どしゃぶりの雨の中で ♪

IMGP6123_convert_20101026232602.jpg
土曜日の夜、友人から電話があり「明日、池干しがあるよ、朝8時頃栓を抜いて
10時頃には水が抜けそう」と、もちろん「行きます、連絡ありがとう」。
でも後で考えてみると、明日の天気は雨の予報だったはず、どうするのだろう。
当日はやっぱり土砂降りとなったが、用事を1件済ませて10時に池を訪ねると
既に養殖している鯉を捕獲し終わっていた。

IMGP6122_convert_20101026232417.jpg
「もう終わったんですか?」、「7時から始めたからね」と、天候が悪くなるので
時間を早めて早朝からになったようだ。
遅かった、天候による予定変更を予測できなかった。
もっと時間に余裕を持って来れば良かったと、反省。

IMGP6125_convert_20101026233422.jpg
池の生物調査は、まだ今だったら大丈夫。
でも急がないと雨足が強くなり川から水が勢いよくなってきた。
水位が上がる前に、胴長と雨具を着込んでタモ網とバケツを持ってぬかるむ池に下りる。

IMGP6124_convert_20101026232715.jpg
伸縮できる長い網とタモ網を使い、濁った水を手当たり次第にすくいまくる。
ほとんどがフナで、時々ドンコとハヤ、小さいハゼ、カワエビぐらいだ。
フナは多いが、他の魚達が今年は少ない。
一昨年は、ナマズ、ウナギ、スッポン、タナゴ、ドンコ、ハヤ、フナ、カワエビなど
泥まみれになりながら大量に採取したのだが。

IMGP6127_convert_20101026233658.jpg
次は、ドブガイの調査だ。
池の水位がどんどん上がってきている、急いで干上がっている池の周辺を一回りしなければ。
注意しないと膝まで泥に潜って動けなくなる、まだ堤防の上に数人が見えるが
はまってしまったら、雨音で「誰か、助けて」の声が届かない距離だ、慎重にでも急いで。

IMGP6126_convert_20101026233532.jpg
やった~ドブガイ発見。

IMGP6132_convert_20101026233803.jpg
何とか2個採取、急いで堤防に戻らないと。

IMGP6135_convert_20101026233907.jpg
帰り際に、池干しに参加されていた方に鯉以外に何かいたか尋ねると、ナマズが
たくさんいたそうで、その中の60cmほどの2匹を飼育して子供達に見せたいそうで
持って帰られた。
来年は、早めにきてナマズすくいをしたい。
びしょ濡れになり寒い、早く帰ろう。


スポンサーサイト

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

今年も、ありがとう

IMGP6092_convert_20101023213713.jpg
今年も高枝鋏と伸縮網のコンビが活躍する時期になった。
裏山(眉山)に5分程入ると、毎年収穫しているアケビの園がある。
準備万端、出発だ。

IMGP6098_convert_20101023214207.jpg
毎年、ここ1箇所で十分過ぎるほどのアケビが収穫できるが、木々を見上げると
今年もいっぱい生っている、ありがたい。

IMGP6097_convert_20101023214038.jpg
目の前にも、食べてください、食べ頃ですよとぶら下がっている。

IMGP6096_convert_20101023213907.jpg
高い場所にあるアケビは、網を下にセットして高枝鋏で切り取る。

IMGP6106_convert_20101023214543.jpg
昨年に続き今年も1本のツルで30個以上とは、実に効率がいい。

IMGP6110_convert_20101023214800.jpg
5本とも色も形もバッチリで、葉っぱも付いて飾りに使えそう。
誰かほしい人はコメントください。

IMGP6112_convert_20101023214912.jpg
まだ青いのを割ってみた。
まだ完熟ではないが、十分食べれるが、しばらく保管してからがいいかも。

IMGP6101_convert_20101023214325.jpg
もう取り残しはないか探していると、隣の木にグベ(正式名:ムベ)を発見。
昨年は気づかなかったが、ざっと数えても10個以上あるが、まだ熟するには
もう少し日数を要しそうだ。
来月に収穫することにしよう。

IMGP6108_convert_20101023214653.jpg
念のために1個採って試食してみるが、甘味がもう少し状態。
アケビと違ってグベは熟しても割れないので、虫に先に食べられることもないので
待つのが正解だろう。

IMGP6104_convert_20101023214433.jpg
ヤマイモのムカゴも発見。
網を下にすけて、揺すると楽に収穫できる。

1箇所で、アケビ、グベ、ムカゴの山の恵みが採れるなんて、ありがたい。
3年前に山中を散策中に、この場所を見つけて以来毎年収穫しているが、
他にも旨いもの、綺麗なものはないか探索してみよう。
そうだ、今年はマッタケが大豊作だそうだから、来週でも赤松林を探検し
「マッタケ採ったぞ~」と・・・・空想を。
一緒に山中を散策してみませんか、いろんな発見があって面白いですよ。

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

ピンボケだが、いい日だ

IMGP6065_convert_20101021002505.jpg
雲仙岳下山途中に、草むらから「ヤマドリ」が姿を現し「アッ」という間に姿を消した。
ヤマドリの存在については、友人から最近見ることがないよねと聞いてはいたが
見たことがなく、是非会いたいと思っていたがカメラを構える前に一瞬で終わった。
下山途中に休憩を取っているとキジのメス(?)らしい鳥が2羽、地面をついばみながら
近づいてくる。
デジカメを向けても気にする訳でもないが、チョロチョロと動きが早いので
ボケてしまった。

IMGP6071_convert_20101021002639.jpg
しばらく観察していると、脇から赤い大きい塊がさっきの鳥を追いかけた。
ヤマドリのオスがまた姿を見せてくれた、大きいし、尾羽が長いし、綺麗だ。
ということはさっきの鳥は、キジのメスでなくヤマドリのメスだ。
ヤマドリはキジ科だから、似ているのは当然だ。
時々、「グッグッ」と鳴き、羽をバタバタとしているが、まだ繁殖期なのだろうか?
シャッターを切るが、木立が覆っていて光が足りないし、動きについていけず
コンパクトデジカメでは限界かも、ピンボケばかり。

IMGP6073_convert_20101021002752.jpg
滅多に出会えない貴重なヤマドリを間近に見れて最高だ。
これで写真が綺麗に撮れたらもっと良かったが、それは欲張りすぎかも。
生息しているのは確認できたので、また再会できるだろう。

それと、もう一つの出会いもあった。
登山道で挨拶を交わした女性の方から野の花についての情報をいただいたが、
野の花についてとても詳しい方で、話をしていると何と家のご近所さんだ。
「気まぐれ散歩」というブログをされているそうで、帰宅してから覗いてみると
雲仙岳の情報だけでなく、各地の山々を登山されていて、行動力がすごく
ためになる情報満載で素晴しい。
連絡をとり、お互いのブログにリンク登録。
ヤマドリといい、偶然出会ったご近所さんといい、最高の日に感謝だ。
今度は、ピンボケでなく美しい姿のヤマドリを撮るぞ~ 。

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

ちょっと一服

IMGP6044-crop_convert_20101016230814.jpg
禁煙から2週間。
もう耐えられない、ちょっと一服、ウ~ン、まずい。

タバコを吸っているところを、自分で撮るのはなかなか難しい。
煙が写ってなかったり、タバコと指の形が不自然だったりして何度も撮りなおすが
その度にまずいタバコを吸い吹き出しながらシャッターを切る。
何とか会心のの写真が撮れた。

IMGP6034_convert_20101016230439.jpg
禁煙を始めたのを聞きつけた友人が、「電子タバコ」をプレゼントしてくれた。
ニコチン、タールが0で、煙が出て、吸うと先端が赤く光る優れものだ。
だが肝心の味が・・・、甘ったるくて・・・これはダメだ。
禁煙用だから旨かったら問題かも。
禁煙を始めて不思議なぐらい何もなく過ごせて、若干拍子抜け状態だ。
時々、ここで1本吸いたいところだと思うこともないではないが、
イライラする訳でもなく楽に過ごせているが、口が寂しくのど飴を
ついつい口に持っていくのが無くならないと禁煙達成といえないかも。

IMGP6036_convert_20101016230713.jpg
携帯灰皿やライターなどがまだ机周りに転がっているが、捨てるのにはもったいない。
引き出しの片隅にしまっておこう。

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

池めぐり

IMGP5991_convert_20101011234733.jpg
今日は体育の日で祭日。
島原市の体育祭も昨日で終わり一息つき、次は11月にある県体育大会に向けて
卓球の練習を今しばらく頑張らないといけない。
午後2時ごろ友人のイモリ大好きさんから「今、暇ですか?何処か行きませんか?」と
誘いの電話だ。
家に来てから行き先を決めることになったが決まらず、とりあえずグリーンロードを
走りながら考えていると、池がチラッと見えた、水位が下がっている、これだ。
10月から11月にかけてこの地区では池干しの時期で、イモリ大好きさんは
タナゴの産卵用にドブガイをほしいそうで、池を案内することになった。
この池は、ブラックバスや鯉が釣れるのだが、大幅に水位が下げてあるが
数名の釣り人がいる。

IMGP5989_convert_20101011234547.jpg
川からの水が流れているが、ドブガイを探すがいない。
普段は、大きなミミズを餌にして釣ると、大きな鯉が入れ食い状態のポイントだが、
底はこんな地形になっていたんだ。

IMGP5996_convert_20101011234848.jpg
次の池は、山側に杉林の狭い道を登って行くと現れた。
ここも水位が通常より下がっていて、飼育されている鯉が悠然と泳いでいる。
山に囲まれた池だが、ここを訪れる人はまずいないような場所で、池の畔には
大きな栗がゴロゴロ転がっている、もったいない。
山中からは湧水もみられるし、とにかく静かで落ち着く。

IMGP5998_convert_20101011234959.jpg
池への水を供給している川を上っていくと、渓流の宝石と呼ばれるカワセミ2羽が
現れ飛んでいく。
池や川にはハヤなどの小魚が見え、いい餌場があり生息環境は申し分ない。

Alcedo_atthis_4_(Lukasz_Lukasik)_convert_20101013222252.jpg
カワセミ (水にダイビングして小魚を獲る)
 
IMGP6006_convert_20101011235109.jpg
時間も遅くなった、今日5ヵ所で最後の池だ。
この池は、一昨年池干しに参加したことがあり、ドブガイを数個採取したことがあり
期待できる。
今週末、池干しされるのだろう、都合よく水位が下がっている。

IMGP6010_convert_20101011235328.jpg
潟でぬかるむ中、二人で探すとドブガイの殻を発見、生体をさがす。
やっぱりいた、膝まで潟にぬかるみながらイモリ大好きさんがドブガイ確保、大喜び。
今日の目標達成、これで帰宅。

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

不揃いのむかご達

IMGP5926_convert_20101008230159.jpg
今の時期、雲仙ではツツジの周りの下刈り作業が行われている。
来年の5、6月にツツジを綺麗に咲かせる為には背丈ほどに伸びた周りのススキを
草刈機で刈り取り、ツツジの根元は鎌により手刈りでツツジを覆っているカズラなどを
取り除き光を十分に与えてあげなければならない。
ヤマイモのツルにハート形の葉っぱの脇に、むかごを発見。

IMGP5924_convert_20101008231045.jpg
ツルから2枚の葉っぱが伸び、そこには2個ずつむかごが生っている。
触るとポロポロと落ちるので下に手や袋をすけてたほうがいい。

IMGP5972_convert_20101008233407.jpg
形や大きさも不揃いで、これが自然でいい。

IMGP5975_convert_20101010000618.jpg
洗ったむかごを炊飯器に放り込むだけで、むかご飯の出来上がり。
休日の朝でもあり、むかご飯と味噌汁をゆっくり味わう・・・旬の物は美味い。

そういえばアケビもそろそろ生っている頃だが、毎年採っている裏山に行ってみよう。

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

やっぱり赤がいい

IMGP5929_convert_20101005225041.jpg
道路沿いの畦道には、赤い彼岸花が鮮やかに咲いている、きれいだ。

IMGP5931_convert_20101005225223.jpg

IMGP5935_convert_20101005225336.jpg
彼岸花といえば、この時期に田んぼの畦や川沿い等でよく見られる素晴しい風景だ。
稲穂が黄金色に染まった田んぼと、畦道に咲く赤い彼岸花との相性がいい。

IMGP5936_convert_20101005225451.jpg
彼岸花は普通赤色、いや黄色も白色もあると聞いたことがあったが、どこを見ても
赤ばかりで、自宅までの帰りは田んぼのあるコースを選んで通るが無い。
田んぼ道をやめ国道を走っていると、コンクリート製住宅の裏にチラッと。
Uターンして捜すとあった。
住宅地の中の小さい畑の脇に咲いている1輪の黄色い彼岸花が偶然目に入ったのだ。
近くの物を見るのには老眼鏡がないと全然見えないが、視力は良いので遠くは
バッチリ見えるのだ。
黄色の彼岸花は稀少かも知れないが、黄金色の稲穂とは同系色で全く目立たない。
やっぱり彼岸花は赤色が一番いい。

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

最後の1本

IMGP5957_convert_20101004225219.jpg
10月4日、午後10時55分、最後の1本を吸い終わった。
ブログで禁煙の告知をして引き返せないようにしたら、いろんな方から励ましの
コメントをいただき、ありがとうございます。
さあ、今から健康な体に再生スタートだ。

IMGP5953_convert_20101004225005.jpg
仕事が終わり、売店で最後のタバコを吸い終わった後、口寂しくなった場合を考え
飴などを購入、380円。
タバコ1箱が410円だから、これだけ買って30円のおつり。
でも間食が増えてメタボになる可能性大だ。
ご飯も美味しくなるなるそうだから食べ過ぎに要注意。
今の体重を維持して禁煙に成功しないといけない。
禁煙の苦しみの後には、食欲という2番目の試練が待っていそうだ。
先のことを考える前にまず禁煙を克服しないと先に進めない。
よーいドン。

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

節煙いや、禁煙いや・・・

IMGP5941_convert_20101001224648.jpg
10月1日、タバコが110~140円も値上がりした。
節煙するかキッパリ禁煙するか悩んでいたが決めきれず、30日に3箱購入。
購入した3箱と今までの吸い残しの1箱を並べて悩んでいると、箱にいろいろ
書かれているが、いままで特別に気にしてなかった。
それに箱により内容が違う。

IMGP5942_convert_20101001224846.jpg

IMGP5943_convert_20101001225100.jpg

IMGP5944_convert_20101001225215.jpg

IMGP5945_convert_20101001225323.jpg
タバコは、肺気腫、脳卒中、心筋梗塞など危険性を高めますと書かれている。
こんなに害があるなら売らなければいいのに、それも国が売って良いものなのか。
「害が判っているのに買うお前が悪い」と言われそう。
タバコを止めると親不孝なのではと考えてしまう。
亡き父は実は日本専売公社に勤務していて、タバコ栽培の技術指導者で栽培者から
タバコの先生と呼ばれていた。
タバコの葉を乾燥したものを額に入れて家に飾ったり、販売前の試作品のタバコを
いろいろ持ってきては味見をしていた。
それに、いろんなタバコの箱紙をロールで持っていて屋根裏に集めていたが
貴重なものだったろうけど、昨年大掃除して焼却してしまった。
私が20歳になり正月に帰省した際、父が何処かに出て行ったと思ったら
何故判ったのか、私が吸っているタバコ3箱を黙ってコタツの上に置いたのが
思い出される。
タバコのお陰で生活ができ大きくしてもらったのに、タバコを止めるなんて
親不孝ではないだろうか。
それとも3級品のタバコにして出費を抑えるか。
エコー(新価格240円)、わかば(250円)、しんせい(240円)、
ゴールデンバット(200円)だから、今吸っている「KENT」は300円が
110円アップし410円になるのでそれよりも断然安い。

自然大好きで山や川、海に行ってもそういう中でタバコを吸うのに違和感を
感じていたし受動喫煙も、それにタバコを止めたら健康にも良いし、経済的にも
助かるし、この際タバコを止めようと思う。
ブログで宣言して軟弱な自分を引き戻れないようするのも狙いだ。
苦しい禁煙生活が待ち受けていると予想できるが頑張るしかない。
あと3箱あるから、3日後からスタートだ。
「フレ~、フレ~ 川おじさん」と、自分にエールを。

友人のthomさんが、へたれオヤジの禁煙日記+αで禁煙を頑張っているので
覗いてみてください。
「フレ~、フレ~、thomさん」。


theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

アクセスカウンター
カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

川おじさん

Author:川おじさん
川おじさんのブログへようこそ!
川、山、海、池、田んぼ等でいろんな生き物との出会いを楽しんでいます。
無断リンクOK

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク