スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

庭のビオトープが!

目覚めて、外を覗いて見たが雪は降っていない天気予報は雪のはずだが、またハズレ。
水槽小屋に餌やりに出ると寒い、もしかしてと庭のビオトープをみると、全面氷がはっている。
水槽小屋の温度計は4℃、外は2度ぐらいだろうか?
島原市内に湧水を使ったビオトープが数箇所あるが、湧水があれば庭全面にビオトープを
作りたかったが、島原は安いといっても水道水を使うわけにはいかずしょうがないので
左官さんがコンクリートを練る時に使うトロバコを土に埋め込みビオトープに。
レンガを真ん中に並べ半分に仕切り、片方に泥を入れ水深に変化をつけ、トロバコの上方に
ドリルで穴を開けエンビパイプを差し込みホースを取り付け、雨天時のオーバーフロー用とし
魚達が隠れれるように石や水草(セキショウ)などを配置して完成。
メダカや水生昆虫、ヤゴ、淡水貝などが生息している。
暖かくなるとメダカの稚魚がたくさん生まれてくるようだが、ヤゴやミズカマキリ、コオイムシ、
タイコウチなどの水生昆虫もいるので、稚魚の多くは捕食されているのか、メダカが増えすぎる
ことはない。
水が減ったとき水道水を補充するのと、増えすぎた水草を取り除くぐらいで、毎朝観察する
だけで基本的には放置しているが、水面下では最強のヤゴ、次はタイコウチ、コオイムシ、
ミズカマキリ、メダカの順で弱肉強食のドラマがくりひろげられているのだろう。
水生昆虫達はシッポの管を水面から出して呼吸しているが、氷がはったらどうしている
のだろうか?
水底の枯葉の下などで冬眠状態で春が来るのを待っているのだろう、呼吸をしなくて
大丈夫なのだろうか?
とりあえず氷を割って取り除いてやったが、まだまだ寒い日が続くのでがんばってほしい。

IMGP0661_convert_20090124213952.jpg

水面の氷がいろんな模様をつくっている、割って見たら3mm程の厚さだった。
写真の左右の白い物体はドブガイだが無事だろうか?
IMGP0663_convert_20090124214121.jpg
スポンサーサイト

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

SHOW THE WATER のぞみ川 増刷!

島原市新馬場町の松下ひふ科の敷地内に花壇だった所を湧水を利用しビオトープ(生物の生息
空間)が完成。 
名前は島原の明るい未来への希望(のぞみ)という想いからのぞみ川とつけられた。 
街なかの水辺再生の実践例として、計画から完成までの製作過程を市内の猪原金物店店主 
猪原信明氏が定点観測し詳細な解説を猪原金物店HPのコラムに掲載していたものと、放流した
生物の紹介文を加え冊子となった。 
松下ひふ科院長でありしまばら半島未来塾の塾頭 松下泰三氏が島原のめぐまれた湧水を
のぞみ川(長さ約9.3m、幅約1m)という形にし全国に発信するという熱い思いで完成した。
1年前3,000部作成し、今回5,000部増刷、家にも湧水があるんで作りたいとか、ビオトープに
関心がある方にはおおいに参考になる1冊(オールカラー、10ページ、無料)です。
松下ひふ科内と猪原金物店内に置いてあります。

松下泰三氏談
島原のために何ができるか。 いつも、こんなことを考えている。
島原といえば、やはり〝水〝だ。 
なんとか、この日本4大名水と言われている島原の水を世に発信できないか?
そのために、この1冊を作り世に問いかけた。


docu0005_convert_20080917230524.jpg

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

アクセスカウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

川おじさん

Author:川おじさん
川おじさんのブログへようこそ!
川、山、海、池、田んぼ等でいろんな生き物との出会いを楽しんでいます。
無断リンクOK

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。