綺麗と恐いと!

IMGP7357_convert_20110129232041.jpg
今日は27日、晴天。
仁田峠~妙見岳~吹越分岐~国見分岐~紅葉茶屋~あざみ谷~仁田峠へと散策。
霧氷も綺麗だが、平成新山、普賢岳の上空に負けないくらいきれいな雲にウットリ。

IMGP7352_convert_20110130215554.jpg
日が当たる場所の霧氷は溶け始めているが、まだ大丈夫。
年末からの雪で、尾根の登山道は踏み固まれて少なくても30cmは嵩上げされ
アイスバーンでツルツルと滑りやすく、危ないからと外側に踏みだすと
落とし穴にはまった状態となるので注意だ。

IMGP7359_convert_20110129232137.jpg

IMGP7355_convert_20110129231844.jpg
尾根を歩いて行くと前方に、まあるい国見岳。

IMGP7367_convert_20110129232457.jpg
国見岳分岐を過ぎると鬼人谷への下りだ。
途中はロープが設置してあり何とかなったが、この先は急勾配なのに階段が雪で埋もれ
滑り台状態で、簡易アイゼンを嵌めているが超危険だ。
この急傾斜の先は谷で、そこを右に曲がらなければならないが、もし足を滑らしたら
真っ直ぐ谷に落ちることになる、かっこ悪くても這いつくばって何とか降りれた。
この下りは、雪山専用のゴツイアイゼンが必要だ。
すれ違った何人かの登山者はさすがに、いいアイゼンをされていたので聞くと
この簡易アイゼンは2000円ほどだが、通常のは7000円以上するそうで
高くて手が出ない金額だ。
登山の装備は結構高額で買えないが、アイゼンだけはいいものが必要だと実感した。

IMGP7370_convert_20110130215710.jpg
右に見えるのが国見岳。
前の写真の傾斜を下って右に降りた所だが、右側は谷。
雪で道幅が狭くなり危険箇所で、ここにもロープが必要だ。

IMGP7372_convert_20110129232824.jpg
やっと鬼人谷へ降り一息ついていると、変なおじさんに遭遇。
鹿児島から来られたそうで、嬉野に行き昨日は長崎でゴッホ展を観てきたそうで
優雅な生活をされているようで、羨ましい限りだ。
それに、背負ったリュックに犬の縫いぐるみを入れられていると眺めると、動いてこちらを
見ている、生きている。
「この子は寒がりなのでリュックにいれているんですよ」と。
この雪を見て「犬は喜び庭駆け回る・・・♪」のはずが、人間界と同じ現象が犬社会でも
おこっているのだろう、草食系犬も・・・。

IMGP7373_convert_20110129232931.jpg
紅葉茶屋の標識が半分埋もれている。

IMGP7378_convert_20110129233053.jpg
あざみ谷に着き、休憩しようとベンチを捜すが無い。
雪の中に、ベンチの上面を発見、座れないよ~。
野鳥の水飲み場も雪で埋もれている、雪でもついばんで喉の渇きを潤してほしい。

日本各地で雪の被害がニュースで流れているが、一雨降って溶かしてくれれば
良いのだが。





スポンサーサイト

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

おしどりの池のツララ

IMGP7210_convert_20110121222557.jpg
雲仙温泉街の東洋館前の坂を下ると、おしどりの池(別所ダム)があり遊歩道を散策。
久しぶりに青空がのぞいたが、気温は相変わらず低く日陰にはまだ雪が残っている。

IMGP7197-crop_convert_20110121221728.jpg
水際の倒木についたツララが日差しを浴びてキラキラと輝き綺麗だ。

IMGP7200_convert_20110121221941.jpg
でも何か変。
普通のツララは逆円錐形で尖っているものと思っていたが、ここのはいろんな形のツララだ。

IMGP7203_convert_20110121222043.jpg
何故、こんな形になるのだろう。
推測すると、積もった雪が溶けたのが固まりツララになったが、湖面の波などの影響で
こんな形になったのだろうか?

IMGP7207_convert_20110121222254.jpg
バナナ型ツララ。

IMGP7215_convert_20110121222803.jpg
湖面からの1本の木にできた、円錐状のツララ。

IMGP7209_convert_20110121222500.jpg

IMGP7208_convert_20110121222358.jpg

IMGP7213_convert_20110121222700.jpg
小さい竹についたツララ。

IMGP7224_convert_20110121222917.jpg
枝に10本ほどの巨大ツララが湖面にぶら下がっていたのを、手を伸ばし取ろうとしたら
崩れ落ちてしまい、1本だけになってしまった、残念。

自然って、綺麗だし、面白いけど、連日の氷点下の雪の中に終日いると靴の中に
カイロを入れ、底には新聞紙を敷いたりして予防していたはずが、指はシモヤケ、かかとは
ヒビワレて痛い、痛い。
自然て厳しいんだ、頑張ろう。


theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

スケートは?

IMGP7245_convert_20110118215159.jpg
雲仙の白雲の池に久しぶりにやってきた。
新聞で池が凍り付いている記事を読んだが、その時たまたま友人達が訪れ氷の上に
3人上がったけど大丈夫だったよと聞いていた。

IMGP7236_convert_20110118214943.jpg
この2日ほどは雪も降らず晴れ間も出ることもあり、雪も多少は減っているようだ。
貸ボートにも雪が積もって沈没しないのだろうか。

IMGP7231_convert_20110118214628.jpg
氷の上に上がってみたが大丈夫だ。
たしか30年ほど前に使っていたスケート靴が押入れの奥にあるはずだが、
まだ使えるだろうか?
それより滑れるだろうか?
自然の池では滑ったことはないが、スリルがあって面白そう。

IMGP7244_convert_20110118215047.jpg
友人と二人で氷上をうろついているのを見つけたアヒルさんが氷の上を滑るように
歩きながら近寄ってきた。
雪でエサがなくお腹をすかして、エサを貰いにきたようだ。
残念ながら、何も食べ物を持っていない、「ゴメンなさい」。

IMGP7246_convert_20110118215323.jpg
池の向こう側に妙見岳が見えるが、山頂辺りは雲に覆われているが、雪かも。
昨年暮れから、仁田峠循環道路は積雪の為に連続通行止めだ。
仁田峠の売店やロープウェイはもう半月以上閉店状態で可哀想。

先週の土曜日は島原市内で氷点下3℃という寒さで驚いていたが、その日雲仙は何度?
雲仙の温泉街の近くに気象庁の観測所があり、最低気温が氷点下9.2だったそうだ。

白雲の池に行かれる方は、国道から白雲の池への道路は急な上り坂になっていて
雪が残り凍結していますのでノーマルタイヤでは無理だと思います。
雪道でのスピードの出しすぎや、ブレーキングにはご注意ください。


theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

鬼火で無病息災

IMGP7117_convert_20110114010710.jpg
9日は島原市内の5箇所で恒例の鬼火があるというので、昨年に続き杉谷地区の鬼火に
参加するべく中尾川河川敷きに急ぐと、市長も秘書を伴い会場に急ぎ足で、一応挨拶。
市長に当選した頃に比べ、格段にメタボが進行している市長。
挨拶では「2年後には選挙があるんで・・・・」と、ちょっと変。

IMGP7115_convert_20110114010457.jpg
役目を終えた正月飾りが燃やされる。

IMGP7126_convert_20110114011015.jpg


IMGP7125_convert_20110114010915.jpg
きれいな正月飾りが燃えちゃって、何だかもったいない気がしないでもないが。

IMGP7129_convert_20110114011117.jpg
煙がモクモク、火がボウボウ。

IMGP7131_convert_20110114011220.jpg
「ポン、ポン!」と竹が爆ぜる大きな音と同時に、竹が倒れる。
「離れて、離れて!」と。
どこかで鬼火の際、見学者が携帯を操作中に竹が倒れてきて直撃した死亡事故があったそうだ。

IMGP7133_convert_20110114011323.jpg
この寒い中、ランニング姿の子。
校長先生から「この子は年中この格好」だそうだ。
冬でも半袖で頑張っている佐川急便に、この子は内定だ。
鬼火のあとは、ウォークラリーも計画されていて校長先生からお誘いがあったが
別の用事があり今回はパス。
みんなと鬼火の炭で焼いた餅を食べたかったけど、来年の楽しみに。


theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

雪・雪・雪の仁田峠

IMGP7096_convert_20110107222437.jpg
新年になり、雪が降り続く日々だったが、そんな中を仁田峠に数日続けて登った。
仁田循環道路は積雪の為、通行止め。
トラックにタイヤチェーンで登っていくが、道路はガチガチに凍結していて低速でゆっくり
登っていくが、周りの景色に見惚れて脇見運転。
ここが九州とは「信じられな~い」状態だ。

IMGP7098_convert_20110107222701.jpg
仁田峠駐車場の手前には1m程の雪の吹き溜まりでビックリ。

IMGP7102_convert_20110107222922.jpg
仁田峠駐車場内の売店やトイレ周りも雪だらけ。
トイレの入り口ドアが半開きで中に雪が入り込み洗面台の高さまで雪が積もっている。
あまりの寒さに便器が凍結し割れていたり、水洗の金具が氷の膨張で割れたりと
自然の驚異だ。

IMGP7112-crop_convert_20110107223137.jpg
売店横の温度計を見に行くと、氷点下5℃。
深夜には何度まで下がるのだろう?
最高・最低温度計で測定してみたいものだ。

IMGP7103_convert_20110107223030.jpg
いつもは多くの観光客がロープウェイ乗り場にと登っていく階段も真っ白できれい。
悪い癖で、足跡を・・・。

IMGP7097-crop_convert_20110107222557.jpg
もちろん妙見岳や平成新山も全く見えないが、かすかにロープウェイ乗り場だけが見える。

IMGP7060_convert_20110104224822.jpg
雪が降ると「待ってました」とばかりに登って来られる登山家がいるが、この日も
5人のグループが仁田峠に降りてこられ聞くと、普賢岳と国見岳に登ってきたそうで
50cm程の積雪の箇所もあったそうだ。
それともう一組、売店の軒先でカップラーメンを美味しそうに食べていた長崎からの家族。
今から車を止めている池ノ原園地まで降りていくそうで、子供をソリに載せて下りの
登山道を降りるのは楽しそうだ。
でも、この寒さで手が冷たいと泣く子供を、お母さんが手をフウフウして温めてあげながら
ご機嫌をとりながらで、お母さん頑張れ。

IMGP7076_convert_20110104225433.jpg
仁田循環道路をおりて、389号線にでるとここも凍結していてスタッドレスタイヤや
タイヤチェーンなど装備がなければ通れない道路で、十分ご注意ください。

最新の道路情報は仁田循環自動車道路事務所 0957-73-3688へ お問い合わせ下さい。



theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

2011年年賀

IMGP1459繝上・繝・1_convert_20101224212359

09年9月に雲仙池之原園地の広場で出会った子ウサギ君に新年を飾ってもらう。
オイオイまだ眠たそう、今年もいい年だよ、ゆっくり目を開けてみてごらん。

新年、明けましておめでとうございます。
ボチボチ更新のブログですがご覧いただきありがとうございます。

昨年は、ヤマドリやアナグマ、イノシシ、ヤスデ、ヤマナメクジ、コウガイビル、
オオゲジゲジ、タガメ、ゲンゴロウ、スズメバチ、モグラ君などなどいっぱい出会った。
ツツジやヤマザクラ、ヤマボウシ、ネジバナ、ヤマホトトギス、ホタルブクロ、
マユミなどなどの野の花さんともいっぱい出会った。
普賢岳や妙見岳、国見岳、野岳、矢岳、絹笠山、高岩山、吾妻岳、九千部岳、
眉山、焼山などなどの山々に登って、雨や青空、雪だったり、時にはヒョウや
カミナリにも出会った。
それにそれに、登山道や川や海で多くのいろんな人達にも出会った。

さあ、2011年はどんな出会いがあるのか楽しみ。

皆さんも身近な自然の中に出かけてみませんか。





theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

アクセスカウンター
カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

川おじさん

Author:川おじさん
川おじさんのブログへようこそ!
川、山、海、池、田んぼ等でいろんな生き物との出会いを楽しんでいます。
無断リンクOK

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク