スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アケビがそろそろ、グベはまだまだ

PA100160.jpg
アケビがそろそろ、熟れていないかと秘密の場所に行ってみた。
ウ~ン、例年より粒が小さくて数も少ないようだ。
ここ1箇所で多い時は100個程採った年もあるが、ざっと数えて50~60個になりそうだ。

PA100167.jpg
色づきや実の大きさから、収穫にはあと2週間ほどと思われるが、天候で左右されるから
毎週末観察に行くしかない。
ライバルの鳥さんや虫さんに食べられる前に収穫したいが、私は平日は仕事だから
週末しか観察に行けないので、不利なのだ。
アケビを楽しみにしている友人達が待っているから、少しは残して欲しい。

PA100168.jpg
本日の収穫はコレだけ。

PA100170.jpg
今年初味見、旨い。
来週、再来週の収穫が楽しみだ。
皆さんにお届けできるくらいに収穫できればいいのだが。

PA100162.jpg
アケビと同じ場所にある、グベ (正式名:ムベ)の熟れ具合はこんな感じでまだまだ。
ざっと数えて40個ほど生っているが、高くて採れないのもあり、収穫は20個ほどになりそう。

PA100164.jpg
月末ぐらいに収穫でき、喜んでもらえる方達に少しでも配れればいいのだが。
絵手紙を書かれる方の為に、蔓と葉っぱをつけたのも採りたいが中々難しい。



スポンサーサイト

桑の実、甘~い

IMG_8286.jpg
今年も待望の「甘~い」のが実ってないか訪れると、ちょっと早いが来週が食べ頃。

P5222308-crop.jpg
1週間が待ち遠しく、車を飛ばす。
途中で友人のマーサとボブが散歩しているのに遭遇。
「甘~い」のを食べに行くけど、一緒にどう?
「甘い」のって何?
「桑の実」
「桑の実」って・・・・?
英語で何と言うのか判らない? 蚕も? シルクはOK?
とりあえず、一人と一匹を車に拉致してGO。

P5212295-crop.jpg
これこれ、食べてみてー、黒いヤッを。
どう、甘い?
ウン、甘~い。
ヨシヨシ
ご主人とお母さんの分をお土産に。

マーサとは一般の会話は日本語で通じるのだが、特殊なことは単語が浮かばない。
山で外人さんと出会い道を尋ねられることがあるが、単語を発して説明するぐらいで、
おじさんだが英語を話せたらいいなあと思う。
マーサの英語教室に ・・・・ 、無理かなあー。

IMG_8281.jpg

P5222304.jpg
傘を逆さにして棒でたたき収穫です。

P5222318-crop.jpg
たくさん収穫できました。
自然の恵を喜んでくれる友人達に配達です。
友人の金物店にも届けて、多くのお客さんにも食べて頂きました。
「懐かしかー」とか、都会からの年配者達からは「初めてです、甘~い」と
喜んで頂き、嬉しいです。

さあ次の自然の恵は、アケビとグベ (正式名:ムベ)かな。
いっぱい収穫できたら、お届けしますね。



唐比蓮園

IMG_4501-crop.jpg
7月4日(土)、朝から小雨、出べその私はウズウズと落ち着かない。
そういえば、唐比の蓮が咲いてるよとFBで見たような、行き先決定。
雨だというのに多くの人が訪れている。

IMG_4455.jpg

IMG_4500_2015070622223415d.jpg
(クリックで拡大できます)
花もいいけど、本当は奥にあるゾーンの生物観察広場に興味津々なのだが、
天気のいい日に出直すことにする。

IMG_4457-crop.jpg

IMG_4458.jpg

IMG_4462-crop.jpg

IMG_4464.jpg

IMG_4472.jpg

IMG_4468.jpg

IMG_4487.jpg
赤い合羽を着た姉妹が「ピッチピッチ チャップチャップランランラン」と
雨を楽しんでいるみたい。

IMG_4473.jpg

IMG_4470.jpg
雨が溜まっては重さで葉っぱが揺れて「ジャー」と。
葉っぱ、ワックスが効きすぎ?

IMG_4475.jpg

IMG_4476.jpg

IMG_4479.jpg

IMG_4480_convert_20150706214156.jpg

IMG_4465.jpg

IMG_4490.jpg

IMG_4495.jpg
適当に写真撮って、花より団子とばかりに噂のレンコン料理の食堂「朝比」へ急いだが
駐車場は満車でダメ。
唐比レンコンは泥炭層で栽培され希少で、「まぼろしの唐比レンコン」と呼ばれている
そうだが、次の機会には是非食べてみたい「まぼろし」を。
7日よりハス園祭りが始まりました、皆さんハスとレンコンを楽しみにお出で下さい。



秋の色

IMG_9659.jpg
雲仙の紅葉が終った。
個人的に今期1番の紅葉はと聞かれたら、389号線を国見の百花台に下る途中の
紅葉と答えるでしょう。
真っ赤に染まった大木は素晴らしく綺麗でした。 (左後方の山は鳥甲山)

IMG_9615.jpg
池ノ原の妙見駐車場から妙見岳を望む。

IMG_9801.jpg

IMG_9793.jpg

IMG_9551-crop.jpg
黄色に色づいた葉が、冷たい風に負けず飛ばされないよう頑張っている。

IMG_0494_20141121205441786.jpg
ススキは白く、日を浴びてキラキラ。

IMG_0489-crop.jpg

IMG_0520_convert_20141121004136.jpg
歩道沿いの木柵には赤く紅葉した小さく可愛い葉っぱ。

IMG_0532.jpg

IMG_9537.jpg

IMG_0515.jpg

IMG_0527.jpg

IMG_9844.jpg
赤いハート形の葉っぱを見っけ。
幸せになれるでしょうか?

IMG_9639_20141121205819465.jpg

IMG_9538.jpg

IMG_9555.jpg

IMG_9557.jpg
もうとっくに時期はずれの「マムシグサ」の赤い実、発見です。

IMG_0477_convert_20141121004024.jpg

IMG_0505.jpg
マツボックリも天気がいいのでいっぱいに傘をひらいて、気持ちよさそう。

IMG_9868.jpg
栗の実もマッボックリも茶色。

IMG_9374-crop.jpg
秋の味覚のアケビは特上の紫。

IMG_9861.jpg
鳥さんに食べられずに残ったグベは赤紫。

IMG_9871-crop.jpg

IMG_9885.jpg
落葉し地味になった中に、赤い実が。

IMG_9832.jpg

IMG_9834_convert_20141121004435.jpg
派手なマメ?

IMG_9653.jpg
青い実。

IMG_9776_convert_20141121004338.jpg
青い花。

IMG_9843_convert_20141121004530.jpg
カラスウリの葉っぱはとっくに枯れ果ててるけど、オレンジ色の実は健在だ。

IMG_9773_convert_20141121004228.jpg
ワレモコウの花期はもう過ぎてるはずが、未だに池ノ原にいっぱい。

秋の色と言えば、代表する紅葉の赤や黄色、でも青や茶もお忘れなく。

雲仙の仁田峠の雲仙ロープウェイ周辺や国見岳、鬼人谷の紅葉を見学に多くの人が押し寄せ
仁田峠循環道路が渋滞が多発生、11月3日(日)には3時間もの大渋滞となった。
目を楽しませた紅葉も落葉し、標高の低い温泉街に紅葉が移り、13日には昨年より
1週間早く初霧氷がつき、冬は霧氷の白色に移っていく。



theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

アケビはいかが

IMG_9369_20141022000133869.jpg
実は先週末、もうアケビが熟れているのではと、裏山に向かった。

IMG_9365_convert_20141020225844_201410220001334b1.jpg
やっぱりだ、台風18、19号に気を取られて、アケビが熟するのを忘れていた。
大きく育ち、パックリと口を開けて・・・・・中身が無い・・・・遅かった。
昨年、100個ほど収穫したアケビが、何十個も空っぽ状態で、台風で落ちたのか
鳥さんに食べられたのか不明だ。
昨年、鳥さんに食べられる前に殆んど収穫して鳥さんの分は少ししか残さなかったので、
バチが当たったのかもしれない。

IMG_9366_201410220001339e8.jpg
でも大丈夫、まだ熟れていないアケビは無事でいっぱい残っている、来週末には
多分熟れているだろうから、出直しだ。

IMG_9571.jpg
1週間後、アケビが「今割れたんですよ食べ頃ですよ」と声をかけてくれているようだ。

IMG_9572_convert_20141020230238_201410220002187d6.jpg
ここにも大きいのが。

IMG_9574-crop_convert_20141020230332_20141022000357011.jpg
持参したタモ網を下にすけて、高枝ハサミで刈り取り網に落とし、ゲット。
毎回、タモ網を股にはさみ、左手で高枝ハサミを押さえ、右手でカメラを持ち撮影。
タモ網でうまく受けないで落下すると、潰れたり中身がバラバラになったりするので大変だ。

IMG_9575.jpg
60個ほど収穫できました。

IMG_9576_convert_20141020230423_201410220003565a8.jpg
飾りにもなるよう蔓をつけたものも。

IMG_9591.jpg
実がこのように種が透けて見えるぐらいが熟れていて甘いですね。
「どうんなふうに食べたらいいんですか?」とよく聞かれるんですが、
実をつまみ出して口に放り込めばいいんですよ、そして種をプップッと吐き出せばいいと。

IMG_9594.jpg
プップッと吐き出した種は、こんな風で小さくていっぱい詰まっています。

IMG_9356-crop.jpg
この場所は、アケビとグベ(標準名:ムベ)が生っていて、グベが数十個まだみどりだが
11月になれば熟れると思われる。

IMG_9352.jpg
グベはアケビと違って熟れても割れないので気は楽だが、難点はアケビより
高所に生っているので高枝鋏でも届かず木登りとか、大変なのだ。
来月、収穫です。

IMG_9589.jpg
収穫したアケビは、例年のように友人宅に届けることにする。
まず第一に、今年オープンした「山の上のカフェ Garden」に届ける。
芝桜公園の隣にできたカフェで、今は秋桜まつりで賑わっていますが
すぐ隣なので是非お立ち寄りください。

IMG_9579.jpg
テラス席のパラソルにアケビを飾りつける。
テラス席からは有明海、天気が良いと熊本までバッチリ望めるいいロケーションで
ゆっくり食事ができますよ。
さあ次の届け先はブティックと友人宅と、アケビを頼まれてたおコメ屋さんと、・・・と・・・と
最後は友人の金物屋さんに届けると、水汲みに来られてたおじさんと、長崎からの
4人のお客さんが「エッ、貰っていいんですか?」と、・・・・全て貰われて終了です、良かった。

IMG_9373.jpg
これ何だか判りますか?
アケビを収穫中にヒラヒラと飛んできた、きれいな蝶です。

IMG_9512.jpg
実は、これは蝶でなく蛾なんですよ。
蝶よりきれいな蛾と呼ばれている「サツマニシキ」です。
普通の蛾と違って昼行性で昼間にヒラヒラと飛び回ります。

IMG_9564-crop.jpg
蜘蛛の巣に捕まっているサツマニシキ発見です。

以前のサツマニシキの記事は、こちら 「またまた再会」

IMG_9657-crop.jpg
本日、またまた3週間連続で最後のアケビの収穫に来ましたら、来月収穫予定で
まだ緑のグベの中に熟れたグベ2個を発見し、今年初収穫です。
アケビとグベは、友人の所で貰っていただきました。
今期のアケビの収穫は終了で、来月からはグベの収穫です。




theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

雲仙紅葉情報 20141023

IMG_9622.jpg
今日は、平成26年10月23日(木)、雲仙仁田峠の紅葉情報です。
昨日の雨のお陰で今日は空気がスッキリで青空が綺麗、こんなのを秋晴れと言うんだろう。

IMG_9612.jpg
仁田峠の温度は9℃で、朝夕は冷え込んでいるのか先週から左程でなかったのに
紅葉が一気に色づきが進んでいてビックリ。

IMG_9614.jpg
雲仙ロープウェイ周辺が色づきが大分進んでいて、観光客の方も紅葉を間近に見ようと
ロープウェイは大盛況だ。

IMG_9632.jpg

IMG_9638.jpg

IMG_9649.jpg
仁田峠の駐車場には修学旅行や観光客が。

IMG_9639.jpg
頭上には、ヘリコプターが紅葉の画像を撮りに飛び交う。
夕方のニュースで紅葉情報が流れ、観光客が一気に増えるのでは。
紅葉の見頃は月末から11月初旬になると思われるが、例年のごとく渋滞が予想される。

IMG_9600.jpg
仁田峠のツツジ(ミヤマキリシマ)は陽気につられて狂い咲きが見られる。

先日の雨で、普賢岳新登山道の西の風穴付近で登山道が崩れていると
登山者から情報が入ってきたが、登山客が多くなる時期なので復旧を急いでほしい。

さあ、お山雲仙が紅く染まりますよ、みなさんでお出で下さい。



ヤマボウシの実

IMG_9107-crop.jpg
雲仙の池ノ原園地駐車場のヤマボウシに赤い実がいっぱい生っています。
ちょっと見えないですよね。

IMG_9109_20141002212647bf4.jpg
ちょっとズームアップ。

IMG_9106.jpg
もうちょっとズームアップ。

IMG_9116-crop_201410022126460c7.jpg
3時のおやつに。

IMG_9161.jpg
中身はこんな感じで甘いんですよ。
ヤマボウシの木によって甘みが違い、今までの経験で言えば、葉っぱが茂っている木で
キレイに赤くなっていてつまんでちょっとやわらかい実が甘みがあり美味しいです。
木々により実の大きさが違いますし甘さも違うので是非食べ比べてみたらいかがでしょう。
庭木として植えられているお宅もありますが、標高の低い所では実をつけないようで
そんな方は、雲仙にお出で下さい。
雨風で実が駐車場に散乱、自然のものは待ってくれません、お急ぎください。




theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

プープリッカズラに改名

IMGP6131-crop-crop.jpg
野山に行くと、このカズラが日当たりの良い木々に覆いかぶさっている。
このカズラの名前は、「ヘクソカズラ(屁糞カズラ)」だが、花や葉っぱを引っ張ったりして
千切ると、臭いからこの名前がついたそうだが、個人的には別に大した匂いではない。
屁や糞などと、こんなに可愛い花なのに可愛そうだ。

IMGP6141-crop.jpg
子供の頃、花を鼻にくっつけて「天狗だぞー」と遊んでいた。

IMGP6143-crop.jpg
ダメだ、ピントが合って、脂ぎってたるんだ肌が・・・・スッピンで恥ずかしい。

IMGP6152.jpg
別名は赤い中央部をお灸のあとに見立てたもので、「ヤイトバナ」と呼ばれている。

この際、名前の改名運動でもしてみたいが、その前に新しい名前を考えてみた。
全く別名にするのも混乱がおきるかもしれないので、いままでの名前を尊重して考えてみた。
まず「屁」と「糞」を変えないことにはイメージが悪い、そこでそれぞれの音を使って考えた。
まず「屁」は「プー」に、「糞」は「プリッ」にして「プープリッカズラ」ではどうだろう。
例えば濁点にしたら、「屁」は「ブー」に、「糞」は「ブリッ」にしたら「ブーブリッカズラ」となるが、
濁点にするといかにもリアルで可愛くない。
やっぱり、「プープリッカズラ」がいい、決定だ。

こんな名前がいいよというのがあれば、提案お願いします。



ホタルブクロがいっぱい

IMGP5720.jpg
雨がシトシトですが、合羽を着ていつものように雲仙のお山を散策です。
そこに「雨の日にご苦労さん・・・・・」と、白い花さんが歩道脇で声をかけてくれた。
そこには白いホタルブクロさん達がいっぱい並んで。

IMGP5719_convert_20140706202143.jpg
ホタルブクロと出会うのは今年初めてで、それもこんなに群生してるのを見るのも初めてだ。
釣鐘形で色は白と赤紫の2種類があるが、うつむいて咲いている風情は控えめで上品、好きな花だ。
まだこれから各地で咲いてみんなの目を楽しませてくれるはずだ、今日は出会えてありがとう。





theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

桑の実って美味しいよ

IMG_2043_2014062022533267c.jpg
時々立ち寄る公園に行ってみると「不審者、発見」。
晴天なのに傘を拡げている、それも逆さに持っている、おばさん2人だ。
「何されてるんですか?」と声をかけると、「これです」と傘の中を。
「エッ、これ何ですか?」
「桑の実です、黒いのを食べてみませんか?」と進められ、口にする。
「美味いです、甘いです」
傘を逆さに持って棒で実を落としていたんですね、不審者ではなかったです。

IMG_2045_20140620225331c47.jpg

IMG_2046_201406202253319bd.jpg
ブドウのように粒が集まった形で、黒っぽいのが熟したものだ。
ジャムを作るそうだが、野いちごよりも美味しいジャムができるそうだ。

IMG_2042_20140620225332ac3.jpg
この桑の木は実が熟するとハエが集まってくるので、観察に来てハエに負けないように
来る必要があるので大変だそうだが、もう1本別の場所の木は熟しても、ハエが集まらないそうだ。
昔から島原では養蚕業が盛んだったと聞くが、まだ木が残っているはずだ、探してみよう。
来年は、桑の実を一気食いしてみたいなあー。

そういえば、こんな歌が

  ♬ 夕焼け小焼けの赤とんぼ、負われて見たのは、いつの日か
    山の畑の 桑の実 を小籠に摘んだは、まぼろしか



アクセスカウンター
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

川おじさん

Author:川おじさん
川おじさんのブログへようこそ!
川、山、海、池、田んぼ等でいろんな生き物との出会いを楽しんでいます。
無断リンクOK

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。