者の受け入れ態勢づくりが各地で進められている。
20年前の雲仙・普賢岳噴火災害の際は全国から多くの支援を受けたが、今度は私たちが
お礼を込めてお返しするのに、何が出来るだろう。
そういえば、普賢岳噴火災害のとき雲仙自動車学校の上に避難所があったはずと行ってみると、
そのまま残って使われていない。
深江町にもまだあるはずだ、被災者の避難先に登録できないものだろうか。
島原市としての被災者の受け入れ態勢などはどうなっているのだろう。
「雲仙・普賢岳のご恩を返す会」の名称で島原高校卒の有志6人が、島原市内のマンション
3部屋を借り上げ、生活に必要な電化製品も揃え無償で被災者を受け入れると、民間は動いている。
18日には、水の都島原ということで応援給水隊2台が福島に出発した。
市内各所で募金活動も活発に行われている。

IMGP8078_convert_20110320001021.jpg
ネットや新聞、TVで買い占めのことは知っていたが、今日久しぶりに店に寄ったら
何と電池売り場が空っぽ。
こんな九州の果て島原の田舎で買い占めるが起きるとは、残念だ。
友人から聞いたが、東京では電池が売り切れで手に入らず、親戚や友人などから頼まれて
送ることにより買い占めがおきたようだ。

110317_no_kaishime_convert_20110320003737.jpg

tc3-1_search_naver_jp_convert_20110320004040.jpg

tc3_search_naver_jp_convert_20110320003902.jpg

もう大丈夫ですね、いつものあなたです。


theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

がんばれ日本

IMGP8040-crop_convert_20110313212159.jpg
IMGP8043-crop_convert_20110313212346.jpg

M9.0の東日本大震災が東北地方を壊滅的な被害をあたえた。
巨大津波が町々を飲み込む映像がテレビで放映され、想像を絶する破壊力に恐怖と
驚きでいっぱいだ。
それに原発の放射能漏れの見えない恐怖も。
建物に孤立し命からがら救出されたおじいちゃんがマイクに向かい笑顔で
「チリ地震も体験し再興したし、また再興しますよ」と力強く話されたのが救いだ。
災害の中、みんなで助け合い、協力しあう日本人を、海外からも高い評価を
受けている、「がんばれ日本」だ。
まだ多くの不明者や道路が遮断され孤立状態の人々が、早急に救出されることを
祈るばかりだ。
それに温暖な天候が続いてほしい。

メールが届いた。
節電のお願いメールで、多くの人にメールしてほしいと。
何かできることはないだろうかと思っているあなた、節電お願いします。
テレビで供給電力が不足し、関東地区は明日から輪番停電と言っている。
交通機関やエレベータやエスカレーターなど、さまざまな生活に影響がでそうだが
協力して乗り切るしかない。




theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

平日の初市

IMGP7909_convert_20110307220414.jpg
島原初市が3月3日から10日まで開かれている。
毎年期間中の土日に行くのだが、用事があって行けそうにないので4日の金曜日に
行ってみた。
平日で駐車場はガラ空きで、今年は楽チン。
人通りもまばら。

土日はジオ鍋500食分が無料で振る舞われたそうだが、20分で終了するほどの
人手だったそうだ。

IMGP7915_convert_20110307221250.jpg
空いていると何だかツマラナイ、人混みの中を見学するのが初市のはず。
幼稚園の集団発見、市内の幼稚園だ。

IMGP7911_convert_20110307220751.jpg
またまた発見。
「どこの幼稚園?」と聞きながらデジカメでパチリ。
「あ~、撮られた~」とワイワイと元気いっぱい。

IMGP7912_convert_20110307220902.jpg
またまたまた発見。
今度も市内の幼稚園で、はぐれないように先生も大変。
西有家町の保育園も。
帰り道、横断歩道にも保育園の集団が初市に向かっている。
保育園の大会でもあるのかと思うほどだ。

IMGP7913_convert_20110307221022.jpg
他にもデイサービスのお年寄りともすれ違う。
土日はごった返すので、平日の訪れたのだろう。

同じような風景をどこかで見たことがある。
そうそう、雲仙のミヤマキリシマ(ツツジ)見学の時も同じだった。
保育園、デイサービスの見学者が押しかける。
園児も老人も同じ行動をするということは・・・、閃いた。
保育園とデイサービスを合併させてはどうだろう。
その訳は
 ・行き先は同じだから、老人と子供が手をつなぎ見学。
 ・老人は子供たちから元気、若さをもらえ、元気になる。
 ・子供たちは、おじいちゃん、おばあちゃんから年寄りの知恵を学ぶ。
 ・おばあちゃんは子供たちに「トイレの神様」の話をしてあげる、美人になるように。
 ・子供たちは、足の悪いおじいちゃん、おばあちゃんの車椅子を押してあげる。
 ・元気なおじいちゃん、おばあちゃんは子供たちの面倒をみる。
 ・
 ・
保育士さん、ヘルパーさんは影から見守るだけでいい。
子供とお年寄りが互いに刺激しあっていい効果がでると思うのだが、どうだろう。

IMGP7914_convert_20110307221136.jpg
ラーメンバーガー(博多発!究極のB級ぐるめ)?
初市に初登場かも?

IMGP7910_convert_20110307220635.jpg
どの店も閑古鳥が鳴いている、暇そうだ。
どの店を見ても携帯とにらめっこ、何をしているのだろう、メール?ゲーム?。
日本中、携帯病。



theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

南は?

IMGP7593_convert_20110301231713.jpg
何だか勿体無いような大杉の木が伐採されている。
年輪からすると100年ほどの巨木だが、記念碑が建つそうで切り倒されたそうだ。
年輪の中心から写真の上方に年輪が広くなっているということは、そうです、
そちらが「南」です。
方位が判らないときは、切り株を見れば判るんです。

IMGP7879-crop_convert_20110301232446.jpg
コンパスも切り株もない時は?
あなたは腕時計をはめていますか?
まさかデジタル時計? アナログ時計?
やっぱり時計はアナログでしょう、コンパスにもなるし。

IMGP7794_convert_20110301233151.jpg
方位を調べる度に、木を切るわけにはいかず、また雨天で太陽が見えない時は
折角のアナログ時計も使えない、さあどうする。
周りをよーく見渡してみたら・・・五感を働かせて。
空や風や木々が教えてくれるはず。


theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

アクセスカウンター
カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

川おじさん

Author:川おじさん
川おじさんのブログへようこそ!
川、山、海、池、田んぼ等でいろんな生き物との出会いを楽しんでいます。
無断リンクOK

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク